函館  美原だより 
15-06-11(2015年 第38号) 
    
◯大出哲先生を偲ぶ会は7月26日
49日の前日に娘さんに電話して確かめた。49日の日は北大の宇都宮教授が電話に出てくださり、場所は北大の教室だが、教室ナンバーと時間は未定だということだった。

私は行くことにして早速ホテルを予約した。夏休みなのでホテルの空室探しに時間を食った。聞いたことのない名前のホテルに決めた。

私はいま、先生との永いお付き合いを思い起こし、沢山のことを自分用に箇条書きでメモしているところ。

◯「俳句」を無形文化遺産に

前号で金子兜太の座談会記事を読んだと書いた。その中で氏は俳句の無形文化遺産登録について「このことを演説しに来た」と笑わせていたが、いいことだと思う。最近では「和食」「和紙」が登録され、ほかにすでに22件もあるそうだが、俳句も文化遺産にふさわしいと思う。アイデア、と言うより、もっと早くから申請してもよかったかもしれない。九条と春樹のノーベル賞と併せて3つの受賞!? ということにならないか。

◯迷子サイクリング  6/8
自転車で本屋へ行き、その帰り、道をまちがえ、ほぼ180度ちがうコースを、せっせっとこいでいた。いい加減走ってから気付き、その夜はとうとうこむら返り用の漢方薬を飲んだ。2日後もまだ太ももが痛いので、シャワーで熱い湯をかけたり、温泉に浸ったりして治した。

生得の方向音痴であって、俳諧でも徘徊でもないが、齢が齢だから、途中で心配になった。
程度が嵩じ、もっと走ってしまい、戻るときにはもう暗くなって、足が動かなくなって…となったらやばい!

蔦屋書店では若い女店員さんと冗談を言いながら相談したりしてご機嫌だったのに…。
棚にあった旧約聖書は汚れていたので、きれいな在庫はないか訊いた。ないと言うので、ほかを検索してもらったがどれも気に入らない。その間にもう1人の娘さんが他の品をもって来てくれた。「天金だな」と言うとにっこりした。「万を超すな」と言ったら「16千円」と言ってにっこりした。とても買えないので初めの本を注文した。も一度来なくてはならないが、運動サイクリングのつもりでと思ったら、その前に上記のような迷いサイクリングとなったわけ。

◯シュナイダーハンのヴァイオリン
  6/7
日曜日の名演奏ライブラリーで初めて聴いた・知った。最高だった。
ゼーマンのピアノでモーツアルトのソナタ、ケンプのピアノでベートーヴェンのソナタ、ベルリンとフルベンでベートーヴェンの協奏曲ほか、2時間たっぷり楽しませてもらった。
きれいな音。ロマンティック。うたうところも好き。玄人さんは、好き好きも含めていろいろ言うだろうが―それは仕方のないこととして―歌い過ぎと言われるかもしれないが、私はそこがいいとさえ…。そして、上手いし、きちんとしているし…。CDが欲しくなった。
知らないものがたくさんあって、知ることがおもしろくて、これからも無知を楽しもう。

◯新聞「声」欄の内田康夫  6/9
有名作家の投書で私が気がついたのは、早乙女勝元―東京大空襲の前後か当日に2回出たと記憶―と、日付は忘れたが森村誠一。そこへ今日、内田康夫の投書が載った。「押しつけではなかった憲法」(毎日)。
安保法制は憲法違反との記事を読み、日本の良識は健在だと胸をなでおろした読者は多かったに違いないと始まる短文。

氏はいま同紙に小説を連載している。それまで私は読んだことがなかったし、読むつもりもなかったが、購読新聞だからと読み始めたらとてもおもしろいので、ときどきは切り抜いている。その「孤道」は今日で150回。古代の天皇のものらしい墓の発掘が描かれていて、なかなかに読ませる。

◯回転寿司で定例ランチ会  6/11
話題は、まずは一家4人が死んだ自動車衝突事故。私は新聞報道だけしか知らないが、酔っ払い運転だったようで、――言葉がない。

まぐろ尽くしとか貝尽くしとかのセットものや個別の注文で今回は高価なものが多かった。旨かった。半額サービスのビールを3杯飲んでいい気持ち。

早く起き、洗濯してから衣替え。和室の押し入れと寝室のクローゼットと書斎の押し入れを何回か出入りして夏冬物の入れ替え。部屋を掃除してから生協に行き、60歳以上5%引きで配達料も半額の100円なので、米、ビール、日本酒、牛乳、野菜など大量に買い込んだ。

いっぱい機嫌で戻ったら、やはり疲れが出て、しばし椅子寝。

◯新聞遊び  6/5〜6/11
安倍政権は後日、子どもたちにも笑われることになるのではないか。あの理屈は無理で苦しいのを通り越して、物笑いの種になってしまうのではないか。捻じ曲げるにも限度があるもので、いくら柔軟だからといって、たとえば細い青竹にしても、180度に近いところまで曲げれば、反発して戻るか、ぐしゃっと折れてしまう。
無理やりの言い逃れは、呆れられ、笑われるところまで行く。それでもまじめな顔で突っ張れば、聞くほうは鼻白む。分かる子どもは笑い出す。―笑いの問題ではないが!!

これまでの政治家同士の質疑・論戦だったら、ほかの法案と同じで、多数決で決められてしまうだろうが、今度は(学者の)論理で来られ、どちらも勝手がちがった。まだ、もちろん、強引に持って行かれるおそれはあるが、どうなろうとこれは「笑い種国会」として記憶されるにちがいない。あんな理屈で…と。
                     北斎「鰻登り」→


あちこちの新聞を読んで、私は政権側の論理は負けと思った。しかし、政治は論理で動くわけではない。窮鼠みたいになって、どんな手を出してくるか分からない。数をたのんであっさり採決してしまうかもしれない。

とりあえずは幾つかの新聞をみているが(パソコンも含めて)、ここでは見出しだけ並べてみよう(雑誌『世界』7月号の特集は「戦争立法を問う」だが3学者の違憲意見以前で残念)。

共同通信  「集団的自衛権行使容認の根拠となるのか」砂川判決、今なぜ?
      主張唐突、疑問相次ぐ

東京新聞  安保法案 根拠乏しき「合憲」 政府見解「砂川判決」を拡大解釈      
      安保法制 説得力欠く「合憲」見解

北海道新聞 新安保法制 法案の正当性 違憲を合憲と言う無理

毎日新聞  安保法案「違憲論」高まる 憲法学者「政府見解新味ない」
      逆立ちした政府の理屈 「違憲の波紋」
      憲法学者 批判続々 安保法制に不信感 「立憲主義の危機」シンポに1400人
      根本的な矛盾あらわに 「違憲法案」見解
      やはり「違憲法案」だ 政府の反論書
      憲法解釈 政府守勢 集団的自衛権
      野党「いいところ取り」批判 砂川事件判決

朝日新聞  崩れゆく論議の土台 「違憲」法制
      安保法制 問われる根幹 野党「違憲性」を追及
      違憲との疑義に答えよ 安保法制
      「違憲」批判に衝撃 政府・与党「影響は大きい」
      また砂川とは驚きだ 「違憲」法制
      違憲に反論 ほころび 政府再び「砂川判決」
      「違憲論封じ」政権躍起 野党は追及 自民党内でも応酬

読売新聞については、世論調査結果だけ略紀しよう。

内閣支持      支持率 53%  前回58%
安保法制の成立   反対  59%  前回48%  賛成30% 前回34%
安保法制の整備   賛成  40%  前回46%  反対48% 前回41%
                                    おわり
             Topへ戻る