16-09-24(2016年 第12号 通巻131号)
     
一度で読める分量を超えたようです。遊びですからほどほどにお付き合いください。

涼しい。急にきた。どう考えたらいいのだろう。ラクに、自然に、か。
小鉢の黒松の伸びは放埓といった態。あれが自然か…盆栽にするのを止めようか。
物干し竿に吊した紐の吹き流しが風に弄ばれている。風は奔放。

 天然+人間=自然 ∴ 自然-天然=人間  
 ⇒(IT+IOT+iPs細胞+ロボット+ポケモンGO=VR>人間
 ∴天然+VR>自然! 自然-天然>人間!  ??(誤りを探してください)  9/17記
       ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~

 新聞遊び
●「民進党の体制転換に関心が持てない。重要政策をめぐる矛盾をえぐり、分裂覚悟で変える気迫に欠けるから。安倍政権を脅かす、いかなる可能性も感じられないからである。」(山田孝男「風知草」9/19 毎日)
 見放されている。私も幹事長人事のセンスのなさ一つにも呆れ返ったばかり。

民進党は「自民党に入れなかった人が民進党を作り、政治家になるために作ったような自民党の2軍に見えます。それなら1軍のほうがいいやとなりませんか」「党として原発反対を言えない。…労働組合、中でも電力総連の顔色をうかがっているからでしょう。民進党が再生できるか、原発問題は一つの踏み絵。国民の多くが願っていることを実現しようとしない政党に、期待はできません」(「野党 私の見方」城南信金相談役・吉原毅 9/7 朝日)
 私は転居以来、電気代の自動振替などは城南信金とした。

●「携帯用のコンパクトなホチキス(ステーブラー)が人気だ。最近は企業の経費節減策もあり、文具を自分で買うことが増えている。」(9/19 毎日)
 いいとこ企業の内部留保は増え続けている。そちらへ回ったか。

●腰痛には「腰みがき」―仰向けの状態で腰や背中、太ももの内側を伸ばすストレッチとおなかと背中の筋トレ。9/21 朝日
 ベッドでときどきやっているが、腰みがきという言葉は知らなかった。エロチックなことを考えた。
 米国の研究だが、施設入所の平均87歳の男女の下半身の筋トレを週3回、10週間続けたら筋力は約2倍にアップした、とも。(9/7 朝日)

●将棋の名人順位戦B1クラスの成績一覧で、元名人・現連盟会長の谷川浩二9段は0勝。久保9段は5勝。いずれプロ棋士全員がITに0勝となるのではないか。「三人寄れば文殊の知恵」の延長戦で…。(9/20 毎日夕刊)
 文殊と「もんじゅ」は大違い。「もんじゅ」のほうは亡者となって、なお「増殖」にしがみつくかもしれない。

●「椿寿=ちんじゅ」―長寿を表す…「荘子」に出てくる伝説の木「大椿」は極めて長命ということから。(9/19 毎日)
 私のニックネームの1つは「珍」。「珍寿」は83歳。

●「柳条湖事件85年 現地で記念式典」
「満州事変の発端となった1931年の柳条湖事件から85年の18日、事件が起きた中国遼寧省瀋陽市の「9.18歴史博物館」で記念式典が開かれ…副首相ら1000人が出席…」。(9/19 毎日)

 加藤陽子著「戦争まで-歴史を決めた交渉と日本の失敗」の2章は「リットン報告書を読む」と副題され、満州事変を扱っている。すこぶるおもしろく、大いに勉強させられる(まだ途中だが)。
「…満州事変は、日本の関東軍参謀、石原莞爾らによって2年前から周到に準備され…」満鉄の線路を「自ら爆破し、これを中国側の仕業だとして軍事行動を起こし…一挙に占領してしまいます…」とある。池澤夏樹の書評がまたいい(省略 9/4 毎日)。

