17-03-11(2017年 第1号 通巻133号) 
PressPlay  このロゴは「新聞遊び」のコラム用。play with press.

このところ特に、新聞がつまらなくておもしろい。

性犯罪
女子中学生にエアガンを撃ち込み、捕まった24才が「当たって痛がる様子が楽しいから」と言った(2/5 毎日)。これは性犯罪ではないが、一方、「女性が嫌がったり、困ったりする姿が見たかったと、スカートの中に手を入れ、強制わいせつ致傷で捕まった21才もいる(要旨 3/1 朝日)。後者は前者に影響を受けた性犯罪かもしれない。

それにしても、これまでの「強姦」とはちがうよう。代えていま「強制性交等罪」というケッタイな名が提案されている(発音の終わりは「東西」になる)が、この事件は性交が目的ではなさそう。私には行為そのものがケッタイに思われる。それに対し、一方には…

「20才前後の女性とのデートや性行為が生きがいで食事や運動などに気を配る86才男性の存在には驚いた」(書評「セックスと超高齢者社会」3/1毎日)。…という御仁も。

また、鹿児島市で強姦罪に問われ高裁まで争い、4年後「逆転無罪判決」を勝ち取った(高検が上告断念)23才の青年もいる。県警は証拠隠し(の可能性)とまで、裁判長に言われた(2016/1/27 毎日)。

「電車内の痴漢事件 無罪判決」。真犯人を捕まえるのはむずかしいよう。幾つもあるケースの1つ(3/10 朝日 毎日―下着に手を入れ触ったと)。

また、福岡県警で「同僚にわいせつ 2警官書類送検」され、翌日の記事には、2警官が在宅起訴され、5人が処分されたと出た。「羽交い絞めにしたり覆いかぶさったりしながら、女性の体を触るなど…」「背後から押さえつけたり上から覆いかぶさったりして…」と。翌日は「○○が羽交い絞めにし、○○が覆いかぶさって、2人で3分間にわたって体を無理やり触るなど」と氏名入り。そして具体的で分かりやすかった!(3/2、3/3 朝日、毎日)。


 芸術かわいせつか時に論あるも〈藝〉と〈褻〉とがそも似たり  朝日歌壇 3/6

若者の性体験の貧化!?夫婦間セックスの弱化!?とか、言葉はまずいが、1部の現象なのか趨勢なのか―ま、どうでもいいや、もう…

笑ってしまったのがテレビの連続ドラマのタイトルが変えられたというニュース。「サヨナラ、きりたんぽ」がどう変わるかはまだ知らない(3/10現在)。経過はNHKニュースによると以下のよう(3/9)。
―ドラマは、主人公の女性が自分を裏切った男性を「成敗する」という内容で、主人公について「平成の阿部定に!?」として、戦前、女が男を殺害し、その下腹部を切り取った「阿部定事件」を思い起こさせる記述があり、これについて秋田県は、秋田の特産品きりたんぽが不適切に扱われているとして番組タイトルの変更を申し入れた―。このタイトルを洒落たアイデアと思って付けた人、賛成した人がいたろう、と想像して笑った。いまにぎやかな安倍夫妻でないほうの、私の「阿部」。

高齢者の詩歌 なんか―やっぱり、寂しいなぁ
  熱々のコロッケおかずにコンビニで缶チューハイを飲むのも一人 毎日歌壇 3/6
  八十をそれぞれ超ゆる友らとの会は白昼の居酒屋となる      〃
  とぼとぼと小さな漁村のスーパーを出る老人の手にカップ麺    〃
  探梅やリュックの中のワンカップ               毎日俳壇

高齢者はたくさん金を持っているという統計数字があるが、持っていない老人もいる。

必要でもしないこと
死ぬために、というか、死ぬ前にしておくべきことがいっぱいあることは重々承知しているが、どうしてか、できない、という人が多い、と思っている。災害についても、どうしてか、同じ。もっとずっと前から、というのもある―モノの整理。
「長期在宅避難に備えて」の記事にも感心したが、読んでも買うかどうかまだ決められないモノがある。簡易トイレとランタン。モノを増やさない哲学との関係が…(3/9 毎日)。

真っ当な行動
国政に影響ある人、例えば新旧総理大臣、元都知事、諸々大臣などの言動については、中には真っ当な批判もあるから置いておいて、現今(大きく出た)唯一真っ当な言葉と行動をなさっているのは天皇・皇后両陛下ではないか。
ベトナム訪問について「埋もれた歴史 光当てる旅」は、含蓄ある、皮肉ともとれる見出しだった(3/4 朝日)。

日銀人事が記事に
ベタだが珍しく記事になった。ポスト黒田の政策立案も引き継いでいく人事だとした。日経と朝日ではニュアンスが異なるが。
一方で、同日、日銀出身論者が日銀の政策を批判していた。大きい見出しは「放漫財政 日銀の政策が拍車」(3/4 朝日)。

官僚人事は「人事局ができ、官邸主導が強まり、誰もが内閣人事局を見て戦々恐々としている」。エライサンは人事で揺れる。特殊法人の日銀も当然、と思う。「…胆力や気骨がない」(コラム 3/4 毎日)。

