函館  美原だより
15-07-06(2015年 第41号) 
  
◯「日本で最も美しい村」のことなど  6/30

「市原実さんと大沼で語ろう会」とタイトルして、湖畔の北海道国際セミナーハウスで、主として氏のお話を聞く会を開いた。8人参加。

「世界で最も美しい村連合会」の世界大会が、6/26~28日、美瑛町で開催され、市原講師は日本側の理事・事務局次長として参加し、そのあと大沼に立ち寄ってくれたのであった。

氏は以前何度も大沼を訪れ、「リブリ(本を読んでおしゃべりする会)」に参加してくれたりしていたので、旧知の人が何人もいた。

氏は「まちづくり」「地域おこし」の専門家で、全国各地のまちづくりに関与・支援し、長崎と山梨の大学では地域振興をゼミで取り上げた学者さん。
また、「丸の内朝飯会」―異業種勉強会の元祖と言われ、50年の歴史を持ち、毎週の例会は2400回を超える―の世話役・幹事長を長年務めた人。

お話は「日本で最も美しい村連合会」のことから始まった。
北海道内で加盟している町村は、美瑛町、赤井川村、標津町、鶴居村、京極町、黒松内町。全国では54町村。
景観や環境・文化を守りつつ地域の自立を目指す運動だが、まずは美しくあること、そして、きれいにする運動でもある。そして氏はこの連合の内容・歴史・エピソード・秘話などを具体的にいろいろ教えてくれた。まだ認知度は高いとは言えないが、徐々に浸透しているという。

講話の最中にキタキツネが窓から見える場所に、あいさつに現われた。

最近発表された刺激的な「消滅可能性…」には異論が多いが、名前を挙げられた自治体には函館を始め近隣市町村がずらりと並んでいる。これに対して連合は、打つ手はたくさんあり「美しい村」は決して消滅しないと、いろいろな方策を示している。

北海道は自然―森や林、バイオマス―や食にも力がある。それらを有効に生かしつつ、住民の力によって真の地方創生を図ることが期待される。私たちが何とかしなくちゃ…。

氏自身作成のレジュメに従って話はすすめられた。氏はほかにも沢山の資料を用意されたので大方は配布したが、私が配布を忘れた資料もあった。申し訳ない。

世話役は田中はる枝さんが務めてくれた。田中実穂さんがチラシを作ってくれた。
セミ―ハウスの館長も最後まで聞いてくれ、終わってからは、同時通訳設備のある国際会議場を紹介し、お見送りまで。

なお、「第13回全国まちづくり交流会 in 蘭越」が、8月28日から30日に開催される。

      


      
       朝焼け     2015-7-3     部屋の窓から 横着写真

                                         おわり
                   TOPへ戻る