2015-09-03(2015年 第51号) 
◯金子兜太書の特大ポスターを掲げてのデモ  高松市内 8/30 毎日から借覧
「アベ政治を許さない」は全国に拡がった。第九条のあの条文を、解釈のやりくりで逃げようとするにはムリがあろう。論理として破綻している。教育上よくない、とも思う。
元最高裁長官までが、違憲という法案。オール法曹―元最高裁判事ら―、オール学者の一斉行動とも言われるデモ。

論理的に反論できていないまま国会を数で通すとなると、あとがなんともおかしくなる。
たとえば、「もし成立しても継続的に反対を訴えるために」対策を講じた団体がある(9/3 道新)。

また、自民党にも公明党にも、反対する議員がいないという異常な状況が出来上がったのはどうしてだろう。資質が問われるなどというだけでは済まない珍妙さ。これもあとあと、悪い影響が出よう。(自民広島県議は市民の反対署名を提出したが)

BBC
では「日本の若者は政治に無関心で無気力だと批判されるが、彼らは目覚め、沈黙することを拒否しているようだ」と報じた(8/31 毎日)。その通りだろう。

間近に超インフレが控えている。このままだと悪夢のような時代に入る―いのちと暮らしを守らない政治(首相は、この「守らない」を「守る」と言い換えてケロリとしているような頭の持ち主)。

戦争に負けたとき、私は12歳、小学(国民学校)6年。弟を背負い、妹の手を引き、病弱の母を励ましながら空襲を逃げまどった夜もある。
戦後もつらかった。物資欠乏と超インフレ。飢えすれすれの極貧暮らし。電気もなく、夜はろうそくの灯で食事し、勉強もした中学時代。初めのころは教科書もない授業だった。

ヒトラーが、選挙で多数を占め、首相となり、議会で独裁権を奪った1933年に私は生まれた。そして、いまや戦争は終わらないものという時代・世界になった。落胆は大きい。それでもまだ生きていて、国際基準による戦争終結の次の日、82歳の誕生日を迎えるなんて…。

                                 おわり
            TOPへ戻る