★世の中、私の頭の中では、あれよあれよの右急カーヴで追いつかない。猛スピードだし、雪崩うつような激しさだが、私一人でもなさそう。

マンガでは「中国軍が尖閣諸島に上陸、同時に与那国島と多良間島を急襲し占領、島民を人質にとって日本政府に尖閣の中国帰属を求める。自衛隊は新設の空母艦隊を軸に奪還を目指す。そんな設定」だという。記者は「とうとうこういう設定の漫画が出てくる時代になったか…」(コラム 3/1 朝日夕刊)。

哲学者・内山節
私は彼が好きで、目に触れる文章は少ないが、読むたび勉強させてもらっている。最近では「震災を語る」のインタビューを読んだ(特集ワイド 3/8 毎日)。見出しは「大きな時間幅で考えよ」。
やや長いが引用させてもらうと、

「『私たちの文明はこれでいいのだろうか』。そうした問いかけを続けてきた人にとっては震災が風化することはありません。…そのような疑問を抱き続けた人は、被災地のためにと起こした行動や考え方を、今、自分自身に向けているのです」「『大きな時間の幅で考える人』は、家族やコミュニティ、自然などをどう維持、継承させていくかを意識する。築き上げてきた生活が瞬時に瓦解したあの日は、彼らにとって社会や経済のシステムの限界が示され日でもあるだけに、震災は風化しない。
これに対して『短い時間の幅で考える人』は、復興は『災害処理』に過ぎず、時間が経過すれば記憶は風化してしまう」「政界は…解を見つけられない…経済界は目先の利益だけに目を奪われている…」「今をうまく過ごせればいい―。そんな…代表例が原発」で「原発が動いているということ自体が必要なのです。…再稼働は目先の経済的利益の方が大事ということにほかならない」。

一般に、長い目で「見る」ということだろうが、より具体的にし、「考える」を加えたのだと思う。政官財がこぞって先を考えない方向にあることは、私たちにも分かっている。それをどうするかだ。

氏の著作集全15巻が完成。時間を作って図書館で! 読みたいと思ってるが…。
しかし、その前に読みたいのは、読むにちがいないのは、ハルキの「騎士団長殺し」だろう。プロの書評がぞろぞろ出てきた。次元のちがう話か。明日は「3.11」。今日は東京大空襲72年の日。

 (このコラムはパソコンから得るNHKニュースやFM放送なども含めることにします)

     *****     *****     *****     *****
ひねもすひねくれひとりごつ   このロゴは「ひねもす、ひねくれ、ひとりごつ」と読む。独り言のこと。

豆腐3態
弁天通り商店街の、昔ながらの製造販売豆腐店に行く。老夫婦でやっている。お天気の話をする。
豆腐は冷水の中から取り出す。厚揚げはいま作っているから少し待ってと言われることがある。がんもどきとこんにゃくも買う。水曜日は各品10円引き。4品で730円。

湯豆腐の旨いこと。カセットコンロに土鍋を乗せ、時間をかけて飲みながら食べる。
厚揚げはちくわと煮る。がんもどきも煮る。これを豆腐3態と称している。
こんにゃくはフライパンでちょっと水分を取ってから甘辛く煮る。唐辛子をたっぷり。これらで3、4日分のおかずになる。簡単・単純料理で何とかやっている。

前歯が欠けた
定期検査で歯科医へ。「上下とも酷使していますね、それが一番の特徴」と、言いにくそうに言ってくれた。そして、ちょっと整えましょうと。何かを詰めてくれた。以来、なるべく前歯を使わないようにしているが、意外に前歯で噛んでいたのが分かる―気がつけばいまも前歯で固焼き煎餅をかじっている。
フランスパンを小さくしてゆっくり口に放り入れるのは皓歯を保つためだったか。テーブルマナーがでたらめになっている。
蕎麦うどんのときはどうする!? スパゲッティ風に食べるか。まさか。

高齢者のファッション
声を出して笑ってしまった。国営昭和記念公園へ行ったとき―(稲城だよりNO.12参照)。
男はハンチング、リュックに、望遠レンズ付きカメラ。後ろから白髪が見える。
女は登山帽にパンツ、リュックまたはポシェットに、望遠レンズ付きカメラ。
どちらも長いレンズを前にぶら下げている。よくも揃ったもの。そして私も同じなのであった。これだとレンズの長さを競うすることになる。私はたった150ミリの短い品。

自分を励ます
ルーセルの「フルートを吹く人たち」を聴いた。はっきりした曲。交響曲3番もカッキリというか、明確・画然としていて、すっきりする音楽だった。初めて聴く音楽でも楽しめるのがいいところと自分を励ましている。
この「自分を励ます」を「自励」という言葉にできないだろうか。
「自励振動」「自励系」などの機械用語はある。それしかないらしい(広辞苑にはない)。
数式にすると、「微分方程式系で の形で表すことができる系である。ここで x はベクトル、tは時間を表す」(ウィキペディア)となると、私にはチンプンカンプン。

例えば、気落ちしているとき「自励」するとか、ここ一番というとき「自励させて」などとも使いたいのだが…。

⦿読者のお便り 映画「沈黙」について。
…(或る)神父は言いました。『あの本で、ロドリゴに像を踏ませたのは間違いです。あり得ません。これについては、遠藤さんに生前、幾度か言いました。神父が、情に流れて信仰に背くことはあり得ません。これは遠藤さんの日本人作家としての心情吐露でしょう』と(小生の記憶)。私は、クリスチャンではなく、イエズス会にも少ししか知識はありませんでしたが、その信念、信仰の厳しさをつくづく思い知りました」。
                                  おわり
              TOPへ戻る