函館  美原だより
15-08-08(2015年 第44号) 
  
酷暑お見舞い申し上げます

異常な暑さか続きました。体調管理に注意が必要です。どうぞお気をつけて…。

暑さについて函館から言うことはありません。
と言いながら口をはさむと、とくに8月7日は急に涼しくなり、冷風が入らないよう窓を閉めたほどです。半袖ではいられませんでした。5日6日と2日続いて30℃を超えたので夏は終わったのかもしれません。昨年30℃を超えたのはたしか3日間だったと記憶しています。

◯他人の空似  8/7
市電を降りようと席を立とうとしたとき、やはり降りるために私の前を通りかかった男が、ちょっと立ち止まって、じーっと私の顔を見た。私の顔に何かついているのかと心配になったほどの視線。失礼な、と言いたいようなじろじろ視線。

降りて直ぐ、横断歩道で彼と横に並ぶことになった。すると彼が声をかけてきた。宮崎さんですか、と。
私が答える前に、有名な映画監督の宮崎さんですか、と続いた。あとから考えればその瞬間、彼はそうではないと分かったのだろうが、口からはそう出た。宮崎駿のことだった。

びっくりし、違いますと言ったが、いわゆる他人の空似としても、私は氏の顔を思い出せなかったので、隣りにいたガ・フレにスマホで検索してもらったら、似ていないこともない、少しは似ているかと思える顔だった。…2人で大笑い。

たまたま喪服を着、黒ネクタイを締め、黒い靴だったので、普段よりややシャンとしていたかもしれないが、大監督には済まない気がした。そして、たまには自分の顔を見るものだと反省した。辺野古基金のことを考えた。また、その日の新聞には故菅原文太の夫人の記事が大きく出ていた。

◯新聞遊び

鶴見俊輔の死 7/20
惜しい。もう少し、でいいから! 生きていてもらいたかった。特にいまの事態をどう捉えていたろう…それが聞きたかった。

これで丸山眞男、加藤周一に次いで、3人の思想・評論家(知の巨人)が亡くなり、一つの時代が終わった。

私が意識的に漫画を読み始めたのは氏の影響だった。現代漫画全集を買い、はじめて知ったつげ義春にショックを受けたりした。小島功の"爽やかエロティック"画を面白がってもいた。

また私は「思想の科学」の愛読者でもあった。コラボというのか共同研究「転向」も読んだ。
もう一つの共同研究「集団」には、中野区の私の家の若者の集まり「第二土曜会」が取り上げられた。取材は「声なき声」の小林トミさんだった。

敗戦の詔書 8/1
新聞に全文が載っていたので(毎日)、照らし合わせながら、詔書朗読をパソコンで何回も聞いた。全文を読んだのも聞いたのも、じつははじめて。

70年前ねぇ、そうだったか―私の反応は簡単には言えない。大きい歴史事実として胸に刻んでおこう。

ついでにポツダム宣言を読んでみた。これもはじめて。へーぇ、そうだったのか。

記事の歯切れ
新聞記事の歯切れがよくなった。ときにはキツイ=厳しいと思うことがある。スカッとして気持ちがいい。いいぞッと言いたい記事に、きつい言葉だなァと思うときもある。

福島原発事故の強制起訴では、「あれだけの事故で、誰も責任を取らずに再稼働に進んでいると受け止められる(大手電力関係者)と…理解を示す声もある」(毎日)。
あっさりズバリと言えようか。尻尾が下がっているか。

団長弁護士のコメントは、朝日では「事故の真の原因は闇に葬られていた。市民の正義感による議決の意味は大きい」とあるが、毎日は「『事故がなぜ起きたのか。検察の不起訴で永久に闇に葬られるところを、何とか市民の正義感が防いだ』と強調した」とある。朝日特有の取り澄ましあっさりと、毎日のやや熱いズバリとの差といえようか。

「天声人語」の「7月の言葉」に金子兜太の「首相を哀れむ」があった。「美原だより」第42号(7/21)に引用した個所だった。
これは記事というより金子兜太の言の歯切れの良さだが。

思い切った言葉も溢れている。

「審議自体が違憲」の見出し。「…憲法学者の9割が違憲と言っている法案を審議する国会議員は全員、憲法に違反している」―丹羽元駐中国大使(8/5 道新)。

「この法案の作成には弁護士出身で政府与党の要職にある政治家が関与し、誤った形で砂川事件の最高裁判決を口にする人もいる。…政治の劣化を生み出しているのは、専門的知識の無視・軽視…」―弁護士・青木正芳(8/5 朝日)。抑制が利いているが。

各社社説の中から幾つかを…
「違憲立法という『やってはならないこと』をやろうとしているのでは…」
「憲法違反の法律をつくることは許されない―この大原則を…」
「明白な『違憲』法案への批判に耳を貸さない今の政権…」
「歯止めなき『違憲』法案」
「机上の空論」
「法案を撤回すべきだ」
「あまりにお寒い外交感覚」
「法制局長官の答弁は…『虚偽』と言われても仕方あるまい」

「安倍を倒せ」のプラカード、とくれば「岸を倒せ」と叫んだ昔の自分を思い起こす。「60年安保以来」との言い方も出ている「抗議の輪」。

社説でなく、コラムからの孫引きになるが、「…9条を骨抜きにする解釈変更は、平和憲法へのクーデター…」というのもいい言い方だと思った(ジュネーブ大学スイリ教授 8/2 朝日)。

テレビでは「老後破産」とか「下流老人」という言葉が放映されたとか。副題は「長寿という悪夢」とか。「老後危機」「老後崩壊」とも。その本の宣伝文句が私の目にも入る。

「知識を求めない世界」でも人は生きられるが、「知識が乏しいと感性も狭まっていきます」―蜂飼耳(荒川洋治著「文学の空気のあるところ」評 8/2 朝日)

   朝焼け 8/2 

◯猛暑のプールサイド小景
政界水泳大会日本代表になって、50メートルプールで泳いでいるのに、本人はいつまでも25メートルのお宅プールでお友だちと泳いでいる意識でいるらしい。
応援団も地方大会クラスだから、50メートルプールということを知らない。

しかし、そこは50メートルの日本プール。絶対少数のため痩せてはいるが、一応、競争相手の選手もいるし、応援団席(観客席)には1億人以上がいる。 

いま、相手選手たちへの応援が勢いづいてきたところ。フラミンシュとかノボリキョーサンなどが自分たちへの波を掴もうとしている。

もはや、政界水泳術育ちの彼のアクロバット式目くらまし泳法は効き目を失ない、自分で作っている波が跳ね返って、逆に障碍になってきた。
フクシマや沖縄の横波も大きくなってきた。しかも、彼のコースにはアンダーコントロール汚染水が混じっているようだ。

焦りが出てきたか、「絶対断言調」や「くるくる変調」や「へたなたとえ調」の水しぶきを上げている。見ようによっては、もがいているように見える。よくよく見ると、どうも裸らしい。

しかし、彼の耳には相手応援席の学者・学生その他の声も聞こえているが、監督でコーチのアメリカンメガホンの声のほうがはるかに大きく聞こえている。だから、彼は60日メートルとかいう変則方法を使ってでもゴールを狙っている。

それではいけないと、応援・観戦席の大多数が、プールに飛び込んで一緒に泳ごうと服を脱ぎ始めた…。

そこで目が覚めた。
                               おわり
            TOPへ戻る