函館  美原だより
15-08-14(2015年 第46号) 
 変わりやすい天気で、暑熱と冷夏が混在。局所的大雨もあり、あいさつの仕様に困るほど。
 いかがお過ごしでしょうか。日録風の近況です。

◯定期検診  8/11
採血の看護師とはビールの話しになる。もう、4週間ごとに6年以上も続いている通院だから、冗談の言い合い関係に達した。
夏のせいか、血が少しサラサラになったようで、薬の量が若干少なくなった。

◯駅前夏季ビアガーデンで飲む  8/12
短期ビアガーデンが開店。最終日の12日に6人で飲んだ。
JR函館駅のほぼ真ん前の広場という地の利で、暗くなってからはほぼ満席。プラスチックの小ぶりなカップで1杯500円はぼろ儲けだろう。

大沼から高瀬夫妻がJRで来、彼の友人夫妻―初顔合わせ―も市内から来、こちらもガ・フレと2人で。

その友人は市内でパスタ料理店を経営していて、店名が「評判いいよ」というから面白い。夫人は民放のアナウンサー。
彼は、私がテレビを見ないと言ったら、しばし開いた口がふさがらなかったみたいだった。どうやって生きているんだろう、とでも思われたか!?

楽しいおしゃべりでビールも旨かった。枝豆、焼鳥、ポテトフライ、たこ焼き、鶏の唐揚げなどを適当に…。

高瀬夫妻は5時40分着、8時10分発のJRで往復した。ちょうどいいビアパーティ。

◯視野検査  8/13
緑内障の危険があるので、2度目の検査。診断は同じで、これからはときどき眼圧検査をして様子を見ることとなった。危ないけれど進行は遅いし、まぁ、なんとか…といったところか。白内障は年齢相応で手術不要らしい。

帰途、「たつみ食堂」でかつ丼を食べた。7,500日以上の連続営業を続けている名物食堂で、揚げたてのかつ丼に熱い味噌汁とたくあんがついて600円とは信じられない値段。ボリュームもあるし旨いのだ。

◯戦後70年  8/14  新聞から
「8月ジャーナリズム」は熱くてもいいと私は考えるが、京大の佐藤教授は「9月ジャーナリズム」にシフトすべきだという。「8月…」では抜け落ちる大事な事柄が多いからという(8/14 毎日)。わかる。

あの戦争の終わりの日でさえまだ議論中と言えるし、あの戦争の後(始末)、つまり戦後70年についても、ヘンな法案を前に国論=民意が分かれている。

ドイツ文学者・エッセイスト池内紀(1940年生)の「私の歩んだ戦後70年」はいい寄稿だった(8/14 毎日)。
「8月15日朝刊をねらう意図こそ重要」(上掲京大佐藤教授 8/14 毎日)と言われる談話について、氏は「丁度いい機会だ。記念年に際して、ものものしく発表される『作文』を採点してみてはどうだろう」と言っていた。その際に気を付けるポイントは、@主題をすりかえるAどうでもいいことにこだわるB小さな私的事実を織りこむ。おもしろい。

今夜の閣議開始まであと1時間。
私の歩んだ80年は書くことができなかった。81歳の私は直接の戦争体験こそ少ないが(疎開、空襲)、12歳の思春期以降の自分史は戦争の影響が大きい。飢餓と不便さと極貧の長い戦後がいつまでもどぎつい色を放っている。

◯FMのクラシック番組
新番組らしいものがいろいろ出てきたようで、内容もよく分からず、聴き慣れていないので、まだ説明できないが、時間としては増えたかもしれない。比較的新しいのは、N響ザ・レジェンド、あなたの知らない作曲家の素顔、現代の音楽とクラシックリクエスト(これは臨時か)。

ところが、ほとんどまたは全部がトーク番組化しているので、くだらないおしゃべりにイライラし、気分としてはマイナス。「文化芸術」が政治家のある集まりの名前だと知って吹き出したが、日本のクラシック番組も「文化芸術」としてはレベルが低い、と思う。


8/15は回転寿司の定例ランチ会。               おわり
             TOPへ戻る