16-11-04(2016年 第13号 通巻132号)     
●床屋へ行った。歯医者とともにおっくうになる場所。ところが、ジーンズにジャンパー姿だったのに、床屋さんがカッコイイという。ええっ、こんな格好で?  いえ、なかなかおしゃれです。帰りにもまた同じことを言われた。キョトン。―ようやく見つけたいい床屋さんの2度目のとき(11/2)。

●次は歯医者。歩いて100㍍足らずのところに新規開院した医院へ行った。入れ歯の調整(または新調)と手入れ。そこでは若いと言われた。受付の女性だけでなく院長にも。ハハ。照れるなぁ(11/4)。


⦿「戦争まで―歴史を決めた交渉と日本の失敗」加藤陽子著
紹介するつもりで読んだ。随所にポストイットを貼り付け、メモを取りながら…。しかし、気が付くと夢中になっていて、先へ先へと行くばかり。熱くなるばかり。で、紹介は止めよう、となった。
知らないことが多過ぎる。しかもビビッドに書かれ(話され)、ドラマのような、いや、それ以上の劇的事実。史料を伴うから説得的。それらを知ると感情が高ぶるほど。書けば長くなるのであきらめた。

詳しく、しかも丁寧に説明してくれる。中高生相手の講義というのにもおどろく。
そして私はまったく何も知らない。あれよあれよ―。私は歴史の何を勉強したのだろう。ゼロ。歴史という授業科目がなかった時代、と言い訳してもしょうがない。その後もゼロだったから。これでは紹介する資格がない。

ほかの書評を紹介すれば足りるかもしれない。前著「それでも日本人は『戦争』を選んだ」を含めるとネット検索だけで厖大な量になる。いい評が多い。それを読むのもたいへんだが。
で、この項はここでストップし、次の「新聞遊び」で、本書中のエピソードを2つ紹介しよう。

①チャップリン「独裁者」撮影のエピソード(p225)

ホロコーストで虐殺されたユダヤ人の97%はドイツ以外(国家消滅地域=ポーランド・バルト3国)にいた(約半数は公衆の面前で殺害)。現シリアの市民大量死も(P229)

⦿新聞遊び
チャップリン「独裁者」撮影のエピソードのところを紹介すると、
「この映画の撮影開始は1939年9月、大戦勃発の直後でした…最後の仕上げということで、なんとなんと、チャップリンは、ドイツ軍のパリ入城の翌日、『独裁者』の演説シーンをパリで撮っているのです」「チャップリンは、ユダヤ人への迫害やナチズムにどう対抗しようかといったとき、非合法的手段に訴えるわけではありません。ヒトラーが行う演説の特徴を、誇張して真似する…独裁者をパロディにするのです」。

「当時ドイツに併合されていたオーストリア、ドイツとソ連によって分割され、国家が消滅したポーランド、ソ連が併合したバルト三国などの国家が消滅した地域でなにが起きていたか。ユダヤ人虐殺に関して、衝撃的なことを明らかにした本が…『ブラックアース』です」「この本が衝撃的なのは、我々の…ホロコーストの固定観念を、事実と史料から崩してくれるからです」「殺されたユダヤ人の97%は、当時のドイツ以外にいた…」「ここが舞台となるのは1943年から44年のことで、犠牲者の約半数は収容所ではなく、公衆の面前で殺されていた…。問題は、国家という行政的なまとまりが地域から消滅させられていた場所で、ユダヤ人の虐殺がやすやすと進んだという点にあります」。現シリアの市民大量死も「国家がなきに等しい状態の地域において…市民の犠牲は既に47万人に達した…」。

加藤陽子の2著が私には衝撃的!!

その本「ブラックアース」を出典とする連載記事が、10月2日から朝日新聞夕刊に「黒い大地」のタイトルで始まっている。上のとおりのことが書かれている。それ以上に詳しいことがいまも。

☆「精神指定医89人取り消し」 10/27
「資格の不正取得証明」「厚労省99人不正認定」「甘い審査浮き彫り」「患者の人権に関わる資格でありながら、安直な方法で取得者を増やしてきた精神科医療界の倫理観の乏しさを物語る」「見逃してきた審査の甘さも浮き彫りになり、制度改革が急がれる」―朝日。

精神の病いは認知症だけではないが、昔から厄介と言えば厄介。暴力、徘徊、摂食、排便などどれ一つとっても治療・看護とも大ごと。それは想像がつく。しかし、だ。かつては町にも村にも馴染みと言っていいような頭の弱い人がうろついていた。山本周五郎のある小説は有名だろう。見かけなくなった今のほうがいいのかどうか、簡単には判断できない。

私は医療にしろ哲学にしろ、精神、意識、心、魂、気の字がつくだけで眉に唾をつける。否定するわけではないが、人間はそちらの方面については、ほとんど何も分かっていないと思っているから。

