函館  美原だより
15-07-31(2015年 第43号) 
   
◯大出哲先生を偲ぶ会  7/26  北大人文社会科学研究所202号教室 

20余名参集。12名程度と聞いていたので、多いことにびっくりし喜んだ。
顔見知りは、落語でよくご一緒になった小舘さんとその日東京から飛んできたピアニスト田中真知子さんの2人。

世話役は北大の宇都宮教授(「生と死の宗教社会学」著者)、クザーヌス学会の八巻和彦教授(学会の現会長? 早稲田大教授、ドイツ旅行同伴者)、阿部立教大教授(ドイツ旅行同伴者)、伊藤埼玉大教授(「存在者と一者について」著者)、その他も初対面の大学関係者―教授、同僚、研究仲間、教え子―等で、覚えきれなかった。女性4人。

はじめにドイツ講演等旅行のスライドを同行の八巻教授の説明つきで見せてもらった。各所を訪れた先生のお元気な姿がよく撮れていた。すばらしかった。涙が出た。

先生の学問上の業績は知らない。見当もつかない。先生は天文学の知識をも駆使し、クザーヌスが「地球は運動している」と言って、地動説のさきがけだった(?)と説いたよう。そして、15千年後くらいにはいまの星座がばらばらになるだろうとは、論文以前に、私が先生から直接聞いたことであった。

論文発表は、そのように天文学の通説をひっくり返すものだったらしいが、私は説明できない。しかし、そのために手書きの美しいラテン語と日本語説明の論文190ページを書いたことは、この「美原だより」でもたびたびお伝えした通り。

会は会費制で、形式的でなく、いい雰囲気で進み、ビールとお寿司が出たので遠慮なく飲み食いした。

思い出を語るのは、人数が増えたので1人4分程度と言われた。とてもじゃないがしゃべり切れないので、私は数日前から小冊子(A5版 27ページ)をつくり、それをその場でお配りして読んでもらうことにしたが、事前に12人程度と聞いていたのでプリント部数が不足した。         →

描いていただいた挿絵のある5冊は回覧した(「定年後のローマ暮し1年」「ローマ 歩く・見る・考える」「癌手術後の大沼暮し」「川柳 癌」「その後の大沼療養暮し」)。

ほかに「メディカルはこだて」に連載した「女好き爺の思い出話」をコピーし綴じたものも回覧させてもらった。(外国人女性研究者がスクリーンに映しながらたくさんの挿絵を保存していた)

また、先生の傑作短篇を冊子にした2冊「別れ」(13/10)と「鬼灯」(13/11)も「まちがいなく傑作です」と大声を出して紹介し回覧した。

私の持ち時間5分は、それだけの紹介で終わってしまった。
ひと通り済んでから、懇談風になり、エピソードなどいろいろ・あれこれ、知らなかった面なども聞くことができた。5時半から9時近くまで。

私は全然しゃべらなかったが、そのほうがよかったとも考える。先生はこれからも私の中で生きる。未完のパンフも、たくさんある資料を追加し作り上げたいと思っているし。

◯札幌3泊  7/26〜29
ラッソ ライフステージホテルに泊まった。聞いたことのない名前だったが、場所はよかった(北1西4)。なんと、黒生を飲むことになっている!「ビッグジョッキ」(グランドホテル)の斜め前ではないか…ところが今回は行かれなかった。

というのも、大通公園のほぼ全体が、夏季のビアガーデンになっていたので、そこで飲んだから。                ↓
    

           

2日目は菊鮨で刺身と鮨とビール・日本酒を味わい、3日目は京城屋で焼き肉をたっぷり食べ、ビールを飲んだ。

帰りはJRが混んでいて、仕方なくグリーン車になった。揺れが小さいので快適だった。往きの大揺れは、またの事故を予感させるほどだったから。

戻った函館も蒸し暑かった。夜も窓を開け、南北に風を通している。クーラーは(必要)ない。夏好きにはうれしい。

        +++++    +++++    +++++    +++++

ご参考 ―ネットで検索

クザーヌス学会―紹介と現状  

ニコラウス・クザーヌス(Nicolaus Cusanus)についての研究を主たる目的とする日本クザーヌス学会( 大出哲会長).1882年の秋に発足した。以来中世哲学会の大会に接続して開催する毎年一回の大会を中心に活動を続けて今日に至っている

これまでに訳された著作には以下のものがある主著“De docta ignorantia" の翻訳は既に1967年に岩崎允胤と大出哲によって『知ある無知』(創文社)として出版されていたが, 昨年には新たに山田桂三によって『学識ある無知』(平凡社)として刊行された. また,グザーヌス中期の小品も,大出哲および坂本実両氏によって『隠れたる神』(創文社)として1972年に刊行されている。さらに1987 年には“De possest" が,大出哲・八巻和彦訳『可能現実存在』(国文社)として刊行され(中略)さらに,“Dedato patris luminum" が,大出哲・高岡尚訳の『光の父の贈り物』(国文社)として刊行された(後略)

海外のクザーヌス研究団体との交流活動では, クザーヌスの故郷にほど近いドイツのトリア大学付属クザーヌス研究所およびクザーヌス協会)はもとより, トリアのクザーヌス研究所とともにクザーヌス全集の編纂事業をおこなっているケルンのトマス研究所,さらには, 渡辺守道という日本人の会長を戴くアメリカ・クザーヌス学会とも密接な連絡をもっている. トリアで数年毎に開催される国際クザーヌス・シンポジウムには毎回数名の会員が参加している. ドイツおよびアメリカのクザーヌス研究者が大いに友好的であるので, この交流は今後さらに深まるであろう。
                               おわり
              TOPへ戻る