函館  美原だより
15-06-28(2015年 第40号) 
  

新聞遊び
◯和田誠の挿絵
氏には誠にもって失礼になるが、好き嫌いだからしょうがない、と思ってもらおう。
私は氏の新聞挿絵を見ると、なんとも間延びした感覚を覚え、その本文まで読みたくなくなってしまうのだ。
定期的にみるのは、朝日新聞のコラム「三谷幸喜のありふれた生活」と毎日の日曜コラム「この3冊」だけだが、氏の挿絵のせいで! これら記事は読まない、いや、読めないのである。性に合わないというしかない。

氏は「日本漫画家協会賞特別賞」を受賞し、つまり、ファンも愛読者も多いのに、私のような変人がいて、ここに無用の文を書かれることになり、誠に済まない気がする…。

また、受賞について「ひと」欄に写真入りで紹介され、その中に「その感性は終戦直後の自由な教育の下で磨かれたと語る」とあり、私と似たような環境(79歳)だったかもしれないと思うと、いよいよ複雑…。

関係ないが、「クレオパトラとエジプトの王妃展」の予告宣伝記事と展示される作品の写真6点を見て、気持ちが悪くなった(6/28 朝日)。ひとつもいいものがない。好き嫌いが激しくなったか。あのせいか―齢

◯「LITELAXというブログから  首相のオフレコ懇談会のことなど。ホント臭いので。

(首相のオフレコ発言は)安保法制審議が始まったあたりから、現場の記者の間で『さすがにこれはヤバい』という空気が広がっている。それでも、自分のところで書くわけにはいかない。そこで、週刊誌に流し始めたということじゃないでしょうか(全国紙政治部記者)

…安倍首相は623沖縄戦没者追悼式で、沖縄県民から“帰れコール”を受け、周囲に当たり散らしたといわれるが、NHKはじめ、多くのマスコミはその“帰れコール”を一切報じることはなかった。―琉球新報の中継動画によってこのコールがけっこう激しいものと知った 阿部注。

そして、その翌日の624日には、東京・銀座の日本料理店「銀座あさみ」で、またぞろ、マスコミ各社の編集幹部との会食が行われた。参加者は、朝日新聞の曽我豪編集委員、毎日新聞の山田孝男特別編集委員読売新聞の小田尚論説主幹、日本経済新聞の石川一郎専務、NHKの島田敏男解説副委員長、日本テレビの粕谷賢之メディア戦略局長、時事通信の田崎史郎解説委員といういつものメンバーだ。これでは、週刊誌に時折オフレコ発言が暴露されたところで、状況はまったく変わることはないだろう」(野尻民夫

●毎日新聞の「みんなの広場」―声欄―6/26に「『不戦国家の用心』に違和感」という投書が載った。「22日付山田孝男氏の意見((上記タイトル。内容省略)はたいへん違和感がありました。…という断定は的外れです。…首相を容認するということでしょうか。」―私・阿部も、おや、思った。そして、同じような読者がいるものだと。下線は阿部

●上記動画の琉球新報は、沖縄タイムスと共同で声明を出した。1部を引用

百田氏発言をめぐる琉球新報・沖縄タイムス共同抗議声明  2015626

…百田尚樹氏の「沖縄の2つの新聞はつぶさないといけない」という発言は、政権の意に沿わない報道は許さないという”言論弾圧”の発想そのものであり、民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定する暴論にほかならない。

戦後、沖縄の新聞は戦争に加担した新聞人の反省から出発した。戦争につながるような報道は二度としないという考えが、報道姿勢のベースにある。

◯ビール健康法
本の広告。「病気知らず」の体をつくる ビール健康法。笑って読み過ごそう。

◯アーサー・ビナードさん
毎日のコラム「安保法制 私はこう考える」に登場した氏の小気味のいい、切れ味鋭い言が光った 6/27。

「…首相が説明する『切れ目のない対応』とは、米国の決定が何一つ歯止めがかからないまま自衛隊の現場まで届く、ということだ。米軍と自衛隊の区別がなくなる。自衛隊の活動について日本国民の意思は反映されなくなり、日本は独立国家の体をなさなくなる。そもそも日米同盟は真の同盟ではない」

「国会に呼ばれた憲法学者が『法案は違憲だ』とはっきり言った。この事態に国民は無関心であってはならない…『国民は株価や景気に目を奪われ、安保問題では立ち上がらない』と計算しているのだろう」

「表現の自由を保障する憲法21条を生かして反対の声を上げれば…違憲の法案は通らない。世論が動けば国は変わる」。

私は彼の本を何冊か読んだ。真っ先に思い出すのは日本語の「月極」。パーキングのところにある。げっきょく? 辞典を引いても分からない。在日6年目にして青森に出かけ「月決め駐車場」という看板を見て…。

◯学生のデモスタイル
「学生が催す…デモを見てみた。東京・渋谷や国会前などで数千人を集める力を持つ。そのスタイルは斬新だ。洗練されたデザインのプラカード、軽快なヒップホップのリズム。今風の若者がラッパーのようにコールする」「沿道の反応は温かい。通行人も拍手を送る。年配組も加わり、ゴール時点の参加者は約2200人…」(「『政治はタブー』を破る挑戦」6/28 毎日)。

私は「ラッパーのようにコールする」が分からない。でも、こういうデモに行ってみたい。
                                  
                               おわり
            TOPへ戻る