函館  美原だより
15-05-22(2015年 第33号) 
  
◯中村孝史の俳句(続)  5/20
3日連続の新聞登場にびっくり、そして大喜び。大したものだ(前号参照)。
5月20日の句は
「新緑は顳顬(こめかみ)で知るここ東北」(「季語刻々」毎日)

コラムの全文を紹介しよう。
「新緑の色や匂いや光がこめかみにびんびんと響くのであろうか、つまり、東北の
新緑はさように濃いというのだ。作者は1936年生まれ、仙台市に住む。『父の日や粒あんぱんと青空と』『老人は姿勢を正す冷房車』なども句集「開顔」にある妙におかしい俳句。あんパンや甘納豆が好きらしいこの作者に私は同志愛(?)を覚えている。」

選者坪内稔典がまた、なかなかにおかしい俳句を作る人である。

と、ここまで書いて21日のコラムを見たら、なんと、また中村孝史の昨日の句の引用から始まっていた。4日連続とは珍しい、多分初めてだろう。拍手。

◯遺言書
こんなことまで書かなくてもいいのだが、遺言書作成中である。つられて、死亡通知や死後の諸手続き、処理・処置なども書き留めておくことにした。いろいろあって簡単ではない。いまのところぴんぴんしているから余計面倒くさい。といって、何もしないでおくわけにもいかない。独居の厳しい1面。
齢が齢だから「気」の張っているときに用意しておくほうがいいのだが、「気」が萎えてからのほうが本音が出るのかもしれない。そこら辺が未解明?!

パソコンの中に保存されている遺言練習帖はもう2年も前のもの。それらの加筆、訂正も面倒くさい。時間とのたたかいか。やれやれ。

◯新聞遊びについて
「新聞遊び」は私にとっては「新聞学び」でもある。それも大きな―。 
広告からお悔やみ欄まで、すべてが学びのネタである。

たとえば、女好きだから、女のいい写真(いい女の、ではない)は切り抜く。連載小説の挿絵などを台紙に貼りつけて眺めたりも。

素通りするページも多い。株式欄とスポーツ欄は、合わせて最低でも4㌻はあろう。素通りに近い全面広告も3㌻はあろう。それらは、読まないのに、と購読料との割合を考えて舌打ち。

もっとも、相撲などチラリと見るぐらいはするし、先日は幕内力士の国籍を数えたほど。ちなみに、外国籍は42人中17人だから40%。ジョージアはグルジアのことだった。こういう国際化はおもしろい。しかし、しこ名は私には馴染めない。子どもの名前もそうだが。時代の変わりを思うばかり。

プロ野球のDeNAは何のことか、読み方も知らず、調べるつもりもない。セ・パの区別はつくが選手の所属は知らない。外国籍選手の数も割合も知らない。
中学生の頃は巨人ファンで、川上の打率に一喜一憂していたから、普通の老人になっただけの話だろう。

切り抜く場合、鉄則としているのは、読んでから切り抜くこと。あとで読もう―はだめ(前にも書いたが)。特集のような長いモノはそのため時間がかかるが、それが学びだから仕方がない。

切り抜きの整理・利用方法、保存価値・効果、パソコンで読む他紙その他については長くなるので別の機会に…。

◯「家族という病」―目下のベストセラー本
ひと言でくくれば、内容は「私と私の家族・親族の自慢話、と世間話」となろうか。羊頭狗肉、看板に偽りあり、とは言わないが、「家族という病」を書いているわけではない。縮めていえば「家族病」になるだろうが、そういう病の本ではない。この悪しきタイトルが著者の発案かどうかは知らない。どうでもいい。

読み進むにつれて嫌味が増し、読むに堪えなくなり、しかし、これでも私は本好きだから投げ出したくない、という我慢で、一時中断したが、なんとか第3章までは通読した(第4章は未読―もういいや)。

よくないことが書かれているわけではない。いろいろな家族が紹介され、常識的なコメントがふりかけみたいにかかっている。そこまではいい。要するに、個の確立がないといっているのだから。しかし、そこから次第に自慢話に舞い上がっていくので敵わないのだ…。後味が悪い。読まないほうが時間の節約になる。

私にとっては、太宰治の「家庭の幸福は諸悪の本」の1行のほうが刺激的で哲学的!だ(「ヴィヨンの妻」)。
 
一時的に売れる活字本には消耗品が多い。これもその1つ。大人の目で見るお祭りの綿あめ。

                            おわり
               TOPへ戻る