●「鶏頭の十四五本もありぬべし」正岡子規
坪内稔典の評は「…ただそれだけの平凡な作ではないか。高く評価する人は、病者・子規の句として読むのだが、俳句は作者を排して読むべきだ、が私の持論である」と平凡な作説。9/18 毎日
 私も平凡な作に賛成。子規には凡作が多いと思っている。

●東京俳壇 東京新聞 9/18
「三四郎池に秋風ホロビルネ」 小沢實選 9/18 東京
 小説「三四郎」で「偉大なる暗闇」先生が言った「(日本は)亡びるね」を活かした句。

●「平和の俳句」 金子兜太・阿川佐和子選 東京
「受けて立つ不戦のこころ夕蜩」   9/18
 <阿川佐和子>作者の不動の覚悟と決意がはがきの筆の勢いにも表れていました。
 <金子兜太><耐える意志>が要る。平和を貫くためには。平和を見つめよ。

「平和の味確かめあっているキッス」 9/21
 <金子兜太>ひととき深き接吻のとき。平和の味までも確と感じ合って。
 <いとうせいこう>他人のキッスに腹を立てずにいられるには、この見方に限る。
 <阿川佐和子>キッスはいいですね。戦争も喧嘩(けんか)も愚痴も吹っ飛ぶぞ。 
                → 9/21 朝日埼玉版

●「…俳句は切字により沈黙を生み、宇宙大に空間を広げる。詩型を通し彼方から来る恩寵である」高橋睦郎句集「十年」より、孫引き。

 私は季語に代えてでもその「宇宙大の空間」を読み込んだらいいのに、と言いたいのだが…(稲城だより46号参照)。
        ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~

20日の最高気温は20.1℃だった。シャツ1枚では寒いのでスーツを着て出かけた。9月の昨年の平均気温22.6℃を下回る寒さ。5月の月中平均20.2℃に近いとでも言おうか。「検索」で遊ぶと瞬間的にはつまらないことを知る。

21日も涼しく、ジーンズに厚手の長袖シャツ。ブランチは煮込みうどん。ベーコン、油揚げ、ワカメ、ねぎ、その上に卵。副菜は作り置きのするめの醤油煮、昆布の砂糖醤油煮。満腹。食後寝も時間が長くなった。夜のベランダ宴会のシーズンは過ぎたか。
(19日、22.9℃、21日、23.2℃、22日、20.9℃―夜、床暖試運転)      9/23記 
        ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~            
●「蓮舫民進党新代表の、いわゆる二重国籍問題…結論を言えば、蓮舫氏を激しく批判するいくつかのネットや新聞の言説に正直、私はうんざりしている。…根底には純血主義や排外主義、民族差別意識があると感じるからだ」。(コラム「与良政談」 9/21夕 毎日)

●「蓮舫氏が自身の日本と台湾の『二重国籍』問題で説明が変わったことには約3分の2が『問題ではない』(66.5%)とした」(共同通信世論調査9/17、18)

二重国籍問題の発想の元は西欧では「君主制の名残」、日本では「天皇の臣民」だろう。今では「欧米を中心に半分くらいの国々が、法的に重国籍を容認している」「人々の国際移動や国際結婚が増え、人権擁護が重視されるようになったことが重国籍容認を促した」(要旨。「文化・文芸欄」9/20 毎日)

福原愛さんの台湾人との国際結婚の写真は爽やかだった。
中国とのコミュニケーション力が大きく、中国大陸の心を掴んだ。今度は台湾の心をつかむだろうとの話しもあった。(9/22 毎日コラム)


●「GDP水増しの流行」―「世界中の、とりわけ経済規模の大きい先進国などで…計算方法を変える」のが流行っている。研究開発費、麻薬取引き、売春、酒・たばこの密輸などで欧州連合公認。なぜなら加盟国の縛りに「財政赤字は自国のGDPの3%に抑えなければいけない」とあるから。とは言え「違法な取引を…含めたところで景気が上向き、人々の暮らしがよくなるわけではない」(9/21 毎日)
 安倍政権と経団連の600兆円も土俵を広げての風呂敷だったか…。

