16-05-01(2016年 第 7号 通巻126号)
  
新聞遊び
新緑を愉しんでいる。楽しませてもらっている。暑くもなく寒くもない。
遊びに忙しい。新聞遊びもその一つ。

金子兜太の「がんす」 4/30 毎日
長いインタビュー記事に出てきた言葉。氏がときどき使うことは耳で聞いていた。ごく普通に理解していた。いま活字で見ると、なにか新鮮のような…。

まず、9条の条文について問われた氏は、「まるで俳句のようです」と言う。よくも言ったものよ、ではないか。そして「それが解釈次第でどうにでもなるようではダメでがんす」となって初めて出てくる。

そして「勝手な解釈を生まないような絶対的な言葉を使った付帯事項を設けるべき」だが、改憲は「いまの政権が進めている流れの中で『だから、改正すべし』とは言いたくありませんが」と続く。

もう一回は「アベ政治を許さない」の文字のことから、「みんながあの文字の紙を手にしてい」て「めったやたらに使われているな、という気持ちでがんすね。やや独り歩きしている」として出てくる。ここの「あの文字の紙」は愉快。プラカードとは言わないから兜太なのでがんす!?

がんすがどこの方言か知らなかった。記事には秩父の言葉となっているが、どうだろう。

見出しの一つに「揺らがぬ平和への思い」とあるが、私は「揺るがぬ」のほうの古派!?
もう一つの大きい見出しは「勝手な解釈生まぬ9条に」。ここは「生まない」でなく「生まぬ」。これは古派ではないのか!?

この記者の記事言葉はちょっと独特かも。で、私のこの短文言葉もちょっとひねってみた。

街頭高校生と公園労働者 4/30
労働者の祭典「メーデー」は、昔は意味通り5月1日だった。華やかだった。今年の中央大会は、行楽の都合でか4月29日の天皇誕生日に代々木公園で開催された(例年同日か、開催は一部団体かも知らない)。デモについては書かれていなかったから、なかったのだろう(4/30 毎日。朝日は記事も見付からなかった)。

一方、高校生たち数百人は国会前で抗議活動をしたという。「参院選挙まで毎週金曜日にデモを続けるという」とあるから、デモったんだろう(4/30 毎日)。

労働者もいろいろだが、全体にだらしなくなったのははっきりしている、というのがいまの私の「感想」。頭というか知恵も工夫もなく、算段も術もなさそう。幹部が壇上で拳を挙げる儀式に、お手上げの形を見る。

コトを曖昧にする言葉の一つに「でもない」がある。ああでもないこうでもない。先進国では珍しくなったような労働者の「デモない」は、労働者(全部ではない)が曖昧な存在に堕したからだろうか。

女性作家の想像力 片山杜秀 文芸時評 4/27 朝日
出だしが「女性作家たちの想像力に脱帽だ」。
取り上げた3作品は谷崎由依「天蓋歩行」、鹿島田真希「少年聖女」、川上弘美「大きな鳥にさらわれないよう」。どれも面白そうだが、時間がとれそうもないから読まない。タイトルの紹介だけ。

女性作家の活躍は平安の昔からだから伝統がある。しかも、源氏物語はフィクショナルエンターテイメントだからすごい。女作家の想像力は、いまも続いていて立派。

話は一転するが、男にはだらしないところがある。今回は!?作家ではなく検察庁だが(女性検事が関わっているか不知)。

大阪の小6女児焼死事件のやり直し裁判で、毎日は「検察、有罪立証せず」、朝日は「有罪主張の撤回表明」と見出しを付けた。
要は、これまで有罪と言ってきたが、もう言わない。裁判所がしかるべく判断してくれと投げ出したもの。そのうえで、従来の主張を付け加えた(言い訳した)からいただけない。
オーソリティは「往生際が悪い論告」といい、弁護側は「最後まで無責任」と批判した(4/28朝日夕刊、4/29毎日)。

今年1月には鹿児島の強姦事件が逆転無罪となったばかり。判決で証拠隠しや無断のDNA鑑定を批判された。ずるいというか卑劣。無実の人を犯罪人に仕上げるとは…。しかし、これも想像力から来ているのかも。検察の想像力にも脱帽すべきだろうか。

