15-07-06(2015年 第09号 通巻117号)   
◯「国語事件殺人辞典」 井上ひさしの芝居を読んで 
読んでいて笑いが止まらなくなったのはこんなところ。
駅長が、3分遅れで隣り駅を発車していることを、拡声器で伝える。
「お急ぎのところまことに恐縮ですがそのまましらばくれてお待ちください」。

続けて「なお、さきほどのNHKニュースによりますと、第三次世界大戦は雨のため中止になりました」。

「(列車が)入ってまいります。拍手でおだてておむかえください」。

タイトルからしておかしい。「国語辞典殺人事件」ならあり得ようが、それだとこの芝居の内容にふさわしいかどうか、意見が分かれそう。

もっとも、最後のほうで、弟子の山田が「お許しください」と花見先生を棍棒で叩き、ふらふらとなった先生がそれでも演説を始めると、次には聴衆が5人がかりで先生を棍棒で叩きのめし、場面が変わって、公園のベンチに横たわる先生の前に弟子の山田がひざまづき、それを野次馬が遠巻きにしているところで、山田が次のようにしゃべる場面がある。

「…たしかに花見国語辞典は完成しなかった。ある意味では、先生御自身が御自分の国語辞典を殺してしまわれた…これは国語事件殺人辞典であり、国語辞典を殺めたのは、つまりその真犯人は先生だった」。

しかし、そのときは2人とも「言語不当配列症」に罹っている時期だった…。
そして次には浮浪者が弟子の山田にも棍棒を振りおろす…。
だから、辞典殺しと棍棒殺しとにより「国語辞典殺人事件」と語順を替えてもいい!?

ことほど左様に、ちとややこしい。それだけ複雑にしておもしろい傑作。

言葉、日本語の問題から、終わりのほうでは「ノー」と言えない管理社会づくりの陰謀に迫る…なんとも見事なドラマツルギー。

国語学者花見万太郎は始めのほうで日本語の現状についてこう言う。
「インチキ商業外来語の大洪水。重複表現によることばの無駄づかい。呼応の規則の乱れ。アクセントの虐殺。慣用句の改悪。そして古典への冒瀆。日本語が強姦されている。」

重複表現とは、たとえば、「一番最初」「未だに未提出」など。
呼応の規則の乱れとは、「デザインが全然いかしてる」―「全然」は否定表現を伴う(しかし、たとえば「とても」はかつて否定表現を伴っていたが、「とても美しい」はいまは変ではない。「全然」も同じ運命を辿るのではないか、と言葉の変遷を押さえている)。
古典への冒瀆とは、そば屋のツケ日記を「更科日記」とか。
アクセントの虐殺とは、「アカ電話(平板)」をアカ(尻上がり)では「垢電話」になってしまう。また「雨」と「飴」、「柿」と「牡蠣」など。
慣用句の改悪とは、「勝手に知ってる他人の家」―「勝手知ったる他人の家」。

6万枚のカードを持ち歩いている花見先生のカード「日本語」はこうである。
「日本国の公用、共通語。日本語の系統については音韻組織や文法型式からアルタイ語に属するという説が有力であるが、語彙の面からは南方語系という説、文法型式の面からは朝鮮語と同系であるという説も行われ、まだ定説はない」と行き届いた語釈である。

ここでついでに言えば、古人の言葉として「ことば使いで智恵の深さが、使う言葉で知識の深さが知れる」を紹介している。

言葉の病気には上述「言語不当配列症」のほか「ベンケイ病」―弁慶がな、ぎなたを―いわゆる弁慶読みがあり、滑稽な会話が続く。
「電文症」は、たとえば「スマヌ」の『」』をダンラクと発音する―「許せ」ダンラク、「ヘンマツ」ダンラク、「イサイフミ」ダンラクetc.

後半に至ると「簡易日本語学院」が出てきて「簡易日本語の文法」による会話が始まる。けったいな会話になる。またややこしくなる。

そのうえ「言葉の質屋」が出てきて、「いいえ」という言葉を預かると報奨金が出るので集め始めたが、ある言葉の研究者に、それでは言葉の釣り合いが取れなくなるといわれたので「いいえ買占めの勧進元」に断ると撲殺されてしまう。それを知った先生は駅前で演説する。普通の語順に直すと、

「ただいまこの国で恐るべき陰謀が進行しつつあるのであります。いくつかの巨大な企業がみなさんから『いいえ』を『ノー』を、そして『ノン』を取り上げようとしているのであります」
「大衆管理を完璧に進めようとしているのです。決してノンをいわない羊のようにおとなしい大衆をつくり出そうとしているのです」
「一滴の水も漏らさない管理社会、それが彼らの狙いなのです。みなさん、けっして『いいえ』を手放すことはいけません。なぜなら『いいえ』をいうべきときに『いいえ』を言えなくなるからであります」。

すると聞いていた怪しい女学生が棍棒で先生の頭を叩く。山田の頭も叩く。しかも、山田までが先生を叩くことになる。

言葉の問題は、政治・社会の問題、管理社会の問題へと進む。ノーと言わせない世の中づくりへ。

順序がずれたが―これを読んだ影響!?―そこで上述した(山田が「お許しください」と花見先生を棍棒で…)ような進行になる。

演説がつづき、先生になったかのような山田がしゃべっている。管理社会づくりの陰謀への警告。

聞いている人の輪が広がって行く。いいえ、と、はい・そう、など肯定・否定の呟きが聞こえてくる。その声が大きくなる…「幕がためらいながらおりてくる」。

   初演 1982-6~7 「しゃぼん玉座」旗揚げ公演 紀伊國屋ホール

                               おわり
             TOPへ戻る