函館  美原だより
15-06-20(2015年 第39号) 
   
◯初めての居酒屋「ふくろう」で飲む   6/17

まえおき

前日、氷室さんとはる枝さんが来宅。Hこと氷室さんは、はる枝さんらのTeteの会の仕事などで、しばらく田中家に滞在したあと私のところへ来てくれた。はる枝さんの娘実穂さんも東京から来て滞在中だから田中家はにぎやかだったよう。

横 道
1、6/30日、「丸の内朝飯会」の元世話役市原さんが、蘭越、黒松内等を経て函館に来るので、大沼公園のセミナーハウスで、街づくりについて、お話しをしてもらうことにした。田中実穂さんがそのチラシを作ったので、はる枝さんがもって来てくれた。
2、Hさんはピアニスト大井和郎さん―リストの難曲を弾くので有名。新幹線新駅のある大野町在住―と旧知。彼はまた料理作りに凝っていて、かつ当然、グルメなので、函館の旨いところを知っている。で、パソコンで彼のブログを見、その中から大門(松風町)の「ふくろう」を選び、Hさんと出かけたというわけ。

本 論!

まだ6時前だし、明かりが漏れていないし、休みか開店前かと思ったが、ドアを開けたら元気な声がした。外はまだ明るいのだった。
カウンターでもいいと言ったが、畳の部屋に椅子席を作ったから、そこでゆっくりしたらといわれ、そこだけ椅子の2人席にした。

まず飲み物を、と言われジョッキにしたが、Hさんは小でいいと言う。と、店の娘さんが、わずかな違いだから同じものにし、残ったら私に回したほうが…。なるほど、と2杯注文。
それから大いに飲み食い。つぶ刺身―良心的でウロも全部あった―、白身の刺身はひらめ。生ほや、鮭のハラス、枝豆、ポテトフライ。日本酒は「田酒」―2杯飲んだ―。

後ろを向いて声をかけると、明るい大きな声が返ってくる。てきぱきしている。感じがいい。客が増えてきた。そちらのほうにも明るい声。ときに笑い声。

すっかり気に入ってしまった。リーズナブルな値段もうれしい。
で、30日は上記市原さんと、この21日には大阪から来る「梅田朝飯会」の吉田幹事と飲むつもりになっている。前回は吉田さん推薦の「常寿司」だったが、日曜が定休日なのでラッキーの感じも。

◯サイクリング 6/1から
最近はいわゆるサイクリングではなく、自転車で用足しに出かけることがほとんど。

北美原温泉へは朝風呂も午後のときもある(6/2、5、6、10、18)。

図書館に行くときはついでに五稜郭の外堀1.8キロを周回することにしている(6/5、6、19)。
自転車で簡単に図書館へ行けることを、しみじみありがたいことと思う―夏場だけというのが残念だが―。
クリニックへ行くとき(6/19)は、ついでに図書館に寄ることにしている。また、図書館へは当然ながら返本に行かなければならないから、行く回数は多くなるが、それは全然苦にならない。だいたいまた借りることになるから、本読み人間にとっては、それも刺激・動機のうち。クラシックのCDを借りることもある。

食料品など買い物は生協とイトーヨーカドーがほとんどで(6/1、2、16、18)、どちらも数分の近さだが、荷物篭があるから便利。ただ、買い過ぎて3階まで運び上げる力仕事! をうっかりすることがある。とみに力がなくなっているから、ビールなど重いものは配達が半額サービスの日を狙う。

蔦屋書店(6/8、12、19))は北美原温泉の延長線上にあるから少し遠いが、大したことはない。帰途迷子になった話は報告済み。

笹流ダム公園のサイクリングは往きの上り坂がきつくなったので、もうおっくう。
枝豆の時期になればその途中を曲がった道端の直売所へ行く朝が来る。

まだ何とか乗り回していると言ってよいだろうか。

◯7月の旅  7/12、14
小さい旅だが、高校同窓会の今年の旅行は、母校がある栃木市と湯西川温泉になった。
栃木市は観光用循環バス「ふれあいバス 栃木の小さな旅」を運行しており、いろいろなコースがある。そのうちの1つに乗って往時を懐かしもうというわけ。市内に住んでいる後輩が案内役。
なにしろ思春期の学生として同じ学校に6年間もいたから、いまもお互い心身ともに丸見えの付き合い。それは貴重な時間になっている。

市内巡りだけで戻るメンバーもいるが、有志数人はそれから鬼怒川の湯西川温泉へ行き一泊する。相当な老齢者揃いだが元気爺がいるもので…。

私はその前々日に佐々木博康さんの「マイム公演」を見ることにしている。江戸東京博物館ホールなので11日に上京。マイムは久方ぶりなので、大いに楽しみにしている。

湯西川温泉からまた東京に戻り、休養してから函館に戻るつもり。
真夏の現代東京を知らないから、体調が心配。言っても詮方ないことだが。

26日は大出先生を偲ぶ会だから、札幌へ行く。

◯来年の話  2016/2/18、2/25
例年通りの2月上京と「丸の内朝飯会」でのスピーチは、ようやくタイトルが決まった。第23回は「物語風に読む旧約聖書」。Hさんも賛成してくれたのでヨーシッ。
翌週の大阪・梅田朝飯会2回目のスピーチも、タイトルは同じにするつもり。

聖書自体も、いただきものが小型で読みにくくなったので、やや大きい版にした。ま、中型だが、2000ページ強で約1キロの重さ。通読さえできるかどうか。いま関連本も少し読んでいるところ。

     +++++     +++++     +++++    +++++

緑が濃くなった。目には青葉…とつい言いたくなるもの。
まだ上空に寒気云々だが、もう初夏と言っていいだろう。
万年青11鉢は、外に置くことにした。気のせいか、生気がみなぎっている。
布団やケット類を物干し竿・手すりに干す。シャキッとし、柔らかくなる。
定検で貧血気味と言われた。関係する数値がみな上がっているという。どこかで血が洩れているのではないかと。次回は検便も。

                                 おわり
              Topへ戻る