15-06-25(2015年 第07号 通巻115号)  

○「父と暮せば」―井上ひさしの芝居を読んで
旧約聖書の最初の書にこういうところがある。
「主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった」創世記2—7.
「人から抜き取ったあばら骨で女を造り上げられた」創世記2—22

父と娘のこの二人芝居の中にはこういうところがある。
「そのときのときめきからわしのこの胴体ができたんじゃ」「そのためいきからわしの手足ができたんじゃ」「そのねがいからわしの心臓ができとるんじゃ」。

彼女はピカドンで幽霊になった父と一緒に暮している。

図書館に勤めていて、そこによく来る青年と付き合っている。しかし彼女は、相思相愛となっても…。
彼女を好きになった青年は彼女にこう言う―ということは、この芝居は2人だけだから、幽霊である父が、間接的に話すことになる。
「原爆病が出たら命がけで看病する、子どもができたら天命じゃ思うて一所懸命育てよう」。

そこまで言ってくれるのに、彼女はなお彼に会ってはいけないの、と父に言う。

「私よりもっと幸せになっていい人を押しのけて私が幸せになるわけにはいかない」。なぜなら、特に仲良しだった「うちより美しくて、うちより勉強ができて、うちより人望があって、ピカから救ってくれた」人がいるから…。
というのは、あのとき、その昭子さんからもらった手紙の返事を出そうと石灯籠の近くを歩いていてその手紙を落とし、拾おうとしたとき、「世間全体が青白くな」ったのに、石灯籠が庇ってくれたから。
同じそのとき、父は正面から見てしまった…頭のすぐ上に太陽が二つ、並んで出た。
昭子さんは急用でその朝広島に戻ってきたところを…。

(…そうか、だから)人並みに幸せを求めちゃいけないと思うお前の気もちがチイと分かった気がする」と父。

娘は、いや、まだあると言う。私はおとったん―父―を見捨てて逃げよった「こすったれなんじゃ」。
あのとき家が倒れてきて(うちらの上に家がありよったんじゃ、と描写)、私は抜けられたが、「おとったんの方は…仰向けざまに倒れて、首から下は、柱じゃの、梁じゃの、横木じゃの、何十本もの材木に…組み敷かれていて」そのうちに、煙たい臭いがしてきて、髪の毛が眉毛がチリチリと燃え、そこで、逃げろ、いやじゃ、の押し問答。ではじゃんけんぽんで決めようといい、どちらもグーばかり出し…最後の親孝行をしてくれと頼んで…。

最後のほうで、「あよなむごい別れがまこと何万もあったちゅうことを覚えてもろうために生かされとるんじゃ。おまいの勤めとる図書館もそよなことを伝えるところじゃないんか」。

こともあろうに、じゃあ、じゃんけんぽんで決めようというのはどうも…それが井上ひさしと言っていいのだろうか。

広島弁で綴られている。広島弁を研究したという。再演の多い作品。

戦争は、どんどん大きくなってきた戦争は殊に、終わらないもの。原爆も沖縄も、終わったとは言えないことのあきらかな突きつけ。
                              おわり

              
TOPへ戻る