16-08-17(2016年 第10号 通巻129号)
   
  猛暑に、新鮮に!?つきあっています。
  本とオペラ映画の紹介です。やや長くなりました。

とうとう体温以上の気温の日を体験した。朝、湯のシャワーを浴びたら鼻血が出た。8/9の最高気温37.7℃。
クーラーは4日以降、お世話になっていた。

8/10は外出し、11日は気温が下がったので、クーラーを点けなかった。予報でも30℃だったから低いほう!?! 以後16日現在までクーラーなし。


8/11午前、ホーシンツクツクと鳴くのを、多分初めて聞いた。その日がこの地区の解禁日だったようだ! 精一杯、と聞こえる鳴き声の心地よさ。真夏のあれこれが想起される音色だった。
例えば、敗戦近い夏の仙台郊外の鎮守の森の木陰で仰向けに寝転がっていたときの、なにか切ない気分が、ツクツクホウシの声にはある。12才だったと思う。

あるいは、横浜にいた11才のときの、名もない山というか丘の横っ腹に防空壕を掘る手伝いをしていたときの休憩時間だったかもしれない。小体なのに張り切った鳴き声を聞いたあとの静けさに、ふと、私は心内の空しさを知ったようだった。

夕暮れに「カナカナ…」と鳴く蜩は、いわば文学的だった。当時も戦争本ばかりがあったわけではない。ある時期は坪田譲治の童話を繰り返し読んでいた。クラスメイトから借りた本は「風の又三郎」だった。節電のつもりか、いつも暗くなるまで読んでいた。

夕闇の中、井戸と柿の木のある庭に出て見つけたヒグラシは木の幹の意外に低いところにいた。しっとりとしていた。

8/12日はミンミン蝉の鳴くのを聞いた。初鳴きではなかったと思うがにぎやか。もう残り時間が少ないよ、と急かされる感じ。

投薬変更
8/10は矢野口クリニックへ行って薬を変えてもらった。暑さで鼻血が出やすくなり、続けて3回も出血したので。また、虎の門病院「事件」を説明し、肺にも出血(鮮やかな赤色の胸水)があったと伝え、血液サラサラ薬(抗血液凝固剤)を新薬エリキュースからワーファリンに戻してもらった。血圧降下剤も要らないのではないかと申し出たら(自宅での血圧測定記録を提示)、利尿剤と降下剤を兼ねた? 薬に代えてくれた。糖尿病薬は、すれすれだが処方なし(HbA1c6.4)。薬代が大幅に減った。言ってみるもんだ。いまでは当たり前か。

本の紹介 1
「悲しみを抱きしめて~御巣鷹・日航機事故墜落事故の30年」 8/8
             TBSテレビ報道局記者・西村匡史著 講談社+α新書 

8月4日の丸の内朝飯会で西村氏の講演を聴いたメンバーが感動し、会員間メールのやり取りが熱くなったことなどを前号で書いた。
私のその感想と報告の中で、元日航社員で丸の内朝飯会メンバーの錦織さんとその日の講師西村さんとのメールも転載させていただいた。
そのお2人には事前に転載の了解をお願いし、ご了承を得て掲載することができた。そして両氏から読んだというメールをいただいた。うれしかった。

西村氏の著書はネットで注文したら翌6日に届いた。すぐに読み始めたが、このホームページ作りがあったので、読了は8月8日。

涙なくしては読めないという、めったにない本だった。どうしても涙が出る。途中からは出るに任せた。しかし、なんというか、すっきりした、さっぱりした、なにか力が出るような、ヘンな涙だった。
どうにもならないつらさかなしさ。あんまりな、ひどすぎる、そこまで、なんという―そういう耐えられないところから、しかし、遺族は、生きる―。なんと、そこには、明るさも活気もあるではないか。そこでまた叩かれ打ちのめされる思い。人間の勁さも知るのだった。重い。長い感想は書けない。

