16-06-26(2016年 第 8号 通巻127号)
   
 本の紹介
「『昭和天皇実録』の謎を解く」半藤一利、保阪正康、御厨貴、磯田道史
このところなぜ天皇についての本を読むのか、自分でもよく分からない。で、いくつかのヒントを記憶の中から出してみた。長い前置きになるが、自分を確かめたかったので…。

@何年前か忘れたが、網野善彦を読んでいた時期がある。その中の1冊「無縁・公界・楽」の冒頭に、初めて高校教師になったとき生徒から受けた質問の一つが紹介されていた。「あなたは天皇の力が弱くなり、滅びそうになったと説明するが、なぜ、それでも天皇は滅びなかったのか、形だけの存在なら、取り除かれてもよかったはずなのに、なぜ、だれもそれができなかったのか」とあった。
私もそうだと思い、なぜだろうとちょっと考えたことがある。もちろん分からない。

A次は雑誌・別冊太陽の『天皇124代」に、窮乏天皇が出てきたことに興味を持った。南北朝のあと、応仁の乱から始まる乱世から戦国時代にかけ、例えば、後土御門は経済が苦しく朝議が執行出来ないので譲位を漏らし、後柏原は費用を調達できず、ときの将軍にも資力がなかったので即位式ができず、後奈良は父帝の大葬と践祚式の両方ができず苦労し、地方豪族からの献金で即位式を執行し、正親町も大名の献金で即位式が行われたという記事(国史大辞典にも同様の記事)。

B池澤夏樹の新訳「古事記」を読み、イザナキとイザナミのあの左回り右回りの神話しか知らなかったのに、中・下巻は神武から33代推古までの「天皇記」でもあると知った。

C万世一系というものに疑問が出、欠けた天皇!?のことや皇統譜の怪しさみたいなものに突き当り、中でも問題なのは継体かと、「謎の大王」などを何冊か読んだ。

D丸山眞男と加藤周一を読み、天皇制と今次大戦の天皇の戦争責任について教えられたことも、大きい問題としてあった。(特に丸山「戦争責任論の盲点」「軍国支配者の精神形態」、加藤「天皇制を論ず」)

Eそれらから天皇の「人間性」に目が移り、明治以降3代の天皇の個人史?!を知りたくなった。

以上、並べると前史があるみたいだが、ただ漠然と思っていたに過ぎない。月例の雑談会で軽い話題として継体は取り上げたことがあり、Oさんにいろいろ教えてもらったが。

さて、というわけで、明治・大正天皇の文庫本1冊ずつと新書1冊を読んだあと、順序として昭和天皇に至った。(「多摩・稲城だより」第30・32号参照)

この本は、8章に分けた章ごとに、4人のうちの2人または3人が対談または鼎談した記録。昭和天皇実録は全61冊12千ページもあり、まだ刊行中だが、話者たちは厖大な実録全部のチップを読む機会を得た後で話し合ったよう。しかし、ボリュームが新書1冊だから、実質としては、第7章の「8月15日を境にして(昭和20年―22年)」までの、「拾い読み」「つまみ食い」と言っていいかもしれない。

この本によって知ることは多かったものの、天皇の実際のほんの一部に過ぎないことは「編纂方法や姿勢について」の項でも明らかだし、その姿勢についても、半藤一利は、在位60年記念式典で涙を流している写真を見て、この方は本当に苦しんできたと知り、以来「臣一利」になったというのだから、戦争責任などの分析がどの程度か分かろうというもの。

実録と言っても資料には取捨選択があり、全貌解明など難しいことは判る。この座談会でももの足りなさを指摘しており、はっきりとした批判もある。にも拘わらず、彼らの立場や限界を承知で読むしかない。しかし、戦史に詳しい専門家の読み解きだから、そして、こちらは何も知らないから、時間はかかっているが、おもしろくてたまらない。

初めのほうの「幼年期の素顔」からしておもしろい―語弊があるか。何でも壊すのが好きな時期があり、侍女に叱られているし、乱暴な言葉に注意されたりしている。
幼少期の天皇は「あまり東京におられません。…東京育ちではなく、静岡・神奈川育ちと言ってよいかもしれません」「考えてみれば最初から軍人として育てられた天皇は昭和天皇だけ…」とも。

「青年期の栄光と挫折」では、外遊を楽しまれ、最晩年にその外遊が一番楽しかったと回想している。政治的には治安維持法(改悪)に批判的だったこと、その後、陸軍が満州事変を起こし満州国を建国、熱河作戦で戦争を拡大、天皇が中止させようとしてできなかった経緯が比較的長く話し合われ、「軍部からのクーデターまがいの脅し」もあったとする。

天皇は満州事変の一報を新聞の号外で知ったとあるが、そのところの座談録は、読み方によってはあいまい(「侍従武官長奈良武次より、昨18日夜、満州奉天付近において発生した日支両軍衝突事件について奏上を受けられる。奈良はこの日の朝、自宅にて新聞号外によって事件の発生を知り、奏上の際には事件が余り拡張しないことを信じる旨を申し上げる」をどう読むか。この奏上によってはじめて知るのか、その前に知ることはできないのか)

1935年の「天皇機関説」については、はっきりと「すなわち機関説であるとの考えを示される」とあり、「史実として確定したと言っていいですね」。根拠は「…この憲法の条規により之を行う(漢字カタカナ)」が引用されている。

次いで、二・二六から日独伊三国同盟とおしゃべり松岡洋右の大構想や野望のことなどに進む。どんな人間かよく判らないとも言われた石原莞爾が暴れる!?

途中で編纂方法と姿勢についても論じていて、資料、引用方法等について批判し改善を提案している。隠し資料もありそう。ここもおもしろい。

また、執筆者は13人ほどで、「その中でもエース中のエースというべき人が昭和史の核心部分を担当しているというのが私(保阪氏)の見立てなんです」という。巧い書き方(意味深長)はその"エース"だろうと言う。

これから日米開戦へと向かうが、長くなるので今回はここで止めておく。

天皇が悩み、困った困ったと独り言を言いながら部屋を歩き回ったり、陸軍にうまーく利用されたり、次第に「傾いて」いったり、この座談会で「ピシッと言わなければいけなかった」と批判されたり、実録だけあって、生き生きとした姿が浮かび上がり、新鮮な学びができる。しかし、読んでもすぐ忘れるのが残念至極。

また、本書の最後の章は、崩御にも触れているが、戦争責任については軽く流し、その前の章「8月15日を境にして 昭和20年〜昭和22年」で、実質的には終わっている。昭和天皇については、あれもこれもまだまだ、と思っていて良いだろう。
                                 つづく
                TOPへ戻る