函館  美原だより 15-05-09(2015年 第28号) 
  
◯新ホームページつくり
GWの4日から今日9日まで、新しいホームページ作りにほぼかかりきりだった。毎日4時間から8時間ほどパソコン画面と向き合っていた。ま、7日は田中真知子さんのピアノ練習―3回目―に付き合い、温泉に入り、立ち飲みし、焼鳥屋で仕上げたが…。

ホームページ容量を増量しようとしてniftyにメールで問い合わせたところ、限度いっぱいで増量できないと言われ、やむなく新しいサイトを構築したのであった。

半解知のまま立ち向かい、曲がりなりにも1人で作ったので、達成感はあるが、できはよくない。代り映えせず、アイデア枯れもある。トップページはまだ普請が終わっていない。とりあえず、この美原だより第28号を最初の記事として掲載することとした。
これからもお付き合いいただければ嬉しい限り。よろしく。

読者からさっそくメールが送られてきた。
「ホームページを独力でリニューアルとはすごい。お若い。メールが繋がらなくて少し心配していたのですが、これなら頭も身体も新品同様、まだまだ大丈夫ですね」。


◯「あしかがフラワーパーク」の藤
下は「丸の内朝飯会」の佐藤守信さんが送ってくれた写真。見事なものだ。すごい。有名なところらしいが、私は知らなかった。
  

◯函館山の新緑
毎日見ているわけではないが、山肌の若い緑が日に日に膨らむように増え、その色を鮮やかにしている。
公民館のピアノ練習に3度付き合ったので、その都度見上げては息を大きくした。

田中真知子さんは、4時間ぐらいぶっ通しで弾く。私は聴きながら客席の椅子の列の間をS字型に歩いたり、ゆるい坂になっている縦の線を後ろ歩きしたりしている。缶ビールやチーズも持参する。

◯拾い読み
「メディカルはこだて」4月発行 第54号。
欠号とした「美原だより 臨時号」に少し書いたが、このホームページになぜか転載できないので、ちょっと引用すると、「トップ記事は『teteの会』(手縫いの布ナプキン、ふんどし等を作る会。代表田中はる枝さん)の大きい写真入りインタビュー。また、手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ』の解説記事、後記の『がん探知犬・マリーン』もおもしろかったし、いい勉強になった。読み応え充分の季刊誌」。

「図書」5月号
内容紹介は長くなるので省略。まず、表紙写真が珍しいもの。
読んだ作品のタイトルだけ並べると、「ウソ日記 最相葉月」「文庫解説を読む10 斉藤美奈子」(連載中。毎号おもしろい)「〈流行〉と〈不易〉 徳永進」(これも連載中。毎号おもしろい)「詩のなぐさめ 38 池澤夏樹」(軽い軽いライトエッセー。才気はある)。

「世界」6月号
特集「安保法制と『戦後』の変質」。ほかに「NHKの再生のために 上村達男」「安保法制は何を転換させようとしているのか 青井未穂」「『戦後』日本の岐路で何をなすべきか 渡辺治」(悪くはないが正論の論とでもいうか)「住民投票なくして『辺野古新基地建設』はあり得ない 木村草太」ほか。

「編集後記」に「…安保関連法案が…提出されるという。わざと難解にして煙に巻く作戦かと勘繰りたくなるくらい複雑」で、また「言葉遊びが滑稽を突き抜け、前人未到の境地に達したかに思える」など―もっと激しい言葉も―痛烈。私は古いが「巧言令色(すくな)し仁」と口に出る。

「朝柳会句集」(「丸の内朝飯会」の川柳同人句集)。読んだが、紹介は後日に。

新聞

将棋についての大きい記事が増えている。名人戦については対局前日に報じられるほど(朝日・毎日とも)。羽生名人2勝の記事も2紙とも棋譜を入れ、毎日が8段、朝日が5段扱い。将棋人気はいまが盛りか―プロ棋士もコンピューターソフトに負け、もう人間は勝てなくなるから。

新聞はいま大問題を抱えにぎやか。テーマだけ挙げるとして「NHKなどメディアとジャーナリズム」「国家財政の危険な将来―国の借金が増え続け1人830万円」「憲法改正」「原発のいろいろ」「沖縄のいろいろ」「首相らの歴史認識」etc.

毎日の切抜きと整理が大仕事。しかし、声欄に4紙とか2紙読んでいる人が登場していた。
                               おわり

                    トップへ戻る