函館  美原だより
 15-06-04(2015年 第36号) 
   
◯「あそぶ神仏―江戸の宗教美術とアニミズム」辻惟雄著 ちくま学芸文庫
文庫になったので買って、さーっと読んだ。

大上段にアニミズムとは何かとなると勉強が大変。宗教(学)はもちろん、歴史・哲学・文学などがからみ、世界的なアプローチが必要な大型テーマになろう。だが、日本美術に流れるアニミズム、と絞られたので、とっつきやすいかと、易きについたが、おもしろかった。

縄文土器の蛇、埴輪の動物たち、仏像では法隆寺の救世観音と神護寺薬師如来立像のどちらにもある「異様さ」から入るが、平安は素通りし、あっさり近世へと導かれる。「つくも神」は知らなかったが、器物の妖怪だった。それらもアニミスティックな心を映し出す鏡だという。

進んで、奇想で有名な画家たち。伊藤若冲、北斎など。なお進んで円空、木喰、白隠、仙崖など。多くの絵図を見ながら惹きこまれていった。最後は知らなかった源道のこと。

「棟方志功は、熱心な仏教信者だったが、それ以上に根っからのアニミストであった」。また「北斎は熱烈な日蓮宗の信者であった。歩きながら法華経の呪文を唱えてい」て「知人に会ってもまったく目に入らないよう」だったという。あの奇想は「生物であれ、非生物であれ、自然界のすべてのものに魂がやどるという北斎の自然観―西洋の概念でいう『アニミズム』に相当する」とした。

著者はつとに「奇想の系譜」を著わして注目された。その後も幅広く研究し、日本美術の特色として「かざり」「あそび」を挙げ、ここに3番目として「アニミズム」を新たに加えた。氏はこれで日本美術の特色は出揃ったという。p17 おもしろい。

ヨーロッパ史観の中には、アニミズム(原始宗教)→多神教→一神教という宗教の発展段階説がまだ残っているらしいが、著者は日本のアニミズムは縄文以来一万年以上にわたる文化伝統としていまも生きていると見る。

アニミズムは、たしかにおもしろく、そして深そう。
私は―怒る人がいるかも知れないが―旧約聖書という奇態な―奇想ではなかろう―本を読んでみたいと思っている。

新聞遊び  6/1〜6/3
◯見たくない聞きたくないに読み…もかな 

顔も声も…そういう人がけっこういる。そして私は読むほうも。
ここ数日の新聞紙上の言葉が激しい。

「国会をないがしろにする姿は二度と見たくない」「数の力を頼んだおごりも極まれりというほかない」―朝日社説。

「『早く質問しろよ』とは、何と人を見くだした態度であることか。…歴史的な国会論戦で…不遜が情けない」―天声人語。

「他国への攻撃でも武力行使を可能とする法案なのに『専守防衛は不変だ』という。自衛隊の活動範囲は格段に広がるのにリスクは『これまでと変わらない』…『積極的平和主義』も疑問だ。武器を片手にした考えが平和主義に値するのだろうか」―卓上四季。

「…それでも専守防衛に変わりないというのは詭弁ではないのか」「…認めようとせず…耳を傾けない姿勢…直接答えなかったり、答弁書を延々と読み続けたり、野党議員を挑発するなど不誠実な態度も…」―東京社説

乱立する『事態』は「…危険度が高い順に『武力攻撃発生事態』『武力攻撃切迫事態』『武力攻撃予測事態』『存立危機事態』『重要影響事態』『国際平和共同対処事態』」

「同じ『明白な危険』があるのに、一方は武力行使ができ、もう一方はできない。二つの事態の…何が違うのか。…違いを明確に説明できなかった。…違いもあいまいだ。…整理されていない。…答弁を変えた」―毎日社説

                  北斎漫画から

「『存立危機事態』という言葉は落ち着かない。…アメリカにへつらい、既得権にしがみつく国として存立したいのではない。…諸外国と平和的に共存したいのである。石油の輸入停止も集団的自衛権の行使の理由になり得るというのだ」「なにやら得体の知れぬ言葉がもう一つある。『重要影響事態』である。『放置すれば日本の平和と安全に重要な影響を与える』事態という。はてさて」―毎日「風知草」

「積極と要らぬ冠つけないで今ある平和このままで良し」―朝日歌壇
「叩かれてなほ九条は雲の峰」。選評「いくら叩かれても九条はすっくと立つ」金子兜太―朝日俳壇

「答弁の軽さに思う国の末」「安倍さんも齢六十耳順なれ」―朝日川柳。            
▼批判的記事は多く、とても紹介しきれない。読んだ方もいるからほどほどにしたいのだが、この法案はちょっとひどいのでもう少し…

「…見識を欠いている。…憲法解釈を一内閣の判断で変えたり…自ら定義を変えてしまっていることに気付かないのだろう。…強弁するご都合主義に唖然とする」―東京社説

▼ヤジに対する謝罪で始まった特別委もあった。謝罪は多くの大会社のほかにも…新しいところでは年金機構も。

「そのうちに謝罪力とか言いそうで」  ―万能川柳
「大メディアお詫びの謝罪長すぎる」  ―万能川柳
「謝罪会見 お久しぶりです―年金機構」―かたえくぼ
                                おわり
              TOPへ戻る