●安保法制成立から1年の9/20の社説(タイトル)は「まだ違憲のままだ」(朝日)「違憲性は拭い去れない」(東京)「現実的な議論をもっと」(毎日)。社会面の見出しは「廃止 あきらめない」「安保法制廃止諦めない」「『戦争する国反対』訴え続ける」。集会に参加した沖縄出身大学生は「自民の強さは何かと考えさせられた。…町内会の行事や祭りにまめに顔を出す。握手して回る。自分の体温を有権者に伝える戦術が僕らには足りなかった」。(天声人語 9/20)
 いい意見。

生前退位 以下は主として新聞の引用―テレビ・週刊誌等は無視
天皇の「お言葉」「お気持ち表明」以来、何人もの論者が出、さまざまな意見が出、議論が活発化している。論点はいくつもあり、論者のレベルもピンキリ。
議論を絞って「憲法と天皇と天皇制」に限ろう。(カッコが多いので読みにくいと思う) 

その前に付言すると、気になるのは大江健三郎が出てこないこと。私は重病を心配している。私が最後に目にしたのは2016-5-11付朝日の大江の講演記事。見出しは、加藤周一の「『天皇制を論ず』を引用 現憲法の大切さ訴え 論議を禁忌とする社会 気がかり」。記事の中には「これが最後の講演になると思う」とも。(それとも大作執筆中か…?)

さて、これら言説の中で私がいま一番注目しているのは長谷部恭男氏。あえてランク付けすればトップ。氏は「世界」10月号のインタビューにも応えているが、目配りがきいているうえに読みが深く、慎重かつ周到なので、他の論者の主張と比較しやすく、他の論者の至らない言説が浮き彫りになる効果もある。また、9/18日の鼎談(杉田敦・岩井克己―朝日皇室担当 朝日)でも、氏の意見が説得的で、私は○印が長谷部(以下すべて呼び捨て)、▽印が杉田、✕印が岩井だった。(○印の○がどうしても小さくなってしまいます)


大新聞各社の世論調査結果は、制度改正等による見直し、生前退位に賛成が80%乃至3分の2に上がるが、長谷部は「『ご高齢なので無理のない範囲で』というぐらいのことは考えるかもしれませんが、『まず憲法が出発点です』と天皇ご自身が言っていることをどれだけ踏まえているでしょうか…きちんと理解していないのではないかという気がする」と言っていて(やや古い調査結果)、世論調査にも疑問を突きつけている(私はこれら世論調査が次第に信用を失いつつあると思っている)。

最近私が紙上で読んだ論者の名前を列挙し○▽✕を点けると次のようである。
○長谷部恭男、三谷太一郎(宮内庁参与、東大名誉教授)、▽杉田敦、横田耕一(「世界」9月号にも論文)、保坂正康、加藤陽子、半藤一利、✕原武史(「世界」9月号にも論文)、北田暁大(東京大教授)。
加藤陽子は言及が少ないし(新聞2紙に限れば。余計ごとだけど、新著「戦争まで―歴史を決めた交渉と日本の失敗」を読み始め、夢中になりそうな気配―前述)、原武史は曖昧あやふやふらふら―他の業績は良い―し、半藤一利は専門がちがうようなので(木村草太も)等、このランク付け(新聞社説・コラム・記者を除く―山田孝男、松下秀雄などが書いている)は遊びのうちでも悪戯に属する…。
他には小熊英二が論壇時評で言及していた(見出しは、天皇と「公務」)。

次に、御厨貴に従って検討分野を整理してみよう。
1 理論的検討―公的行為、国事行為、皇室制度、女性・女系天皇、退位・譲位・摂政etc.

