函館  美原だより
15-05-24(2015年 第34号) 
   
◯朝の影絵  5/24
毒々しいほど赤い太陽が、トイレから戻るともう黄味を帯びて眩くなっている。
踏ん切り悪く、またベッドに横たわる。
陽光が奥の壁まで届いている。腕を上げ手を拡げると影が映った。
子どものころを思って、あれこれ動かした。
狐と狸が化かし合っているシーンはむずかしい。キツネが立派過ぎる。
耳の立ったキツネと耳を折ったウサギが向き合った。
犬の面相はきつい。忠犬にはなってくれない。女は現われなかった。
万年青の新株が出てきた。それを囲む親株の葉の切っ先は鋭い。
冬のイチョウ並木。心齋橋筋のようにはならない。北大のポプラ並木か。10本並ばせて雑木林。
 
◯日曜日朝の新聞遊び  5/24
「ことし82歳を迎える私の父が運転免許証を返納するかどうか迷っている。視界は狭く、耳鳴りもつらい。だがもし返納してしまうと、足はバスしかない。バス停は遠く、日に7便…」―「日曜に想う」朝日
足は私のほうが少しマシか、冬は似たようなものか。

学者の対談を読んでの私の感想。「長谷部・杉田 考×論」朝日
「論理を壊し、日本語を壊し、憲法を壊し、日本国を壊そうとする、まれに見る乱暴な破壊者。たとえば 「平和は戦争である」「戦争は平和である」」。

これは東京新聞―。
「…政権は「安全保障法制」と呼んでいた一連の法案を、突然「平和安全法制」と呼び始めた誰が何のために言い換えたのか。防衛相に尋ねても「誰が名付けたのか、私も確認していない」。重大な法案をどう呼ぶかについてさえ情報が共有されぬようなチームワークで危機的な事態に対処できるのかと、ふと不安が首をもたげる安全保障は略して安保。平和安全を略せば平安。海外での武力行使に道を開くことになる法制を「平和安全」と呼べば、論議も平安に進むだろう。そう考えての言い換えだとしたら、国会も世論も随分と甘くみられたものだ。」―筆洗 5/23 

「…その隙に乗じて安倍晋三的な言説が国を戦争領域に誘い込む。『フクシマはアンダーコントロール』と…言った時にはシンゾーが止まるかと思った。…むかし少女たちはずうずうしい人のことを『心臓ね』と言ったものだが。」―池澤夏樹。書評から。朝日

「昔々あの星に/悧巧な猿が住んでいた」―三好達治の詩から。「天声人語」。

人間は「動物たちからは尊敬もされていないし、虫から見ればお前たちのほうがよっぽど変な形をしていると思われている」―脚本家・大森美香。朝日

「…地球上のものとは思えない造形感覚と恐ろしさとねじれた笑いで陶然とさせる」(画家・ボスの「快楽の園」について)―書評から。朝日。

台所に現われる蟻に「…庭から遠いでしょうに。一匹一匹来るアリに、毎朝、『帰れるの?』と聞きます。こうしていると、アリ一匹も潰せなくなります」「大切なのは小さな日常です」―中村桂子の対談から。5/23 毎日 

長田弘は「平和とは、日常を取り戻すことです」と言っていた―死の2日前のインタビュー 毎日

長田弘全詩集の書評から
「人生は何で測るのか。/本で測る。一冊の本で測る。/おなじ本を、読み返すことで測る。…」
私は氏の死の直前に出たこの全詩集が欲しいが、6480円。安いけど買えない! というところ。朝日

(私の鈍くなった勘で言うのだが、朝日の腰が伸びてきたか、切り抜きが増えた。読書面もよくなった)

戦時下の暮らし―千の証言から。
学童疎開の体験者―「『口に入れば何でもいいという状態でした。物心ついたときから常にお腹をすかせていました』『お手玉の中の小豆や…ヘビやカエルも口にした』」―毎日
私は炭のかけら、歯磨き粉、絵具などを食べた。

「必ず隠し包丁を」―おかず彩菜
「手羽先には必ず隠し包丁を入れてください。まず骨に沿って切り込みを入れ、更に関節の軟骨に包丁の切っ先を入れて骨を切り離します。骨を切り離すことで、手羽先からだしが出やすくなるうえ、肉の骨離れがよくなり…」―毎日
よし、今度やってみよう。

「藤田嗣治の」戦争画『アッツ島玉砕』は、戦場の悲惨を描いて鬼気迫るものがある。…戦後、戦争犯罪人と指弾されるのだが、よく見れば、むしろ反戦、厭戦の絵ではないか。鎮魂の思いが込められた宗教画…」―川本三郎の書評から 毎日
私がいま一番興味をもち気にしている日本の画家は藤田嗣治。3/29の道新書評欄には「藤田嗣治とは誰か 矢内みどり」があった。
                        おわり
            TOPへ戻る