17-04-21(2017年 第2号 通巻134号)  
PressPlay (新聞遊び)
東京都稲城市の選挙区割り 4/20
私の住む稲城市が有名になったか。
人口89,344人(2017/4/1現在 含外国人)のうち57,806人(64.7%)が22区、31,538人が21区となる案だとか(阿部の単純計算)。この22区が衆院の一票の格差1.999倍で、あたかも合憲のようなムード。
こんな小さい市を割ってどうするの。既得権という離したくないものの都合がある。数合わせのために無茶をする。1強多数という数がモノを言いそうな成り行き。おそろしいまでの欲。

中国人に好かれない日本
中国人観光客がやたらに多い感じがする。銀座もそうだが、京都もそうだった。これはもう全国的のよう。ところが、彼ら彼女らと日本人とがしゃべっているところを、私は見たことがない。路上にしろ、デパートの中にしろ、ビアホールにしろ…。見た記憶といえば、道などを訊かれ、指を指して教えている場面くらいしかない。中国語になじみがなく、通じないからだろうか。グループで移動したり、予め調べて来て、その範囲で行動しているからだろうか。それもあるが、私は日本人が中国人を批判的に見ているせいもあると思う。マナーの悪さをあげつらっている人がいる。しかし、もっと大事なことは、どちらも相手を避けているからではないか、というのが私の見方。しかも、どちらにも、もやっとした軽蔑の念が入っている感じ…。戦争の影。加害と被害。未完の始末。

1942年4月18日、最初の本土空襲で超低空飛行したB25の副操縦士が101歳で存命で、旧知の日本人と話した記事の中に、彼は日本人知人にこう言ったとある。「日本は中国人にあまり好かれていないと感じた。だいじょうぶか」。その日本人はこう答える。「同感だった…日本はアジアとの和解に進むべきだと強く思う。国が戦争はしても、努力すれば和解は必ずできる」と(4/17 毎日夕刊)。
要所を衝く言葉だろう。

天皇の言葉
「真実に生きる 自らの言葉と歩む天皇」蟻川恒正(4/20 コラム「憲法季評」朝日 )
いい論評だった。1975年沖縄初訪問で、火炎瓶を投げつけられたその夜、皇太子時代の天皇は異例の談話を発表した。
「払われた多くの尊い犠牲は、一時の行為や言葉によってあがなわれるものではなく、人びとが長い年月をかけて、これを記憶し、一人ひとり深い内省の中にあって、この地に心を寄せ続けていくことをおいて考えられません」。そして、この論者はこう言う「…絞り出すようにして出したその答えにふさわしく生きることが『真実に生きる』ことであった…」。水俣初訪問のときの、事前に用意された「おことば」ではない「自らの思いを述べた」「言葉」も引用されているが、省略。
考え抜かれた言葉で、大方の政治家のレベルを超えていよう。

棟方志功のコピー
カラーコピーにすり替わっていたというから、何とも愉快、と言ってはいけないか。昔から彼の作品は偽物が多いので有名。本物か模写か「見極められる批評家など、一人もいやしない」と言うのは、名画贋作者(4/19 天声人語)。いまは模写でなくカラーコピーの時代。一段と本物化するから、私などそれで間に合うと思う。
一方には「金塊5㌔窃盗 実はレプリカ」という愉快な事件も。
上記天声人語には「偽物と気づいた担当者の動揺がありありと目に浮かぶ」とあったが、こちらは泥棒の動揺が、笑いながら想像できる! どちらも逃げおおせるか…。警察も、ご苦労なこっちゃ。

文部科学省先輩証 ○○様
教育勅語と道徳教科書と、「パン屋」から「お菓子屋」へでも頑張っている文科省が、天下りの温床になると判断して廃止したという(4/20 写真入りは毎日)。入り口で見せるだけで省内出入り自由という便宜供与。官庁というシンクタンクだけあってよく考えるもの。

新語―私にとっての
☆パノプティコン―権力による社会の管理・統制システム
☆SDGs―持続可能な開発目標

古くなったが―
「虚子がうなった漱石の閃き」
見出しに「うなった」とあるので目についた(4/1 朝日)。
「共作した俳体詩」とあるから連歌ではなさそう(私には意味不明)だが、俳句として、単に並べて較べても、断然漱石が上と思える。

女郎花女は尼になりにけり  虚子
弦の切れたる琴に音も無く  漱石

天蓋のつづれ錦の帯裁ちて  虚子
歌に詠みたる砧もぞ打つ   漱石

虚子も分かっていて、漱石の「狂想乱調縦横奔逸収拾すべからざるものがあるのにひそかに驚いた」という。どちらも見事。
(独り言)
★白湯
川崎街道の騒音はあっても、葉桜に来る鳥の鳴き声はよく聞こえる。名前はすぐ忘れるので憶えないことにした。すべてただ鳥とだけ―。
前方はビルやマンションが視界を妨げるのでサマにならない。上方の空を見る。右手遙かに丘陵の緑と遊園地の観覧車が見える。
両手を広げて背伸びする。陽の当たるベランダはのどかな春の舞台。
2鉢の黒松が芽を伸ばしてきたが、育て方を知らないのでまだ何もしていない。伸びる勢いを頼もしく見ているだけ。
机に向い、首を左に向けると外が見える。右側に茶碗を置く。
コーヒーもお茶も飲むが、白湯で済ますことがある。五木寛之の「親鸞」に出てきた。親鸞が、寒いときは茶碗を両手で囲んで暖をとりながらゆっくり飲む。簡単でいい。

包丁で足の指を切る 
まな板に包丁を乗せたまま皿のものをテーブルに運ぼうと振り返ったとき、包丁が足元に落ちた。たまたま刃が左足の親指に落ちたので切ってしまった。出血が止まりにくい薬を常用しているので、軟膏を塗り、絆創膏を貼り、包帯を巻いた。フローリングに点々と血がついたが、たいしたことはない。晩酌に定量のビールと酒を飲んだ。
翌日は靴が履けないので外出を控えた。すぐ治った。

野菜を干す
茹でた青野菜を笊に並べて数時間干すことを憶えた。完全乾燥でなく、生乾きにしている。小さくなるからたくさん食べられる。自然の甘味が増すようだ。お浸しにして食べる。味噌汁に放してもいい。少しは保存がきく。

ふきんを焼く
ガスを消したつもりだったが、そばに乾いたふきんがあり、火が移った。鍋がかかっていたのでしばらくは気がつかなかったが、煙が出てきて、ガスコンロが明るくなった。別のふきんで押さえたが、それも焦げてきたので、洗い桶に投げ込んで消火。些細なことだが、ドジが増えてきた。  おわり
             TOPへ戻る