函館  美原だより
15-07-21(2015年 第42号) 
   
◯金子兜太の書のポスターで全国デモ  7/18
「アベ政治を許さない」のポスターを掲げ、その言葉のシュプレヒコールが全国にコダマしたよう…。                         発案者 澤地久枝さん
            
毎日新聞は「平和の破壊を私たちは許さない」「29都道府県で抗議」「反『安保』拡大」の見出し。
写真は「アベ政治を許さない」を一斉に掲げた東京永田町と福岡と旭川のデモ。見事に揃っている。

朝日新聞は「共通プラカード」の白抜きと「街角印刷 手軽に訴え ネット通じコンビニで1枚20円」の見出し。記事は「プラカード事情がいま、変化している」。そして、金子兜太のポスターを衆院特別委で強行採決したとき野党議員が掲げたことと「18日午後1時、全国各地で一斉に掲げられた」と報じた。

また、それらの写真とともに、金子兜太自身がそのポスターを持ち、照れ笑いしている写真を載せた。その記事の金子兜太の言がいい。

「…首相の言動をみると、『気の毒に思える』『でっち小僧が旦那になだめられたり、引っぱたかれたり、時々菓子をもらったりして、いいようにされている姿を想像してしまう』…」。いいねぇ。

たしかに、子どもじみた言い逃れがおかしい。本人は自信を持っているらしいが、中味が伴わないから相手に通じないのに、それでケロッとしているおかしみ。政治言葉だけで育ったから、知・情・意ともにない言辞のたれ流し。

批判する側も、甘いというか、語彙不足の感がある。出てくるのは、せいぜい「こじつけ」=「牽強付会」「詭弁」―「美辞麗句 巧言令色」は私が見逃したかも。出てこない言葉は―これも私の見逃しかも―「屁理屈」「三百代言―詭弁を弄すること(広辞苑)」と言ったところか。

朝日が揶揄気味に言う「プラカード事情」だけでなく、反対運動が変化しているのではないかと私は思う。
HSKというのはどうだろう。長谷部恭男―澤地久枝―金子兜太3人の頭文字!!

朝日にはちゃんとした見出しもある! 長谷部恭男の発言に―「理解進んだからこそ反対強い」―杉田敦との対談 7/19。
毎日は同氏のインタビュー発言に「国民、気づき始めた」とつけた 7/16。氏は鋭く見ている。
         
             五稜郭タワーの上の雲     上京前

◯東京・栃木の短い旅  7/11〜18
マイム公演 佐々木博康主宰「日本マイム研究所55周年公演」。
        江戸東京博物館ホール、7/12。
200人か300人か、私に言わせれば大入り。隔世の感―数十年前との比較だが。
「老人と海」「木曽川の筏乗り」「ボレロ」の演技。うまい。素敵。見事。惚れ惚れ。

本人が後期高齢者と言っていたが、最後の「ボレロ」の身体の動きはたいしたもの。柔らかさだけでなく、そこに才能を見た。
「ボレロ」は、ベジャールのバレエも有名で、ギエムもすばらしいが、私は声を大にして「イヨーッ、日本一」と言いたい。

知り合いに声をかけたら8人(私も入れて)が見に来てくれた。それも嬉しかった。
終ってからみんなで両国駅前で飲んだ。

栃木市と湯西川温泉 7/14
高校報道部の同窓会。昨年は長岡を中心に観光したが、今年は郷里・母校を懐かしむ旅。79才から82才までの6人が参加。

地元に住む一番若い世話役がよく面倒をみてくれた。下見までしてくれたし、資料の取り揃えも完璧。行き届いた幹事だった。栃木市は新暦のお盆なので、彼女は忙しく、家を抜けにくいのに、なんとか都合をつけてくれた。

私は自由行動のとき、近くの同期の家に行き奥さんと話ができた。旦那は介護5で入院中で、寝たきりに近いが元気だという。

こちらの6人も、ま、元気だが、ま、とつけなければなるまい。それぞれ、立ち上がるときが特に問題だった。昼は旨いそばを食べた。ビールも飲んだ。食欲は旺盛。

そのうちの4人は、奥鬼怒の先の湯西川温泉まで足を延ばした。いい宿、いい湯、いい料理だった。
        
湯西川温泉駅はこの湯西川ダムの鉄橋が終わったところにある。
三弦橋ではないがちょっと似ている。大出先生が設計した道内の三弦橋がダムに沈んだことを思い出し、1枚だけスマホで。

今回の旅では写真を撮らなかった。何となくムードが出ない。言ってしまえばお互いの老衰の様相を無意識に意識!?していたのかも…。

映画  7/13 銀座・シネスィッチ
「ボヴァリー夫人とパン屋」は、文学老年のパン屋の隣りに引っ越してきた有夫の美女の名前が原作と同じ(ジェマ=エマ)ボヴァリー、しかも、その主役女優がジェマ・アータートンと、洒落ているというか、ふざけている。

美青年とのあからさまなセックスシーンは、私には刺激的。東京大学教授藤原帰一は「この映画のエロティシズムはいかにも安っぽい…」と書いたが(朝日 7/12)、私には迫力もあって…。そんなところだけでなく、ほかにもフランス映画らしい!? いいところがあって、時間があればもう一度見たいほど(一度では頭に入らないものが増えたよう)。

「アリスのままで」は、若年性アルツハイマーにかかった学者のその後の生き方を追うまじめな科学的映画、理性映画!? 言語学者としての実力地位名声とその先行きがあり、夫や家族との葛藤があり、その間に病気進行の様子が怖いほどに映し出される。ドキドキする。

どちらもよかった。滅多に見ないから比較できないが、経験的にお勧めできる作品。

妹の墓参り 荻窪・願泉寺  7/17 
恥ずかしながら、初めてのお参り。弟夫婦の骨折りで立派と言える真新しい墓が建った。若月家と阿部家の合葬墓。お寺も立派だった。

台風の影響で断続的に降るという予想の中、その降る時間に当たった。大降り。お線香だけ上げてきた。

黒生
上京したら、なにはさておき黒生でしょうから、とHさんに言われ、彼女と飲んだ。風邪を引いたとかで、マスクをかけて現われた。ローストビーフとポテトフライ。銀座7丁目ライオン。

2回目はMさんと。行列で待たされたが、2階禁煙席が空いているというので階段を上がった。ローストビーフとポテトフライ。銀座7丁目ライオン。

もう1回は永田町駅ナカで、独りで。サーロインステーキだったが、安いだけに、旨いとは、とてもとても…。
                                おわり
              Topへ戻る