17-07-19(2017年 第4号 通巻136号)    
17日、猛暑日に新宿へ行き映画を見た。祝日ということもあって、場所によっては歩きにくい人出で、どこも相当な混雑ぶり。息を吸うことは熱い空気を口から呼び込むことだった。しかし、吸わないわけにいかない。続けるとくらくらするほどだが、武蔵野館から東急ハンズへ、それから伊勢丹など、炎天下の地上を少し歩いた。

稲城だより前号(7/15,34号)で、新聞遊びはしない、民進党が壊れそうになるまで、と書いたが、7/19の朝日に「分・解党論」が出たとあり、早晩遊べるようになるかも。一時とはいえ政権を握った野党第一党がいまや民意から最も離れている滑稽さをおちょくらなくちゃ…。それまでは雑誌遊び!!

雑誌遊び
「世界」8月号から
★ダニエル・バレンボイムのインタビュー 
アルゲリッチと同じアルゼンチン出身でピアノの協演もし、オケの音楽監督、指揮者でもあるイスラエル育ちのバレンボイムの天才・多才ぶりを、器用すぎるなどと軽く見ていたのが恥ずかしくなる発言を読んだ。

昨年はベルリンに「バレンボイム・サイード・アカデミー」がオープンした。今年は「ピエール・ブーレーズ・ザール」(ホール)がベルリンにオープンした。彼の力があってのこと。

政治にも真正面から関わり、政治的に動ける数少ない音楽家でもあるから、上記アカデミーもホールも実現できた。
彼はまた、イスラエルとパレスチナ問題についてもこのインタビューで大いに語っている。

イスラエルとパレスチナ問題は、私には分からない。はじめからお手上げ。「解決」など永遠にないのではないかと思っている。
ところが深く考えている人がいるのだ。政治家の対症療法(姑息療法)は、ときどきの力関係によるから、おざなりに了るのがオチと思っていた。ところが政治家でないバレンボイムはより深く考えていて、私は初めて「問題の所在」と「解決の方向」を彼に教えてもらった。
詳しくは説明しない・できないから、氏の言葉を引用するが、前後関係がないので、意味が伝わるかどうか…。

「グローバリズムとナショナリズムでなく、ユニバーサリズムとパトリオディズム」とすべき。グローバル化は統合ではなく制限すること。ナショナリズムは自分の関心が第一だからアメリカ・ファースト、世界に冠たるドイツなどとなる。それは「まずは自分、それから他を見てやろうではないか」という意味で、共通性があるという。「どちらも危険です」「言葉の誤解から始まっている」。

「イスラエル政府に同調しないイスラエル人は、パレスチナ人を含め、唯一の希望です」。

「ユダヤ人はそこに来る権利はあるが、彼らに出ていけと要求することなどできません。これはイスラエル創設時からの大きな誤りでした」。

「殺されたパレスチナ人にシンパシーを抱くことをイスラエル人に期待すべきではない。同様に、ガザからのロケット弾の犠牲者に共感することをパレスチナ人に求めるべきではない」。

「カタストロフィは切迫していないかもしれませんが、不可避の状態です」。
そうかと納得。初めて知った実際、実情、具体的な意見だった。

「世界」8月号には、長期連載中の「片山善博の日本を診る(93回)」の見出しが「安倍一強政権のもとで壊れゆくもの」と「壊れ」があり、壊れるものは民進党だけではないと分かるが、省略しよう。(氏は7/19付朝日新聞に「説明責任」についても書いている―痛烈)

ここでも一つ短く追記しておくと、寺島実郎の「脳力のレッスン」の中で引用された米外交専門誌の中の一行。「安倍外交が、政治リスクの高いプーチンやトランプのような反リベラルを掲げる権威主義的指導者に接近することを、他に選択肢のないプラグマティズムと信じているようだが、いずれ歴史の間違った側に立つことになる」。

★「図書」8月号から
☆作家と胃弱 
阿部公彦
「『雪国』は何度読んでも分からないと佐藤(正午。作家―阿部注)は首をかしげる。どこがわからないのか。筋はごく単純で、登場人物も少ない。難解な文章でもない。でも、主人公の島村が『無為徒食で、酒を飲まず、小太りで、妻子持ち』という設定がどうしても解せないという。せめて島村が独身だったり、酒飲みだったり、会社員だったりして、一つでも異なる要素があれば違う。…なるほどと思う。いかにも胃弱者らしい見方ではないか。…この消化不良な感じ…」。

あの設定に違和感を感じる人はいよう。私もその一人だが、特に「酒を飲まず、小太り」(確認していないが)辺りが何かずれた人物像をつくると思う。しかし、胃弱だから分らないのだろうか。ヘンなことを言う筆者だと思った。「雪国」は分かるし、その他いろいろの要素から言って、名作だと思う、私は。

☆サイエンスの視点、アートの視点 齋藤亜矢
連載第1回だが、これからも「!」と「?」(何と読めばいいか。短く読みたい)について語りたいという。
「大胆に一般化するならば、サイエンスは『!』を『?』に変えて、その答えを追求していくもの、いっぽうのアートは『!』をかたちや音に表現していくもの」「『!』を感じるには少しだけ頭をゆるめておく必要がある。はじめから知った気でいたり、頭でっかちに接していたりすると『!』は湧いてこない。頭よりからだを通して感じるようにすると『!』に出会えるように思う。それはアートに対峙するときも同じかもしれない…」。

「本の旅人」6月号から
☆「FAKEな平成史(第5回)」森達也 
北京から平壤へ向かう機内は半分以上がヨーロッパからの観光客だということにおどろく筆者が言う。
「考えれば当たり前だ。北朝鮮と国交のある国の数は151カ国(2014/4)。つまり世界のほぼ八割だ」「ところが日本の報道だけに接していると、北朝鮮は世界から孤立しているように思ってしまう…」。

筆者はそれから日航機ハイジャック事件(1970年)の犯人らに会いに行く。
空港で歓迎され、彼らの住んでいる日本人村へ。「入り口には衛兵が立っていた。
1週間、寝食を共にする。ただ、訪朝の主目的が異なるので(訪問者6人)筆者は脇役の形だが、質問をする機会があったので彼らに質した―。
@この国の政治体制をどう評価しているかA権力の世襲に違和感はないかB情報の統制に国民に不満はないのかの3点。
答えは腑に落ちないが、筆者は無理もないのかなと同情する。

焼き肉を食べに行く。物資が豊かになった、停電もないなどと日本住民。その一人はパリで知り合った女と結婚し、子は朝鮮人として朝鮮名で入学した話も出る。
帰国してからはメールでの質疑応答もあるが、中でも情報統制については意見が合わないまま。

温水プールやアミューズメントパークに行く。正面ドアが開くといきなり人民服を着たカーネル・サンダースが笑っている。等身大の金正日のフィギュア。筆者は戦中の日本の御真影のことを思う。
遊園地に行く。サーカスは観客席の8割近くが軍服だったetc. 以下略。
この長編連載はいずれ単行本になって出版されると思う。ご興味のある方はそちらを。
私は北朝鮮のことを知らなさすぎる。私が特別なのだろうか。 おわり
             TOPへ戻る