もう一度話は一転。新聞連載小説も複数読むと時間がかかる。毎日は林真理子の時事的老人介護の「我らがパラダイス」、夕刊は道尾秀介の未だによく分からない「満月の泥枕」、朝日は沢木耕太郎の甘ーいボクサー物語「春に散る」、漱石の「吾輩ハ猫デアル」、夕刊は綿矢りさの週1回の「私をくいとめて」がある。最後の綿矢りさのものが良さそうに思え、楽しみになっている。女作家だから言うのではない。

「飲みの場」 4/30 朝日
新聞に「飲みの場」という言葉があった。「飲み場」でもよさそうだが「水飲み場」と区別したのかもしれない。ネット調査で人気の街を探った記事。

「銀座首位堅持」とある。ただし「都民からの得点だけで見ると、今回、新宿が銀座を逆転し」たが、それは「銀座に外国人観光客が押し寄せ、都民が飲みの場を移したことが考えられる」という。

私もそう思う。7丁目ライオンにはこれからも行くが、そこ以外には行かないと思う。銀座は変わり身が早すぎた。銀ブラの雰囲気が壊れた。特に老人にとっては「素敵」から「不適」の街になりつつある。感懐は諸行無常。

汚い(プロ)スポーツ界と人間の限界
日本には不要と思える次のオリンピック用に、つまらないエンブレムを選んだものだが、これは好き好きだからしようがない。

もう、地球上に何があろうと東京中心に開催する動きは止まらないだろう。難民もテロも震災も大借金も原発問題も「花も嵐も踏み越えて」(古いか)行くかのよう。もちろん、純真に待ち望む子どもたちもいるにはちがいないが…。

スポーツ界はますます汚れてきた。商業化が進み、選手が高給を取り、有名人になり、付随物がくっついてきた。稼ぎたいヤッパラ(奴等)が集う世界。 団体が出来、分裂したり政治家が応援したりしつつ国の金と人をからめ、動かし、引退者の天下り先にもなった。腐敗は必然。それが臭くなっただけだろう。

政治家はスポーツ選手を陣笠国会議員に担いだ。1部スポーツ界が選挙地盤になったようだ。その後、一度の票集めに終わったのもいるし永田町力をつけて粘るのもいる。
オリンピックはナチス・ヒットラーの政治利用が有名だが、日本では元総理大臣というボスも出ている。

相撲の八百長は昔から。ファンも黙認していた。芸事に近いから―俗にいう芸者・三味線の世界―勝敗だけでなく、個性を生かした力の美を競う面もあった。
ほかのスポーツはそれらと異なる悪い面を真似し始めたようで面白くない。

野球賭博と最近は賭博野球、テニスとスノボはクスリか。バドミントンもか。競馬はいまは言うまい。私は詳しくないからこれ以上は書かないが、いろいろあるようだ。
一方で、人間の限界への挑戦が、ホントに限界に近付いてきたのではないかと思う。

もういいのではないか。人間が100メートルを5秒で走るのは無理だろう。8秒台も無理かもしれない。ほかの最高記録もすべて21世紀のものを頂点とし、これからはもう争わないスポーツに持って行く、すべてを、多くの人が楽しむスポーツに切り替えるのだ。ひと握りの人にだけスポットライトを当てる世界は歪んでいる。

資本主義は欲をはびこらせる世だから難しいだろうが、私は「諸行無常」を、すべてのものは変わるという意味にとるから、プロスポーツも例外ではないと思う。

裸に近い格好で飛んだり跳ねたり走ったりするスポーツはお笑い番組になるかもよ。
記録の歴史的実績には拍手するが、もう、ここらでいいではないか。続けたいなら無名で、無償でどうぞ、という未来。それが本来だった。

      ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇     ◇◇◇◇◇   ◇◇◇◇◇
         
(ご参考)
度々登場していただいているので、今回は遠慮気味に転載させていただく。お読みになった方も多いと思われるので。
                             おわり
              TOPへ戻る