2015-08-30(2015年第50号)
◯道南・生と死を考える会「いのちのエッセイコンテスト」審査  8/26
9月20日に開かれる「生と死を考える会全国協議会・全国大会」に向けた、若い人対象のエッセイコンテストがあり、優秀作品は大会当日市民会館で発表される予定となっている。
26日、審査委員が集まり応募作品を審査した。まだ発表の段階ではないから説明できないが、審査会のあと全員で一杯やった。つい飲み過ぎて記憶もうろう、よく帰宅できたものと自分で思うくらい。

翌27日昼、酔い覚ましに温泉に行き、風呂場で体操、帰る途中でラーメンを食べ、家で昼寝した。眠くて眠くて、新聞を広げながらうつらうつら。それだけで一日終わり。

◯出資金返金
8.9年前、「大沼で本を読もう会」を発足させた。仲間たちで出資し、プリンスホテルのコテージ利用権を得、格安で提供し、泊りがけで本を読む…。
3年弱でホテル側の都合で利用できなくなり、会を解散したが、利用者から1泊につき500〜600円の協賛金をいただき、それが貯まっていた。で、この度遅まきながら、1ダースばかりの出資者に出資金各1万円を返金することができた。

また、身辺整理中に千円札が4枚出てきた。なぜか分からない。これはポケットに入れた。

◯レンタカードライヴ  8/28
大沼の辺りをブラブラドライヴ。
まず、大沼郵便局で振替口座を全額払い出し、住所変更手続き。
たまたま郵便局にきていたレイクハウスの旧知のSIさんとSAさんと出会い立ち話。

「沼の家」に寄って羊羹を注文し(お土産をいただき)、公園広場の土産店で田村紀美子さんと立ち話。

それから田中はる枝さん宅に寄っておしゃべりし、「政田農園」で野菜を買い、金子兜太筆のポスター「アベ政治を許さない」を撮った。

ここのにんにくは旨い。唐辛子は超激辛。格安のトマト、かぼちゃ、じゃがいも、パプリカ、ズッキーニなどいろいろ買った。 
 湖畔に新規開店したレストラン「きゃびん」に寄って店主の余湖さんにあいさつした。
氏はペンションとレストランを経営していたが、その立派な建物をそっくり移築した。

阿部ちゃん、珍しい、懐かしい、と言ってくれた。
繁盛していた。    

鍋谷歯科医院の大史院長と会い、おしゃべり。彼はイベント・企画などの事業を展開していた。

 「ランバーハウス」のテラスで300gのステーキを食べた。真知子さんは200g。
















食べ応えがある。ビール3杯。店主夫妻は元気。私は若いと言われた。

Country Kitchen「バルト」で修君・公子さん夫妻ともおしゃべり。

そこで大沼を離れ、ひろめ荘温泉へ。途中、山川牧場でソフトクリームをなめ、鹿部の道場水産でたらこを買った。
しばらく海岸沿いに走った。海際の漁業の町。幾つかの小さい漁港。

温泉に入り、露天風呂で、濃い緑と秋のような白雲を仰いだ。ここの湯はいい。
マネージャーとおしゃべりし、三升漬けを買った。

川汲温泉を通り、湯の川温泉街も素通りし、駅前でレンタカーを返し、近くの丸善瀧澤で立ち飲み。バスで帰宅。

      +++++   +++++   +++++   +++++   +++++

◯読者のお便り
★金子兜太さんとのお写真、感銘いたします。阿部様にとっても思い出深いお写真と思います。お二人とも、なにか日銀マンであって、そうでもなさそうな、ワクから出てしまいそうで、アブナイお二人です(今のご活動を知る“後知恵”の感想かもしれません。しかし、そう見えます)。
「お前さん、そんなことを考えているのかい?」「だって、そう考えるのが自然で、当然ですよ。」…とかの会話風景。

生きたウニをお腹に乗せられたのは愉快。東京の本店から来た、新しい同僚歓迎! ですね。

デモ行進のお姿、思わず頭が下がりました。今後じりじりと特別秘密保護法の存在感が増しそうです。現憲法下でも、こんな法律がするりと生まれたのかと、慄然といたします。

(腹の出ているデモ写真を見て)あはは、パットを入れてるみたいです。本当は違うのにね。

★まさに文化財ですね。沢山の歴史と思い入れのある対象ですから、さぞ悩まれることでしょう。急がず、ゆっくり、思い入れと折り合いをつけなながらすることになるでしょうね。転機のときなのでしょうか。でも、ひとつひとつ向き合って作業することも楽しいことかもしれませんね。マイペースで進まれてください。

◯新聞遊び
★「最近、春画が再評価されています。AV顔負けの露骨な描写もありますが、お二人さん、よく頑張ってますねって言いたくなる、どこかユーモアを感じさせる絵が僕は好きですね」 下川耽史 「おおらかな性明治に変質」 8/29 朝日

★「一般に、ボノボは平和的でメス優位社会。チンパンジーは攻撃的でオス優位社会」「ボノボの誕生会では性別によらず…果物を仲良く分け合った。ところがチンパンジー…はオスを招くとテーブルをひっくり返して大暴れ。『自分が一番強いと誇示せずにいられない。もっと強いオスがくるとしゅんとするのに』。笑を誘ったのは、どこかで見たような光景だからだろうか」 8/28 発信箱 毎日

★「集団的自衛権でパシリするの?」 
私はパシリを知らなかった。使い走り=使いっパシリとは―。
「…強い国に守ってもらうために、日頃から下っ端になる約束をするってことでしょうか。大国のシッポについてでもけんかに勝ちたいのですか…」。8/26 声 朝日

★「『戦後70年』とは『建国70年』のこと」
「日本の『戦後』とは、単なる時期区分ではない。それは『建国』を指す言葉である」―小熊英二 8/27 コラム 朝日。(氏は小林秀雄賞受賞―8/29)

★「小説『憂国者たち』はまさに日本の今をつかまえている。…この国の危機を思い知るのに格好な時局認識に満ちた…小説に死刑宣告する小説だ」―片山杜秀 8/26 文壇時評 朝日

★「警察庁長官が岸に進言した。総理……『(1960年の安保反対の)このデモ隊は、機動隊や催涙ガスの力だけではなんともなりません。もはや残された道は、一つ。総理ご自身が国民の声を無視した姿勢を正すことしかありません。』岸は顔面蒼白になった―。朝日新聞の…記者が十数年後に警察庁長官から聞き出した」。8/28 「新聞と9条」 朝日

★「この国では、為政者を筆頭に物事の最終責任を取る者はいないのである」(戦争責任と福島第一原発の事故について)―高村薫 8/29 コラム「発言」 毎日

                                おわり
            TOPへ戻る