◯安保法案反対デモ  8/23 14.-〜 千代台公園前広場から五稜郭まで
金子兜太書のポスターを掲げて歩いたので、その宣伝を兼ねた私のデモでもあり!? 掲載することにした(3枚目と5枚目に私が写っています)。

     

     

     
女性主体の「レッドアクション in はこだて」というので赤いシャツを着て行った。
顔見知りが何人もいて、82爺の赤シャツに「若い」と言われた。腹は出ている。
前号に26才のときの裸の写真を載せたが、いまの感慨は、「よく生きた」。

     

     

◯講演を聞く 8/22 函館市民会館大会議室
「おんなと戦争と憲法」。お話は清末愛砂さん(室蘭工大准教授―1972年山口県生まれ)。

大出哲先生と縁が深い室蘭工大の先生ということもあって!?よろこんで出かけた。

アベ首相と同郷で恥ずかしい、と笑わせてから、過激な言説が飛び出た。

最近の講演はパワーポイント使用が当たり前になっている。私も使ってみたいような、いや、使わないほうがよく聞いてもらえるのではないかと、気もちは揺らいでいる(作成・使用できるかどうかも分からないが)。

     
  2015-08-24(2015年第49号)

アンケートの感想として私が書いた「よかったところ」は、@過激な話しだったこと―このくらい過激な言葉でないと…A自分の体験を交えて話したことB早口だったこと―テレビニュースなどはゆっくりすぎてかえって分かりにくい、の3項だった。
若いせいだろうポンポンと早口でしゃべるので気持ちがいい。久しぶりに聞く早口だった。 

彼女が携わった室蘭工大の声明のタイトルは「安全保障関連法案の即時廃案を強く求める室蘭工業大学教職員有志による声明」。
彼女は「強く」を入れることにしたと言っていた。3日間で42名の賛同者、いや、今日1人増えて43名とも言った。

法案の行方を考えた。
この一連の法案に対して、いまは「廃案」へ、という声が強まっている。そうであってほしい。
専門学者らが「反対意見」、というより「憲法違反」、と言っているのだから、無理に通すと、先々ずっとおかしなことになる。

仮に、憲法に違反している法律がまかり通るとなると、日本国がヘンな国になる。
「知」が通じないとなると「愚」の国になる。国全体が愚となると、世界が相手にしてくれない。
これでは、うち向きのお坊ちゃん総理がお友だちと遊んでいる幼稚園であって、国ではない。孤立国―いつか来た道。


全面意見広告が出た―朝日、毎日。8.30の大集会。あの安保闘争に似てきたか。

     +++++   +++++   +++++   +++++   +++++

◯読者のお便り
暑いです!北は涼しいそうで、うらやましいです!貴重な証拠写真。モノクロ写真は良いですねー。髪の毛も黒々&髭なし。ウニの感触?? 想像したくない気分です。

あはは、いいなぁ。昔は髪が黒々としていますね。顔は理屈っぽい顔ですね。随分と理論家だったのでしょうね。想像してしまいます。

★相変わらずのボリュームで読み応えがあります。感謝しております。
金子兜太先生、お元気で何よりです。
御地はもう秋の気配なのでしょうか。美しい自然の下、ますますのご活躍をお祈りしております。

★理由も分からず、いなくなった先生に宛てた小学生の綴り方=作文の朗読に涙。ほんとうにショックでしょうね。いろいろなことがあるものです。お元気でお過ごしください。        
                               おわり
              TOPへ戻る