15-06-27(2015年 第08号 通巻116号)  
○井上ひさしの芝居を見た読者の感想 

こまつ座「太鼓たたいて笛ふいて」を観る  20141
井上ひさしの芝居はやっぱり面白い。つくづくそう思いました。作家林芙美子を描いた音楽評伝劇。泣けました。笑いました。辛辣な科白に小気味よさを覚えました。
名科白に唸っていると、ほくそ笑んでいるひさしさんの姿がチラチラしました。
Img008_564x800
主人公の林芙美子を演じたのが大竹しのぶさん。一度なまの芝居を見たいと思っていた人です。地声の強さ、メリハリ利いた演技、存在感のある演劇人です。他の登場人物5人も揃って芸達者な人たちばかり。客席最前列の中央にピアノが設置され、朴勝哲さんの軽やかなピアノ演奏に乗って、それぞれが歌い、踊ります。休憩を挟んで3時間の見応え。
客席2列目で役者の息づかいを感じながら楽しんできました。栗山民也さんの演出。紀伊國屋サザンシアターで。H    


●こまつ座「父と暮せば」を観る  20118
「父と暮らせば」の画像検索結果「おとったん、ありがとありました」

20118月こまつ座第94回公演「父と暮せば」を観た。井上ひさし・作、鵜山仁・演出の二人芝居。辻萬長×栗田桃子。

舞台は原爆投下から3年後の広島。広島弁がやさしく耳に心地よい。芝居最後の娘のセリフ「おとったん、ありがとありました」で今まで目に溜まっていた涙が一気にあふれ出てしまいました。気持ちよい涙。拍手をするのがもったいないほどの余韻。あの「間」は舞台と観客がひとつになった瞬間でした。そのあとの嵐のような拍手。まさに芝居の醍醐味。

「井上ひさしの最高傑作にしてこまつ座のライフワーク」とチラシは謳うが、芝居に込められたメッセージに普遍の力を感じました。そして井上ひさしという人はなんと温かい人なのでしょう。たまたま先日NHKBSプレミアムで映画の「父と暮せば」を観たけれど、父親役の原田芳雄に井上ひさしがいて、先日無念の死を遂げた原田芳雄という役者はやっぱりすごかったと思う。
雑誌「新潮」199410月号に初掲の戯曲「父と暮せば」を読み返しました。H

《儚儚老随筆》ありがとうございました。
 このエッセイを拝読し、いかにこの歳になるまで、文芸作品の世界の多くに(むしろ、殆どに)触れてこなかったかを…この度も気付きました。

井上ひさしの芝居作品に「太鼓たたいて笛ふいて」という重要な脚本があることも、このたび教えて戴きました。

 主人公・林芙美子が遭遇した、対中戦争を含む戦中・戦後の一定の時代を切り取り、その時代下に日本人作家の一人として、[どう行動し、何を考えず、何を考えたか]。それを現代に生きる我々はどう捉え直して生きるか―という主題の作品と捉えました。

ウィキペディアにも引用されていると仰る、井上ひさしの筆による、生々しく生きざるを得なかった林芙美子…。一読者である小生はこう思います。

彼女の周辺には、彼女が貧乏を描き、フランスに滞在でき、政府お抱え小説家になる、その度に批判する輩が次々に輩出した。「ならば、彼女は、どう生きればよかったのだろうか?」と。「文才一流で、文でのみ生活する女性に、やっかみや後知恵のように意地悪をする。自らを省みて、同時代人達は恥しくなかったのだろうか?」と。

 井上ひさし自身は、おそらく、時代の流れに身をゆだねてしか生きていけなかった林芙美子、一部のインテリが有する知識やイデオロギーの伽藍など持たず、まして大局観など持ち得ず、ひとえに女性の皮膚感覚のみを頼りに健気に生きてきた林芙美子、そうではあっても、文名≠得て“先生”になってしまった林芙美子、時代の当事者としての責任を担わざるを得なかった林芙美子…。このように林芙美子を捉え、彼女を(自身無意識の)教師、時流の手引者として、人物とその時代を捉えなおそう、そして、林芙美子となんら変わらない立ち位置にいる我等は、彼女と共に「いま」どう生きて行こうか―こう語りたかった、活写したかったのではないでしょうか?K

●「戦争関連」の略歴の林芙美子さんは凄いですね。全く知りませんでした。ありがとうございました。Y

井上ひさし『父と暮らせば』という芝居脚本のご紹介。三度拝読し「娘」の位置づけが呑み込めました。原爆で「父」を失くし、優れた女性の親友「昭子さん」を失くし、なぜ自分だけが幸せになれようか、と罪悪感を込めて(幽霊の「父」と対話し、いや実は)自問自答しながら生きている若い広島びと。そういう二人芝居≠ナした。
作者は「父」の言葉を通して「娘」に、「娘さん、生きなさい。そして伝えて行きましょう――この世に、眼前に、《むご過ぎるこの世の悲惨さ》が実在したということを。」と話しかけているのでしょう。戦争は、どんどん大きくなってきた戦争は殊に、終わらないもの。原爆も沖縄も、終わったとは言えないことのあきらかな突きつけ。」
「娘」が伝えても伝えても、なお伝えても、ご文のような世が、現実。さらに事態の進行が早まっておりますね。K

●読者から金子兜太の書のポスターと写真が送られてきた。→
澤地久枝のよびかけ

”アベ政治を許さない” 
文字は金子兜太さんに書いていただきました。

◯読者のお便り
迷子サイクリング。思わざることで逆方向へ行くなんてありうることです。慣れた道でもひょんなことから正反対へ。あとで考えると、なぜなのだろう、と不思議に思います。いろいろな条件が重なり合うのでしょう…。
金原亭駒与志師の姿勢もすばらしいことでした。今回も盛り沢山の内容で楽しませていただきました。…

                            おわり

              TOPへ戻る