中には神話の「万世一系」を信じているような「日本会議」メンバーの閣僚とか(「閣僚が個別に勝手な発言をするのは、問題外(長谷部)」、官邸の「闇チーム」とか(「政権内部から摂政も考えられるなどという天皇のメッセージと違う意見が出てくるのも、大変おっちょこちょい(長谷部)」の言説もあるから要注意。

新聞記事があいまいなのか、発言者があいまいなのか知りようがないが(特に下線部分)、こんな記事がある。
男系派にとって「万世一系の皇統」は日本の根幹に関わる問題だ。「ジャーナリストの桜井よしこ氏は2月、憲法改正を求める集会で「『日本の国柄ってなんだろう』と問いかけ、こう述べた。『天照大神の子孫の神々様から始まり、神武天皇が即位なさって、神話が国になったのが日本だ。その中で皇室は重要な役割を果たしてきた』。」慎重というか狡猾というか。(「男系維持派 困惑」9/10毎日)

2 行政的検討
皇室典範―特措法、特別立法
マスコミは国民が決めると言いながら、「政府の怠慢」を指摘し、「政府の使命」を並べたりしてる。必要ではあるが、議論を与党に預けるようなところもある。

3 政治的検討―政権側の動き、野党の対処、民意の盛り上がり
政治家が欲得と駆け引きを込めてしゃべるからごちゃごちゃするだろうなぁ。議員たちの資質劣化は著しいし。
自民党憲法草案は、時代錯誤もいいところで、悪意的とも思える、とんでもない代物だが、まだ引っ込めていないらしい。この内閣の異常さは異常だ。
その他技術的課題―退位後の名称地位、院政、元号

論者は、はしょるとしても、このくらいのことは前提として考えたうえで論じてもらいたいと思う。
       ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇

「不平等との闘い ルソーからピケティまで」稲葉振一郎著 文春新書
私に紹介する力はないが、ざっと活字だけは追った。この著者にぴったりの本だと思う。手広い学者のよう。突貫工事だが、だからこそ下地がなければできないという言い方=抱負もいい。

目次を摘記すると、ルソー「人間不平等起源論」スミス「国富論」「古典派経済学」「マルクス」「新古典派経済学」「経済成長」「人的資本…」「不平等ルネサンス(1)(2)(3)」「ピケティ『21世紀の資本』」「ピケティからこころもち離れて」。これだけで目くるめく。

私は経済書(金融書を含め)をまるで読まないで来たから言葉からして新鮮! 別世界を見た。肝心の「不平等はどうなるんだろう」は、経済学の範囲に留まるものではなく、他の学問分野にも広がるから、問題設定としてもあいまいで不十分だろう。しかし、考えた先達はいたのである。まさにルソーから(マルクスを経て)ピケティまで。その間の学者たち。

著者自身による本書の概観は「経済学以前の政治思想から始めて、現代の経済学にまでいたる不平等分析を主としてその理論面に焦点を当てた」とする。

なお、著者・稲葉振一郎は旧民主党時代に自民党に対抗する政策を提案した知識人グループ「リベラル懇話会」のメンバーで、研究・著書は経済学に留まらない。

いま、経済学は私(たち庶民)には見えないと言いたい。日本の金融・財政はインフレを期待し、借金を増やし続け、その先は見解がちがっているようにしか見えない。見えるのは子どもにも広がる貧困、下流老人など。格差論つまり不平等論は永いテーマだった。
私には理論も数字も分からないから、読んで何が分かったか覚束ないないが、スパンの長い見取り図を描いてくれたと考えれば、とりあえずはおもしろかった、と言ってよさそう。
       ~~~~~     ~~~~~     ~~~~~

10月で引っ越してから1年。きょろきょろの1年。これからは、じろじろと少しゆっくり…。
都民の保守性(保守的投票行動)を知りたいし、都心の緑を見たいし、デモの最後尾を歩きたいなどと考えている。                         9/24記

                               おわり
             TOPへ戻る