16-08-23(2016年 第11号 通巻130号)
    
●「ソクラテスの弁明・クリトン」プラトン 講談社学術文庫
ネットで注文したら翌日届き、それではとその日のうちに読んでしまった(8/21)。昔読んだような、しかしはっきりしないから初読と同じだった。

同じプラトンの「饗宴」はテーマがエロスのせいか?!はっきり憶えている部分がある。そこに出てくるソクラテスがおもしろく、親しみさえ覚えた。
この本はまるでちがうソクラテス。しかし、ここで私が何か言うのはおこがましいし、恥ずかしい。

では、なぜ読んだのか。彼の語り、説き方を知りたかったのである。もひとつ、彼の哲学の伝えられ方も知りたかった。

ブッダもイエスも、書かなかった。語り・説いたことを弟子たちがまとめて広げた。それが3人の共通点だと思っていた。
つい最近、五木寛之もそう言っているのを目にしてびっくりした。彼は言う。

「ブッダやキリスト、ソクラテスらは、何をしたかというと、語ったんですね。本来情報というのは肉声で語ることと、それを聞くこと。文字はその代用品に過ぎません」(8/17 朝日)。
そのエッセイは永六輔・大橋巨泉・野坂昭如についてのものだったが、こう続く。「永さんは浅草の近くの浄土真宗のお寺の生まれですが、彼がやったのはまさに『旅する坊主』。それも法然、親鸞から続く説教坊主の系列です。真宗は徹底的に大衆的で、人々に語って聞かせる。風刺やユーモアを忘れず、歌を大事にする…」。

さて、読み終え、ソクラテスの語りと伝えられ方はどうだったか。
あれこれ考えるうちに問題が広がってしまった。世界3聖人とかの1人孔子も同じように書いていないではないか(「論語」は弟子がまとめた言行録)。
となると、4人を相手にしなければならない。キリスト教、仏教、儒教、そして哲学の祖。元祖揃いだ。
少しずつ齧る、いや舐める程度としても大仕事。

本書は、ご存知のとおり、裁判の場で論告求刑のあと、自身で最終的な弁明をする演説であり(途中で2回投票が行なわれ、第1回投票では僅差で有罪)、その結果、多数決で有罪=死刑=毒殺刑となり、退廷するまでのことが、プラトンのペン(記憶)で描かれている。
ソクラテスのあるだけを出した、とも読める貴重な集大成。
                    ホアン・ミロ

死を前にした極限状況の中、大勢の人(陪審員)を前に、「アテナイ人諸君」と呼びかけながら、人生最後の演説をする。思考=哲学のすべてを、説得的に、一挙に語らなければならない。しかも、沢山ある大きいテーマをいちいち吟味しながら。
そこにユーモアが入るなどとは信じられないのに、入るのだから…。                         

で、少し時間をおいて眺める(私として精一杯考えるという意味)ことにした。本書に何回か出る「吟味」をしてから、いずれ書いてみたい(フェードアウトのおそれ大だが)。

「ソクラテスは、雑巾のようなぼろをまとい、裸足でアテネの街に出たといわれています。そうして、人を見つけては、問答法を繰り返す」という(ネット検索)。

また、プラトンの「饗宴」では、「入浴を済ませてサンダルをを履いたソクラテス」が、友人宅に向かう途中で「何やら考えごとにふけり…」「ときどき、ところかまわず足を止めて、じっと立っていることがある」と書かれている。私はそういうソクラテスが好きなのである。

現時点での私の理解では、ソクラテスは確固とした「世界観」をもって語り、「聖人3者」とは異なる語り・対話=問答によって説き、人間知をはっきりさせた哲学の祖と言っていい。

冒頭で何か言うのはおこがましいと言いながら、最後にひと言加えると、哲学的論者・評者たちの大方は多分、この演説から適当にテーマを抜き出し、机上で一つ一つ、スタティックに、例えば「無知の知」「悪法も法か」「国家と個人」「正義と不正」などを取り上げては原稿を書いているように思える。ソクラテスの人間性や極限状況には関心がないらしい。

「アテナイ人諸君、騒ぐのはやめて、私が皆さんにお願いしたことをどうか守ってください。私がいうことにいちいち騒ぎ立てるのはやめて、静聴してください」。
「私は今なお、あちこち歩き回っては、それがこの市の者であっても、外国の者であっても、誰か知恵のあると私が思う者があれば、神に従って探しだしては問いただしているわけなのです。そして…神のお手伝いをして、その人が実は知者でないことを明らかにしているのです」。
「私が真実を語っていることの証拠として、私は私の貧しさ―それは私の考えるところでは十分な証拠となりうることなのですが―を挙げたいと思います」。
「…私だとて、『木や岩からでなく』人間から生まれたのですから、家族と3人の息子もおります。…にもかかわらず、彼らのだれかをここに上がらせて、私を無罪放免にしてくださるようみなさんに懇願することはしないでしょう。…立派なことだとは、私には思えないのです」。

これらはソクラテスのごく普通の、しかし優れた話ではなかろうか。生々しい、活き活きした話し方ではなかろうか。本文そのものをそのまま読むことのおもしろさと必要を感じる。

なお、訳書は少なくても4種あり、新訳もあるが、意見はまちまち。比較読みはできなかった。

◎東京はつ夏
冷房の利いた場所と、もぁーッとした場所を出入りさせられると、それだけで消耗するのだろうか。出歩くと疲れる。たしかに、出歩かない老人がいる。ある人に、一日おきぐらいに出ると言ったら、電話口で絶句の気配…。
いつまで続くかが関心の的のよう。私もそう思う―気をつけよう。呵々。

                               おわり
               TOPへ戻る