★上記の著者西村さんからはホームページを読んだというメールもいただいたので、転載する。
阿部さま  TBSの西村です。阿部さまのホームページ「多摩・稲城だより」第40号を拝見しました。
私のことをご紹介いただき、誠にありがとうございます。「事故をつなげていく」思いが何よりです。感謝いたします。今後ともよろしくお願い申し上げます」。

●読者のお便り
(ホームページ第40号)記者西村氏の、人間の、特に「いのち」に対する取り組みは尋常ではない。氏は人間の悲しみを大きくつかんでしまったのではないか。悲しみを「乗り越える」人でなく、悲しみを「抱きしめて」生きる人の深い悲しみを。若いときから神谷美恵子などを読んできたという。人間考察が深いと思う。一人ひとりを深く、しかも鋭く、それが普遍性を持つまでにも。」

この文章、この洞察力、要点をピシャリです。凄いなぁ。本当に尊敬します。

         ◇◇◇◇◇    ◇◇◇◇◇    ◇◇◇◇◇   ◇◇◇◇◇

オペラ映画の紹介
オペラ映画「オテロ」ヴェルディ 8/10 15.- 東劇
METオペラ映画の「アンコール2016」として人気作が再上映されることになった。
このクソ(!?)暑い時期にバタバタ、というと変だが、日を置かずに上映するという。すでに見たオペラもあるから全部ではないが、スケジュールが詰まりそう。

予定としては、8/27「マノン」、9/1「イル・トロヴァトーレ」、9/2「フィガロの結婚」、9/6「セヴィリャの理髪師」、9/20「チェネレントラ」、9/22「カルメン」を予定している(調子に乗りすぎか)。

その日の帰途は小田急線が大幅に遅れ、久方ぶりに「真夏の通勤地獄」を味わった。体に応えた。

オペラは見応えがあった。オテロ役(アントネンコ―テノール)の圧倒的な歌唱力に、イアーゴ役の(ルチッチ―バリトン)の演技力に、デズデモーナ役の(ソニヤ・ヨンチェーバーソプラノ)の前半の可憐さとラストの哀れさに、何も知らない私はそれでも、唸らせられた。いつものことながら先ず、日本人との体力差を感じさせられ、がっかりもする。しかし、あの力強さを味わうことがオペラの醍醐味。日本オペラには日本の…。

演出はシャー(シャレていた!)、指揮セガン(小柄な精力家)。
また、舞台の映像を映画に作り変える「魔法」のようなドキュメンタリー(裏話―特典映像)にもびっくりした。
映画はやはり舞台とは別モノだった。そのことには、良し悪し、プラスマイナスがあろうが、舞台は見られないから、プラス面を味わうようにした。
顔のクローズアップがあるからこそ、例えば、悪役イアーゴの表情によって悪だくみがよく見て取れる―舞台では細かくは読めないはず―といったような。
 
オペラ映画「連隊の娘」ドニゼッティ 8/12 11.- 東劇
初めてのオペラ。予備知識ゼロ。直前に検索であらすじを読んでおいたが。
恋人役のテノールの、テノールの中でも高音を出すフローレスの歌に酔い、圧倒された。
本人がインタビューで、"ハイC"でなく"ハイD"を出すというのだからおどろく。それを軽く出すから参る。途中の拍手もカーテンコールの拍手も別ものだった。

お相手の可憐な役のナタリー・デセイも素晴らしかった。リリックソプラノでありコロラトゥーラソプラノであり、そのうえ、このオペラでは飛んだり跳ねたり、広い舞台を縦横無尽に動きながら歌うから大したもの。この2人の歌だけで満足できた。

フランスの軍隊が大勢で何度も出てくる。最後は「連隊の娘」を救うために戦車が登場した。

暑いこの日も地下鉄日比谷からタクシーで行った。終って、Mさんと7丁目ライオンで飲み食い。小田急線で1駅(だけ)乗り過ごした。

オペラ映画「魔笛=魔法の笛」モーツアルト 8/14 11.-  東劇
これまで聴くだけで満足していた。誰も同じだろうが、夜の女王のアリア「復讐の心は地獄のように」や、パパゲーノの「おいらは鳥刺し」は、何回聴いてもいい歌。

