函館  美原だより
15-08-21(2015年 第48号)  
◯金子兜太とのツーショット
身辺整理をしていたら古い写真が出てきた。その中に金子兜太と私のツーショットがあった。裏に1968.11とあるから、金子兜太49才、私が35才のときのもの。
氏の職場の机の横でなにやらしゃべっている。撮ったのは多分兜太の弟子で職場が同じだった俳人・守屋利(私の1年先輩で39歳で癌で亡くなった)だと思う。
     
      
       
兜太を紹介してくれたのも守屋利。彼は組合活動家であり、また、兜太主宰の俳句誌「海程」の同人であり、東京地区句会の世話役でもあった。

また兜太は、日銀を途中退職し画家として一本立ちした網干啓四郎を支援してくれた。画家のニックネームから「アボ啓会」と名づけ、全国の支店からも会員を募り、会費をいただいて応援した。
私は兜太に事務局長をお願いし(会長は発券局長小松康宏―指揮者小松一彦の父)、私は会費集金係。毎月いくばくかを彼に渡す役。写真はその打ち合わせを兼ねたおしゃべりらしい。その夜兜太と一杯やりに行ったかもしれない!?

◯ピアノ練習を聴く  8/19 函館市公民館
今夏2度目のレッスンに付き合った。今回は4時間。ベトのピアノソナタは19番と25番が加わった。バッハ・ショパン・シューベルトもあった。
この公民館は改修され、ピアノも整備・調整されたばかりなので、きれいで音もよくなったかもしれないが、弾くほうも音がきれいになったと思う。特にべートーヴエンに向かう姿勢が真っ当のように思える。繰り返し繰り返し、諦めることなく向かっていくのがいい。上手い下手より、弾き込むことでベトの曲が身についていくよう。音もよくなって。それにしても、ベトって全くもってスゴイ曲を作ったもの、とつくづく…。

前回同様新聞を読み、缶ビールを飲み、チーズなどをかじり、おにぎりを食べ、ひと休みしてから体操し、ホールの中を縦横に歩き回った。

例によって谷地頭温泉で露天風呂に浸り、風呂上りに酒保・古西商店でビールを飲み、常連さんとおしゃべりし、市電に乗り、五稜郭で降り、わたなべで焼き鳥を20数本食べた。
     +++++   +++++   +++++   +++++  +++++
◯読者のお便り
[ピアノ練習を聴く] を拝読し、こんなイメージが浮かんでしまいました。失礼な空想、お赦し下さい。
―広いホールに、友以外は、ただ一人…。友のピアノ・レッスンで奏でられるクラシックを聴きながら、身についた自然の習慣、新聞を読む。2紙には、いくつか興味ひかれる記事が…。
間奏曲のように流れ出た「月光」に誘われるように、独り広い床に足を踏み込み歩き行く。やがて別の曲に変わる。興におもむき、すこし、体を酷使してみる。
合間に頬ばるおにぎりは、格別に旨い。友は友で、豊穣の数時間を過ごしたのだ。

そう心から想像する。わたしも、同じだったから…。

少し前に人びとの口端にのぼりました〝林住期〟という言葉を思わず思い出しました。古代インド人にとって、人生の理想の時期と―。

朝日新聞「ひと」・佐竹直子さん記事のお伝え、ありがとうございました。まだ、新聞も開かず、うっかり読み落とすところでした。


いいなぁ。生のバックグラウンドミュージックを聴きながら、上記(㊟新聞読み・体操・ホール歩きなど)の行動がとれるのだから、羨ましい。

◯古い写真もう1枚
       
安保闘争直後、函館支店に転勤=飛ばされて最初の夏だから1960年、26才。職場の若手男女で函館山麓の穴澗海水浴場へ行って泳いだとき。
誰かが潜って採ってきたウニを新入りの私の腹に乗せ、初体験をからかっているところ。ウニは腹の上で動いた。たしか、支店内の写真展に出品されたと記憶。
                                 おわり
               TOPへ戻る