函館  美原だより
15-05-18(2015年 第31号) 
   
◯田中はる枝さんのインタビュー記事 
             「メディカルはこだて」2015/4 第54号から 
     
内容は上の見出しのとおり――見出しとキャプションでほとんどを言い尽している。
はる枝さんは「リブリ」(読書会)世話役のほか、ご存知の通り多方面の活動家で、大沼時代から散々お世話になり、いまも夫妻ともどもお付き合いしている。

その仲間たち手縫いのふんどしを私も締めている。金子兜太はもっぱら越中のようだが、私は越中もあり、もっこもある。

◯新聞遊び

朝日読書欄に「家族という病」の書評が出ていて、本書は「…本当に家族って素晴らしいの?ということを…問う本。内容はかなり過激だ。家族のことしか話題のない人はつまらないという。…」とある。

同じ日の毎日のコラム「私の幸せ」で、大泉洋が最初に出した言葉は「やっぱり家族といる時は幸せですよねぇ。子どもと妻と3人で手をつないで出かける時なんかの幸せ感ったらないですね」だった。

この2つはすれ違いであって、意見のちがいではないが、何となくおかしかった。

書評の末尾で評者が「後段、友情などから始まる血縁にとらわれない新しい家族像についても描いている。…これからは無縁からでもスタートする新しい小規模共同体の時代がやってくるのかもしれない。」と結んだところからが私の知りたいところなのだが…。 5/17 (毎日のこの「日曜くらぶ」は、私にはつまらないページ)

「『帰るね』に『オレも帰る』といふ夫をなだめて終ふる昼食介助」
という夫婦もあり、また、
「産むことが惜しくもなってきたと言う胎児愛で()は臨月に入る」
という母子もある。(永田和宏選 朝日歌壇 5/11)
「家族」はいろいろ。

ヘンな論文
「公園の土手に座る恋人704人を観察した論文『傾斜面に着座するカップルに求められる他者との距離』…」。これを読んで、思わず吹き出した。5/17 朝日
むかし、皇居前辺りの土手にアベックが、正確に等距離間隔で腰を下ろしていた夜の光景を思い出した。見学に行ったのであった。

読めない俳句・短歌
俳句「退りつつ使ふ塵取遅桜」の「退り」の読み方が思い出せない。あれやこれや考え、ようやく、しかし、自信なく思い出し、念のため辞書を引いた。(小川軽舟選 毎日俳壇 5/4)

短歌「『々々』はいったい何と読むのかで大事な講座10分経過」は、辞書の引き方さえ分からないのでまだ読めないまま。むかしは、たしか読めたのに…。(加藤治郎選 毎日歌壇 5/11)
どちらも脳細胞減少の猛スピードのあらわれ。

野鳥の浮かれ歌
「囀は地区宣言歌・恋愛歌・浮かれ歌の3つに分類できるという。…浮かれ歌は季節に関係なく、鳥が上機嫌の時に歌うものだそうだ。自身のために楽しんで歌う、そんな自由が鳥にあることが新鮮に感じる」津川絵理子「生きものたちの四季」毎日 5/4
私の団地中庭の囀はどれだろう、耳を澄ませて聞き取りたい。

将棋名人戦第2局の観戦記中に「対局室で聞こえたのは主に野鳥の声。…地元の人は『求愛行動ですね』。打ち上げでそれを聞いた羽生は『デートスポットだったんですか!』と笑っていた。ただし、『鳥の声は全く耳に入りませんでした』とも」。5/18 朝日

話はそれるが、東京新聞の社説に「鳥と風力発電の共存は」があった(5/17)。
「風力発電は野鳥を殺し、共存できないといわれ」るが本当かと問い、オジロワシなど「鳥が犠牲になるのはごく1部の風車だという…」「渡り鳥の中には…先にある風車に気付いてコースを変更するものも」いるし、智恵を出し合えば鳥との共存は実現できるという。囀りには、共存を促す歌、もあるかも…。

タゴールの「神」
「『アジア初のノーベル文学賞詩人』『インドの詩聖タゴール』に次の言葉がある。〈どの赤ん坊も、神はまだ人間に絶望していないというメッセージをたずさえてくる〉」(天声人語 5/5)
インドの神っていうと、どういうものだっけ? この神は西洋またはキリスト教の神だろうか。インドと言うだけで私は仏教を思い、仏やら大日如来やらを考えるが、「神」は世界の普遍語(観念・概念)だろう。バカな考えが浮かんだものだ。

話はそれるが、「ヨハネ福音書」の冒頭は「初めに(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。この言は初めに神と共にあった」だが、「ケセン語訳」(気仙地方語)によれば「初めにあったのは神さまの思いだった。思いが神さまの胸にあった…」である。言とは神さまの思いという意味だという。

話はまたそれるが、宗教学者山折哲雄は、ある対談で「ヨーロッパ文明の原点は、聖書の『はじめに言葉ありき』とされてきた。しかし、そこの部分はギリシャ語原典では『はじめに神の思いがあった』だと…ケセン語に訳した山浦玄嗣さんに聞いた。言葉はもちろん大事。そのうえで、言葉を支える人類の願いを改めて問わなくては」と言っている。
続いて相手の若松英輔は「仏教の悲願ですね。浄土教の他力です。本来はキリスト教の祈りもそう…」。(毎日 4/25)

ややこしくなってきた。神の思いがはじめにあって、神さまはまだ人間に絶望していないというメッセージを(赤ん坊を通して)人間に伝えている、ということになるらしい。なるほど。エッ?!

大阪都構想住民投票で否決  5/18
行政のことは知らないから何も言わないが、あの人柄と各種の発言=政策は、奇異なほどにもただ派手で、超がつくほど反動的で好きになれなかった。政権に寄りついて憲法改正の方向に走ることがなくなれば良いことだが…。
                             おわり
                TOPへ戻る