しかし、見たのは初めて。奇抜な演出(ジュリー・ティモア)に度胆を抜かれた。うまく説明できないが、3人の侍女は黒子が頭上に仮面を掲げて演じる。仮面だけにライトが当たる。光る仮面の演技がうまい。3人の童子は透明感のある衣装で何かに乗ってどこからか現われる。舞台装置も大げさな衣装も小道具も、この世のものとも思えない。「魔法」のつくオペラにふさわしいと言えようか。

字幕を辿ってもストーリーは分りにくい。英語版の発音はいいとも思えない。歌手も超一流とは言えない。2006年の公演。指揮レヴァイン。
いい曲がたくさん。それでいい。

困ったとき吹く魔法の笛―フルートが美しい。も一つの鈴もいい音を出す。その音色を聞いて動物も奴隷たちも酔ってふにゃふにゃになるくらい。

女王の娘パミーナはイン・ファン(中国)。小柄だが、声がおどろくほどよく通った。

         ◇◇◇◇◇    ◇◇◇◇◇    ◇◇◇◇◇   ◇◇◇◇◇

雑誌の紹介 2冊
「文芸春秋」9月特別号 8/11
自分ごとから始めるが、ある日の私のブランチは、フランスパン、納豆、枝豆、油揚げと小松菜の煮つけ、谷中生姜、もろきゅう、巨峰その他だった。
この取り合わせ、自分でもヘンだと思った。どれにも箸がいくだろうかと思った。ところが、ちゃんと食べられるのだった。
文春の「何でもあり」「ごちゃ混ぜ」も似たようなものか。9月号の味はどうだったか。相当な食欲で食べた。

総力特集「天皇『生前退位』の衝撃」
総力はその程度かと思った。ただ、「我らが見た人間天皇」―対談半藤一利×保坂正康―は、2人が揃って御所に招かれ、天皇・皇后と懇談した様子がおもしろかった。珍しいし、それなりに内容もあった。両陛下の人柄もよく出ていた。

超大型企画「戦前生まれ115人から日本への遺言」
これが超大型か、とは言わない。人選の融通無碍なことも「大型」ととれば立派なほう。繰り返すが「ごちゃ混ぜ」「玉石混淆」こそ文春の強さだろう。いい「遺言」もたくさんあった。
いくつか、かいつまんで紹介したい。
丹羽宇一郎―「真実を語る勇気を持て!」は、専門家や有識者が大問題について真実に口をつぐんでいるという(要旨、以下同じ)。
金子兜太
―「存在者への憧憬」(省略)。
岸田秀
―自尊心の喪失―これほど長く米軍の占領下にあることは日本が独立国として自尊心維持することを不可能にしている。
山崎正和
―電子情報は不毛の砂漠―(検索サイトで)自分の知りたいことだけに目を向け、それ以外には目をつぶるという態度は人間の心を痩せさせる。
小林亞聖―悪魔共に鉄槌を―本来の自民党とは全く違う詐欺師集団になり果てた連中に、一票を投じてしまう。ヒトラーは選挙によって誕生したんです。世界は今、第三次世界大戦に入っております。日本人が発明した玉砕と言う方法のテロ戦争です。
山田太一―82歳―ヒタヒタとボケが間近に来ていて、長年の友人の苗字が思い出せなかったり…忘れるのが不思議な電話番号が出て来なかったり、いまや私の主たるテーマは私生活の整理に収斂している…82歳は疲れているのである。
秋山豊寛―「民度」を上げるために―日本のアベという首相のウソつきぶりは、単なる科学的知性の欠如というよりは確信犯的要素が感じられるだけに許し難い…ウソは大きいウソこそ信じやすいと言ったのは、ナチスのヒトラーですが、彼と張り合うかのようなウソつきぶりです。この首相のレベルの低さは…(以下省略)。
三枝成彰
―日本人の「悪の凡庸さ」―…政治哲学者のハンナ・アーレントは…間違っていることを目にしても、多くの人がそれを正さず、見過ごすことを「悪の凡庸さ」と糾弾しました。いまの日本がまさにそうで、危機感を持ちながら、周囲を慮って声を上げない知識人たちが、増殖しています。

