函館  美原だより
15-06-07(2015年 第37号) 
   
◯落語 金原亭駒与志の「井戸の茶碗」「景清」  6/5  函館元町ホテル
3回目のチャリティ・イベントというか、義援金寄席というか、500円の木戸銭全額を、今回は気仙地区=岩手県大船渡市・陸前高田市に提供する独演会。
ホテル2階のレストランを会場に、定員30名の小さい催し。満員。私は2回目。

上手い噺家である。頭もよく勉強もしているし、人柄もいいと分かる人。気持ちよく聞くことができた。

「井戸の茶碗」は、正直なくず屋が貧しい浪人から僅か200文で引き取った(買わされた)仏像が、細川家家臣の若い武士に300文で売れ(買いとられ)る。若い武士が仏像を磨いていると中から50両という小判が出てきた。さぁどうする、という噺。

家臣は、仏像は買ったが小判は買わねぇから返すと言い、浪人は売ったんだから小判はおれのものではねぇ、と突っ返す。やりとりがあり、長屋の家主が仲介に入り、分配のことで家臣の使い古した茶碗も出てくる。その美談が細川の殿様の耳に入り、お目通りを許されたので、茶碗を磨いて殿に差し出す。脇にいた目利きが見ると名品。300両で買い取られる。
            
そこでまたもめるが、浪人はこのことで独り身の家臣の善人ぶりが分かったので、わが娘を嫁にしてくれるなら支度金として150両を受け取ろうといい、家臣もあの浪人の娘ならよかろうとなる。         
くず屋が家臣に、あの娘は磨けば見違えるようになりますよというと、「いや、磨くのはよそう、また小判が出るといけねぇ」。       後ろの窓の照明が邪魔ですが↑

人情ものの「景清」は前半だけ演じたので省略。ゲストは海老レレのウクレレ漫談。

帰途、ちょうど市内電車が来たので、少しばかり走って飛び乗った。息が切れた。
焼鳥「わたなべ」に寄ってビール2、酒1、串焼き15本。

朝からよく動いた一日だった。
まず、北美原温泉の朝風呂へ。戻って洗濯。ベランダで万年青の株分け3鉢。新聞を読んでから図書館へ返本に。途中、郵便局で「アスクル」に送金。
閲覧ソファで雑誌「俳句」の金子兜太の座談会を、「俳句界」の佐高信と田中康夫の対談を読む。

外堀を少しサイクリングし、道立美術館で「鴎亭・卓義 父と子のうた」展を見る。好きな金子鴎亭の書は常設展でも見られるが、今回は65歳以上無料!

       

  

腹が減ったので、金曜(フライデー)割引の「とんき」でロ−スのとんかつ定食、ビール2。
イトーヨーカドーで食料品を10品ばかり買い、帰宅し、ひと休み。そして夕方、バスと市電乗り継ぎで寄席の会場へという一日。

◯講演とトーク  6/6 10時〜   YWCA 
「平和と憲法をめぐるトークシリーズ」の第13回で、テーマは「戦時下の教育から戦後70年のいまを考える! 国民学校の子どもたち―昭和20年度青柳国民学校日誌を題材に」

豊富な資料をスクリーンに映し出して当時を思い出させてくれた。全国どこも画一されていたような光景。
そのあと、80歳以上の元気な男女体験者の発言が続いた。それぞれ異なる体験であっても重みがよく通じた。

私も2年生から国民学校生に、そして学童集団疎開、縁故疎開と戦後疎開―疎開崩れとも言われた―の経験があり、沢山のことを思い出した。
記憶を箇条書きしたペーパーだけでも相当のボリュームになった。いずれ、エンディングノートの一筆書き風人生の中の「私の太平洋戦争」としてまとめたいと思っているが、どうなるか…。

フリートークのあと、沖縄の米軍新基地建設反対の沖縄県民大会に参加した道新記者の話を聞いた。その35.000人の熱気と、氏がインタビューした琉球新報論説副委員長の話しが、私には衝撃的でさえあった。沖縄は動いている。機会をつくり紹介したい…のだが。

五稜郭の外堀を少しサイクリングし、図書館に寄り本を3冊ばかり借りた。昼食は図書館近くの回転寿司。前日の疲れが出たか食欲がなく、寿司は8貫だけ。ビール1。
                                 おわり
              Topへ戻る