函館  美原だより
15-05-19(2015年 第32号) 
 
◯田中実穂さんと芙実ちゃん
前号に田中はる枝さんの写真を載せたので、その娘実穂さんとそのまた娘芙実ちゃんの写真とで、はる枝さん3代の写真連載となった。

実穂さんは東京在住で、「丸の内朝飯会」(以下丸朝と略す)の早朝例会に、幼い芙実ちゃんと共に出席している。
成長ぶりは驚異的で―当たり前だが言いたくなる―写真のように、丸朝の会場で元気に食べ(散らかし)ている。(私は芙実ちゃんにも、年1回だが、2年連続で会っている)
            撮影:市原 実

参加のきっかけは、いま丸朝でいろいろ活躍している氷室壽美さんが、はる枝さんと仲のいい友だちで、その縁で実穂さんとも知り合い、付き合いを深め、そして丸朝に参加するよう勧めたのが始まり。

丸朝では芙実ちゃんも会員扱いにしている!?

実穂さんの詳しいことはいずれ紹介したいが、今回は市原実さんが送ってくれた写真の紹介に留める。
 
◯中村孝史の俳句
こちらは2日連続で毎日のコラム「季語刻々」に登場した。
18日は「夏座敷一人戻れば甘納豆」。短評の中にもう一句「いつもの日なれど喜寿なり緑沁む」も加えられていた。
19日は「板戸開け裏の夏山引き入れる」(いずれも句集「開顔」所収)。

3句ともとてもいいと思う。さすがの選句(坪内稔典)だ。

19日は、しかも―しかし、かもしれないか―芭蕉の句の鑑賞がてら引用されていたもの。孝史句が芭蕉句と並べて選ばれた…。

その芭蕉句とは「山も庭に動き入るるや夏座敷」。「…夏座敷にひかれて山も動いて庭に入ってきた」との評。

夏座敷には、鷹羽狩行の「坐せば前山の遠のく夏座敷」(ネット検索)があり、こちらは引き入れたり、庭に入ってくるのとは逆の発想か。

中村孝史は「海程」所属(金子兜太に師事)で日銀OB、仙台在住。宮城県いや東北俳句界の重鎮。私は30代からお付き合いしている。

◯読者のお便り
▽「古建築利用のカフェ巡り」。さぞ沢山の興味ある行事だったのでしよう。企画の良さと文化財の豊富さが何よりの利点なのでしょう。うらやましい限りです。相変わらず充実の生活振り、なによりです。
山肌の若い緑が日に日に膨らむように増え…なるほどなあと思います。


▽「…『退り』(小生も咄嗟には読めません)をふくめ、この国固有の「和語」に漢字を意味から当てはめたものは、たとえば、彷徨う=さまようなど、ずいぶん難しいです。

「ケセン語」という用語があり、「ケセン語訳聖書」があることを初めて知りました。ケセン(気仙)語をネットでちょっと調べてみますと、岩手から宮城の沿岸地帯の方言(ズーズー弁)をいう言葉だったのですね。その20数例挙げられている用例で見ますと、岩手の内陸・花巻(小生出身地)と余り変わらず、5分の4は通じます。
5/19付日経新聞の連載小説に、たまたま<東北地方には大弾圧で知られる岩手県の大籠の隠れキリシタンなど、昔からのキリスト教信者がけっこういる>とありました。「ケセン語訳聖書」は、小生スラスラ読めるかも知れません(笑い)。

▽ヨハネ福音書の「はじめに言葉ありき」は、山浦氏のケセン語訳「はじめに神の思いがあった」のほうが私は好きです。神のこと、なにもわからないけれど「言葉 」より「思い」があるというほうが。そのほうがしっくり。その神?はまだ人間に絶望していないのでしょうか。

「家族という病」にも書かれている問題、今日の新聞にたまたま載っていました。「…ベトナム社会で広がる出生時の性別比率の不均衡」「儒教の影響から家系の存続に重きが置かれ、男児が重視される社会・文化的背景がある」と。今、日本はそれほどでもなく、出生率も下がって意識も変わってきましたが、まだ「家系が絶える」なんて言うひとも結構いますから。「家」の問題、「血」の問題、日本のことだけではないようです。宗教も関わっていて。


橋下氏は、登場したときは政治に新風を、みたいな空気が起こりましたが、あれでは長続きしないでしょう。独走型、独善的で…次はどんなことをするのだろう。


                              おわり
            TOPへ戻る