時代錯誤やバカみたいな遺言もけっこうある。ダメな「戦前生まれ」もいるもの。紹介するのは無駄。

「テレビが日本人を恥知らずにした―永六輔」略。
★巻頭随筆「天皇制の限界―立花隆」ほか(略)。

★第155回芥川賞発表「コンビニ人間」村田沙耶香
表紙に「受賞作全文掲載」とあったから買ったようなもの。商売上手の手にあえて自ら乗っかったわけ。
予備知識ゼロの作家だったが、ほとんどつっかえずに読んだから、おもしろかったほう。

彼女はすでに「野間文芸新人賞」「三島由紀夫賞」を受賞していて、今回の芥川賞で「3冠」を達成。笙野頼子、鹿島田真希以来3人目の快挙らしい(浦田憲治「未完の平成文学史」参照)。

コンビニのことが詳しく描かれていて、そこだけでもおもしろい。仕事の内容、運営の仕組み、店長・店員の交替とその働き方、品物の陳列・交換や接客、ほか、いろいろな内情もあり、身近なだけに興味津々に読んだ。

主人公恵子はコンビニで働くのがぴったりの、ピッタリすぎるほどの、少し変わった―怖いような、計り知れない性格を持つ―「コンビニ人間」。アルバイトながら18年も働いている彼女の力によって、その店は順調な営業が続く。彼女は恋愛経験なし、セックス経験も。

そこへおかしな男が店員として加わる。長身で針金のハンガーみたいな中年独身男。仕事ぶりは最低。妙な理屈をこねる。自分から婚活が目的と言い、ストーカーまがいの行動をとったりする。簡単に言えばダメ男。

ところが恵子は、あるとき突然そのダメ男にこう言う。「婚姻だけが目的なら私と婚姻届を出すのはどうですか」と。そして強引に家に連れ帰り泊める。同棲するようになるが、恵子は「動物を飼い餌を与える」という態度。そのうちに「風呂場に住まわせているの」と妹に教える。
男のほうは「いてやってもいい」という態度。そのうち「世界からかくしてほしい」などといい、世俗的になり、恵子を辞めさせ就活させるようになる。

ここら辺りから私は作りものめいた感じを持ってしまい、つまらなくなった。
いろいろあるが、ラスト近く、恵子はトイレを借りにコンビニに入り、途端にテキバキと店内の陳列棚を直したりする。そしてダメ男にこう断言する。「コンビニ店員という動物である私にとっては、あなたはまったく必要ないんです」。そこであっさり喧嘩別れ…。

8/10の毎日夕刊に、受賞の日についての作者の「寄稿」が載っていて、読んですぐ、私はその文の余白に赤ボールペンでこう書いた。
「バカバカしい、情けない、ダメなヤツ」と。「世の中変わった、文学者=作家もお粗末になったものだ」。とりあえず…。

「世界」9月号
特集は「『3分の2』後の政治課題」と「EUとユーロの行方」。私は8月号の特集のほうがおもしろかった。「ジャーナリズムが生き延びるには」「『核なき未来』は可能か」。表紙の見出しには「東京都知事 つまづきの構造」。

9月号に「憲法からみた天皇の『公務』そして『生前退位』―横田耕一」「象徴天皇の"次の代"―原武史」があった。いずれも「生前退位」のお言葉・お気持ち表明以前だから、本格論ではないが、横田耕一氏の意見は真っ当である。氏は7/15の毎日にも「聞き手」がまとめた談話が掲載され、そこでも筋を通している。

天皇の生前退位については新聞にも関係記事がいっぱい。その「何でもあり」の「ごちゃ混ぜ」に、私は眉に唾をつけて読んでいる。
                                おわり
             TOPへ戻る