函館  美原だより
15-08-17(2015年 第47号 
◯講演会を聞く  8/15 14.-  函館市公民館
啄木ソムリエを名乗る山本玲子氏「啄木、仄かな恋―現実を見据えたかなしき恋」。

上京後の啄木と交流のあった女性たちは@菅原芳子―短歌の添削など、A小奴―釧路時代に付き合った芸者、B平山良子―女と偽って芸者の写真を送ってきた男、C橘智恵子―函館弥生小学校の同僚先生の4人。

よく知られているのは小奴と橘智恵子だろうが、この2人は「啄木日記」を読むだけで誰でも分かる付き合い。

ただ、タイトルの副題が「現実を見据えたかなしき恋」とあり、これが山本ソムリエのいい判断・アングルだと思った。

彼女の講演を聞くのはこれで3回目。1回目はドナルド・キーンの話のあとの対話相手を務めた。

啄木は、多感多才多忙な天才、「啄木日記」はとくにすばらしい文学的業績、というのが私の考え。キーンは「ローマ字日記」も評価するが、私はちょっとためらう個所がある。

講演を聞く前、定例の回転寿司ランチ会で、昔の勉強仲間の洋子さん、ピアノの真知子さんが加わり、奥寺、菅原さんと5人で飲み食い。私はジョッキ3杯を飲んだ酔いが出て、聞き始めはちょっと居眠り。

◯ピアノ練習を聴く  8/16 12.-〜  函館市公民館
ベートーヴェンのソナタを中心に真知子さんのピアノを聴いた。現在は18番と31番に挑戦中。全32曲のうち、もう半分近くに手を付け、一応は仕上がったものも多いので、合い間には「月光」なども弾いていた。

指馴らしと言ってバッハの平均律やパルティ−タを弾いてからベトに入り、ベトのあとはメンデルスゾーンの無言歌、シューベルトの即興曲、ショパンの協奏曲・即興曲など。
持参したおにぎりを食べた10分だけが休憩の、5時間に及ぶ練習。

私は聴きながら新聞2紙を読み、体操し、空のホールを縦横に歩き回った(後ろ歩きはむずかしかった)。

大きい窓から爽やかな風を入れて涼み、遥かに海を見下ろした。夏のいい日。

運動の意味で30分近くぶらぶら歩いてから、予約しておいた「コルツ」でイタリア料理のコースをとった。ジョッキ2杯と白ワイン4杯。

    +++++    +++++    +++++    +++++   +++++

◯読者のお便り
●講演会講師・佐竹直子氏のご著書『獄中メモは問う』を、アマゾンを通し入手できました。まだ小さな用事にて本文を読み始められませんが、「はじめに」を読み、「主な参考文献」(書名等を挙げただけでも93冊)、および「おわりに」に謝意を込めて挙げておられる80人近くの人びとと機関に目が引かれ、そして、そこでのご自身の言葉に触れました。
《「今こそ、この事件を掘り起こしてほしい」「あの時代に戻るな」…今まで体験したことのない大きなうねりに驚きながらの取材だった。》と。
今、佐竹氏は、埋められ、土足や石で踏み固められつつあったこの世の暗部の一つを、汗と使命感で、地上に出し示して下さったのだと思います。

(テレビを見ないと言って呆れられたことは)面白い。彼は「観ているのが当たり前」と思っていたのでしょう。
観るべき内容が無ければ観たくない。最近の川柳で「何見ても大感激をしてる無知」(水野タカシ)という秀句がありました。

●栃木市と湯西川温泉。いい同窓会旅行だったのでしょう。うらやましいほどの雰囲気が伝わってきました。ダムの鉄橋。単純に見えますが印象的な橋なのでしょうね。いろいろ拝見する身にも想像が膨らみ楽しいシーンでした。
大出先生の思い出。まさに貴重な歴史の一時期、ご一緒した時間が繰り返し繰り返しよみがえってくるでしょう。十分に思い出すには時間がかかるでしょうね。
                                おわり
            TOPへ戻る