☆「考え込む日々」 近藤勝重「コラム しあわせのトンボ」 10/27 毎日夕刊
文末に「思う」「考える」と書くのは極力避けようと心がけている、と始まる。誤用することもある、とも。
私も同感(上の項の文末もそう)。使い分けの「解説」も全部に当てはまるとは言えないと思う―という具合に、ついまた使ってしまう。

☆「車内のマナーを」考えよう 11/1 声 毎日
17才の女子高生の投稿。「…時々、我が物顔で優先席に座りスマートフォンを使う人を見る。私たちは今一度、車内での守るべきマナーについて考えなければならないと思う」。
ここでは「考える」と「思う」が続いている!
なお、このシーンは「稲城だより」第52、53号にも書いている。3度引用すると「席譲る習慣ない都市大東京」。

☆晩酌 
緒方貞子(89)元国連難民高等弁務官・元JICA理事長の「人生の贈りもの 私の半生 第8回」から…。インタビュー。
―晩酌はされますか
―夕飯の時に飲むのはワインか日本酒ですね。何か飲まないと食事にならないもの。ジントニックも飲みます。米国の影響ですよ。二日酔いみたいなものはあまりないですね。
―どんな料理を作るんですか。
―食べられる程度のものです。
いいねぇ。飲まないと食事にならない、なんて。食べられる程度、もいい。

☆テーマ特集「ぶらり横丁」 ジパング倶楽部11月号
新聞ではないが、新宿西口「思い出横丁」のウナギの串焼き専門「カブト」が写真入りで出ていた。
「備長炭で焼き上げるのは、朝さばいて串打ちしたウナギ。まずは『一通り』1610円の注文を…」とあるが、私は一通りでは済まず追加する。

☆「身の危険感じ始めた民主主義」 朝日川柳 10/22
選評は「米で世界で」。いよいよ川柳にまで、と言っては柳人に叱られるか。
またコラム「経済観測」(10/27 毎日)の見出しは「民主主義の試練」―宮本雄二元駐日大使。
出だしは「民主主義がきしんでいる。社会に蓄積される不満を上手に吸収できていないことが原因のようだ」。収入減、格差拡大、相対的な社会的地位の低下があり、結果、「情緒的、非理性的な『世論』が増え」「自由主義的な市場経済に対する信認も低下」「現代の新たな挑戦を克服できるのか」etc.
私は「危機」と言う。危険にも試練も共通するだろう。

☆「生麦」「花月園前」 連載コラム「各駅停話」「京急本線」のうち。10/28、29 朝日
5歳から11歳まで住んでいたのが生麦町1546番地。5年生まで山の手側の東臺小学校へ通い、学童疎開で離れ、間もなく縁故疎開で仙台郊外へ移ったから、いまは縁がない。
買い物は生麦駅近くまで。よく1人で買いにやらされた(母が病弱)。手前の安養寺の上のほうに親友佐々木洋二君の家があり、ちょいちょい遊びに行った。
線路に近い魚屋や八百屋のことも覚えているが省略。それらの店を含め、辺りは強制疎開で次々に壊された。
生麦事件は長じて吉村昭の著書で詳しく知った。

花月園はその当時(大戦初期)の遊び場。悪童らと早朝こっそり入り込み、ロバに乗ったり、ゴーカートで走りまわったりした。見つかると慌てて鉄条網をくぐって逃げた。
お化け屋敷にも何度も入ったので正体が分かってしまい、初めての人を、ぎゃっと言わせたりした。ガキ大将だった。また、大相撲の巡業があり、お金がないので、遠方から見下ろした。横綱はたしか照国、男女ノ川、羽黒山。照国は色白で2段腹、男女ノ川は鈍いノッポ、羽黒山は色黒だった。

近くの総持寺でも遊んだ。池でエビガニを採った。ある大人は密かに池の大鯉を釣った。それを見ていた。菊の紋章の大きい壁があったと記憶。(これらは以前どこかに書いた)

☆同期生の「疎開」のエッセイ 千葉県鎌ヶ谷市生涯学習の機関誌から 9/26付
これも新聞ではないが、親友の巻頭エッセイを紹介したい。
「国民学校(現在の小学校)5年生。3年生の妹と未就学の弟と3人で疎開しました。馬鈴薯と薩摩芋の区別もできなかった子供が、殆んどの農作業を体験することになるのです。男たちが戦場に行き、農業の担い手の大きな部分を子どもたちが担うことになりました。早朝に駅へ新聞を受け取りに行き、近所に配達するのも子供たちの仕事。冬は山仕事。枯れ落ちた葉をさらう。広葉樹の葉は馬小屋に敷き堆肥に。針葉樹の葉は燃料に、と、熊手でさらい背負って帰ります。束の間の休み時間に、樹々を渡る風の音を聞き、陽だまりに寝転ぶ。静けさに包まれ、しばし、東京にいる両親を想ったことを甘酸っぱく思い出します。
昭和20年3月10日、東京大空襲。押上(現在スカイツリーのある近所)にいた両親と一番下の妹が焼け出され、まず母と妹が命からがら逃げてきました。父は何日か後、100㌔の道のりを自転車で帰ってきました、その姿を遠くから発見し、駆け寄ったことを覚えています。…私どものランドセルは紙製。戦後は軍からの払い下げ。戦闘帽、軍靴、雑嚢。今、つくづく平和のありがたさを噛み締めています」。

