函館  美原だより
15-08-11(2015年 第45号)    
◯金子兜太からお葉書をいただく  8/5付 

念のため文面を書き出すと「いやはや『アベ政治を許さない』が見つかって、ニヤリとしました。阿部でなく安倍。『アベ』でよかった。呵々。旧い知り合いから手紙が貰えて、喜んでいます」。

全国のデモなどで使用された金子兜太揮毫のポスターについて触れた「美原だより」第42号(7/21付)のコピーをお送りしたことへのご返事。

◯講演会  8/8 函館市公民館
タイトルは「作文教育がなぜ罪に―北海道綴方教育連盟事件〜『獄中メモ』を残した元函館常盤尋常小学校教員〜」。

講師は北海道新聞(釧路支社報道部)記者佐竹直子さん。

函館YWCA主催の「平和と憲法をめぐるトークシリーズ」の第14回。場所を公民館ホールに移し、100人以上が参加した大講演会とも言える催しとなった。

講師佐竹直子さんは、この7月、著書獄中メモは問う 北海道綴方教育連盟事件」で日本ジャーナリスト会議のJCJ賞を受賞したばかりの
気鋭の記者。

スクリーンにたくさんの写真を映しながら、その本に沿って語ってくれた。私は泣いてしまった。

「獄中メモ」発見の経緯にはハラハラドキドキ、興奮させられた。そしてそれを、まずは自分で読み解く難事に向かい、その集中的な勉強ぶり・仕事ぶりにも熱くさせられた。

支援者等が現われ、事件は次第に明らかにされて行く―悪名高い治安維持法により、綴方教育が罪とされ、逮捕・拘禁・拷問(叩く蹴る座らせる脅かすなど)・有罪判決と進められた事件。

理由も分からずに、いなくなった先生に宛てた小学生の綴方=作文の朗読に、私は泣いてしまった。

「あとがき」にこうある。
新聞連載中に「特定秘密保護法が成立した。昨年からは集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更が、国民的な論議がないまま進められた。…国を挙げて戦争へと突き進み治安維持法に国民が弾圧された時代を、まるで現代が追いかけ再現しているように思えて…」。

なお、JCJ賞は他に、東京新聞「3憲法学者の『違憲』明言スクープはじめ一連の安倍政権追及報道」等があり、JCJ大賞は、琉球新報「『普天間・辺野古問題』を中心にこの国の民主主義を問う一連の報道キャンペーン」が受賞した。

◯エライさんと話し、飲む  8/8
カウンターで一人で飲んでいた知らぬ人に話しかけ、大いにおしゃべりし、どちらもよく飲んだ。(講演会のあと、谷地頭温泉に入り、古西商店でビールを2本立ち飲みしたあと)

彼は函館に初めて来て、偶然、私の馴染?!の焼鳥屋に入り、そこで話しかけられたわけ。

何でもよく知っている紳士で、楽しいおしゃべりが尽きなかった。名刺を交換した。会社は上野池之端だった。

大蔵省に技官として入省したと聞き、昔、私は学帽をかぶって電車に乗っていたとき、先輩という人から名刺をもらい、ただ「大蔵事務官」とあったのを思い出したりした。「大蔵技官」「大蔵事務官」というだけで通じるプレステージはいまも生きているのではないか。

◯ガ・フレとランチ会  8/10
ガ・フレ2人と3人でハンバーグランチを食べた。ステーキハウス「じゅげむ」のこのランチは千円もしないのに豪華。いろいろ出るうえ、美味でボリュームたっぷり。そっとお勧めしたい。また、この店のラ・フランスのコンポートが絶品なのだが、満腹になってしまい、注文できなかった。私は生ビール3杯。

その足で「六花亭」に寄り、何種類かの甘いものを買った。
その足の延長で図書館に寄って雑誌を読んだ。

◯金子兜太×宇多喜代子の対談(司会高野ムツオ) 「俳句」8月号
特別企画「戦後70年 戦争と俳句」の中の特別対談「平和の願いと俳句」は、なんと30ページの長時間対談―高野ムツオもよくしゃべり、金子兜太に質問されたり、批判されたり、褒められたり! の活躍だから、鼎談と言っていい。

終わりのほうの金子兜太の発言だけ紹介したい。
「この座談会が出れば、今の集団的自衛権のことだって『そういうことにも関心を持っている俳人がいる。そしてこういう疑問を投げかけていた。過去にこういう俳句がある。こういうことを考えていた』と、少しはわかってくれる人もあるだろう」p136

も一つ。宇多さんに「金子さんのお考えではどうなりそうですか」と訊かれ、金子兜太が答えた言―「危ないと思っています」「15年戦争の時期もそうだったけれど、当事者がむきになってくる。そうなると危ないね。安倍首相がカッカカッカしてきたら危ない」。p134

◯豆乳ケーキなど
帰宅途中、ハンバーグランチの洋子さんに教えてもらった「おたふく堂」で、豆乳からつくった「しふぉんケーキ」「おからクッキー」と地産地消の「ところてん」を買った。

汗だくで自転車をこいで帰宅したら、留守電にメッセージが入っていた。

◯枝豆と野菜をいただく
こちらから電話すると、スミ子さんが、菅原さんから託された枝豆を茹でたから届けてくれるという。併せて、きゅうりの即席漬け、キャベツ、トマト、ピーマンもいただいた。その夜の晩酌は、それだけでほとんど間に合った。

15日と決めた定例回転寿司ランチ会は、真知子さん、洋子さんも加わり、5人になりそう。
                                 おわり
            TOPへ戻る