彼は栃木市郊外の私のいた隣りの村に縁故疎開し、私は戦後、いわゆる疎開崩れで縁故のない村に引っ越して来、たまたま同じ中学・高校に通うことになったわけ。それ以来70余年の付き合い(10/25付 第52号参照)

私も似たような体験をした。縁故疎開では田の代つくりで泥んこの田んぼで牛の鼻を取ったり、稲藁を切り刻んで馬の餌づくりをしたり、もみ殻で五右衛門風呂を沸かしたり、ヤギの乳しぼりなど。
川水を呼び込んだ洗い場は食器もおむつも洗顔も一緒。目の結膜炎になり、仙台市内の病院に通ったことも。
学童疎開と戦後の物資欠乏下の極貧生活はまた別の体験。省略。

 本の紹介
⦿「応仁の乱」池波正太郎(完本池波正太郎大成 24)
初めて読む作家、作品。梅安の食道楽だか料理人のことは薄々聞いていたが、読んだことはなかった。
この「応仁の乱」は義政が中心だが、庭師善阿弥が出てくる。如拙、雪舟が出てくる。関白一条兼良の図書館ほどの蔵書が灰燼に帰したときの後花園法皇の激怒ぶりが出てくる。が、政治は捨てた義政だった。
その後継ぎの問題から始まった戦乱がもたらしたのは「下剋上」の兆しか。今までと違う世の胎動。義尚の母日野冨子はそれを予見していただろうか。

この小説でこの乱を知ることは無理。私は描かれた人物の人柄を、そういうものかなと思っただけ。両軍の大将細川勝元、山名持豊と、いっときは後嗣とされた義政の弟義視など。

ついでに「自由奔放の天才画家・葛飾北斎」を読んだ。
働きながら勉強し「金が入ると絵筆、絵具を買い、残りはすべて女と酒にブチ込み、出来るかぎりうまいものを食った…」「このお栄という娘も、よくしたものて大へんな女であった。金が入ると、父の北斎と二人で、うまいものを食べ、酒を飲んでしまう」。

著者がうまいものが好きで酒を飲むからこう書いたようだ。内容はコラージュとでも言おうか、珍しくもないあれこれの知識を並べただけの短篇。つまらない。

⦿「井山、7冠陥落」「高尾10期ぶり名人」 11/4 毎日、朝日
囲碁名人戦に決着がついた。囲碁は烏鷺の争いともいう。カラスとサギ、黒と白。これと応仁の乱との関係―。

花田清輝の「日本のルネッサンス人」の章の一つは「カラスとサギ」。「烏鷺記」のこと。
氏は「烏鷺記」は「応仁の乱後に書かれ、作者は、いっぱんに、一条兼良であると言われているが、たしかなことはわからない」。中身は「応仁の乱から逃避して、囲碁に熱中していた作者が、自らの体験に即し、内乱の一部始終を、烏鷺の争いとして、たわむれに描きだしたものではないかといったような気がしてならないのだ」ともいう。―果たしてそうか、私は知らない。

一条兼良は上記池波正太郎のところで触れた「図書館ほどの蔵書が灰燼に帰した」その館主!
ドナルド・キーンは、「一条兼良の図書館が応仁の乱で焼けたのはよかったかもしれませんね。…もしも平安朝のものまで全部そのまま残っていたら、その後の新しい文学は生まれなかったかもしれないですよ」と言い、司馬遼太郎が「ははあ、それはおもしろいな」と応じた(対談「日本人と日本文化」)。
ついでに言えば、一条兼良は、私の好きな一休和尚に参禅している。

毎日のコラムに「烏鷺日和」がある。金沢盛栄(編集委員)の執筆。氏はアマ名人などで活躍し、編集委員になった。少し古いがその一部を紹介しよう。
「女性と囲碁の関わりは深く、奈良時代にまでさかのぼる。初出の史料は鎌倉時代の歴史物語『水鏡』。光仁天皇と皇后の対局の詳細な記述が見える。平安時代に入り、囲碁は宮廷を中心に栄え、「琴棋書画(きんきしょが)」の一つとして、女性のたしなみとされた。極めつきは、『源氏物語』の紫式部と『枕草子』の清少納言だろう。囲碁に関する詳しい記述から、2人とも相当な棋力と推察できる」(7月30日 毎日)。
                                   おわり
                TOPへ戻る