16-04-18(2016年 第 6号 通巻125号)
  
◎間暑期
来ました。桜の次の、いろいろな花の季節。花に限らない。草木の伸びる時、日ごと緑が濃くなる時。
去年の秋、僅か数百円の幼い黒松の鉢植えを2つ買って、ときどき水をやっている。高さ10センチもないみすぼらしい2本。針金にきつくからめられ、根っからひねくれされている。
その芽が上を向いてきた。幹も少しばかり太くなり、やや窮屈になったかと、ペンチで針金はずしてあげた。自由になった。さて、彼らはどう生きるか。

「BONSAI 世界に根」―夕刊とはいえ、1面トップの見出しに「盆栽」と出た(4/13 朝日)。私の黒松とは関係ないが、世界盆栽大会が開かれるとか。なにやら日本人の自然観まで出て来そうな話。しかし、記事を読むと、そんなこととは無縁なパフォーマンスらしい。そして輸出産業とかの商売っ気。なーんだ。

電気とガス代が少なくて済む貴重な季節になった。間氷期ならぬ間暑期とでも言おうか。節約期とも言えようか。LEDだから節電になっているはず。ガス床暖はようやくストップ。

久しぶりの東京の春。夏までは絶好の数か月―のはず。

東京も揺れた熊本地震
イヤな揺れ方だった。瞬間的というか刹那的というか、ギクッと突き上げられ、ピタッと抑えられたような、闇の中でビンタを食ったような2秒!?

翌4/15、薬局で待たされているとき、TVを見ていた。その地震について、同じことをしつこく流していた。普通の神経ではないくどさ。各局とも並んで安易な道を選んだものだ、と思った。TVがなくてよかったと思うときだ(ラジオでも震度3の地域を延々と繰り返すが)。

情報の共有という言葉にはおそろしい意味がある。

ただし、今回の続震、拡震は新展開のようで怖い。繰り返しも今回はやむを得ないと一歩後退!?  次は近いところかも。

余震に加え停電・断水とは…。当事者はどれほどつらいか…。
なのに私は、14日は丸の内朝飯会と展覧会2つ、15日は眼科の定検、16日は音楽会、17日は映画2本と出歩いていてニュースは少ししか知らないまま。そして、17・18日は函館の暴風ニュース。どうしよう。
いま何事もない東京近辺が異常だと思っていたい。

熊本「とうがらしにんにく」
老人に刺激の強い食べ物は禁物、と言われるに決まっているが、生来の好物はなかなか変えられないもの。いま口をひん曲げて食べている辛いものを2つ紹介しよう。

熊本地震とは関係ないが、ちょっと前、銀座の熊本館で初めて買った「とうがらしにんにく」の辛いこと。カラシ蓮根など問題にならない。以来まだひと瓶目を甞めるように楽しんでいる。

長野善光寺に近い老舗の唐辛子「バードアイ」も辛い。とても甞めたりできるものではない。これは数年前から何かにつけ使っている食卓必備品。

読者の便り
相変わらずの充実ぶりに圧倒されます。ベランダで花見、すばらしい。いい日常ぶりにうれしくなります。山下公園の思い出、ステキです。略。

(盲人と歩くときは)利き腕でないほうの腕を支えるのがコツ、なるほどなあ、と初めて知りました。美しい女性の画像が沢山あって華やかでした。鶴の舞、5.2cmとは驚きました。すごい作品。略。

 本の紹介
◎「ベストセラーの戦後史 2」井上ひさし著
1は読んでいない。2の目次が初めて知る書名一覧。彼が何を選んだかが大事なところだから興味津々。
あっと驚くほどではなかったが、ニヤリ、フフン、ははあ。その中から、まずは、決して読まないだろう本を選んだ。

☆池田大作「人間革命」
前半はおもしろい。思い出したこともある。かつてフライヤーズのピッチャーだった白木。学会員だった。中ほどもいい。大作氏が傑物との評。なるほど。それから、肝心なところに来て、やったね、とひさしに拍手。

井上ひさしがこの本を初めて読んだとき、「感想をひとことで云うと、『これははずかしい』」「…自分のことをこんなに褒めちぎり褒め囃していいものだろうか」「その神経は普通ではない。いや、ほとんど異常といってよい。含羞のかけらもない図々しい人間しかこういう文章は書けないと思う」と書いている。で、読まないことにする。

その後の公明党の動きは一つの歴史。自民党(連立)から決して脱けられなくなった変質? は情けない。僅かの条文いじりで恩を売られ、選挙協力させられ…。

☆田中角栄「日本列島改造論」1972(昭和47)年刊
本書は角栄の存命中に書かれた(93年12月没、執筆90年秋)。こんなところがある。
「あとは49年の『文芸春秋』11月号を待つばかりだ。その号に掲載される『田中角栄研究―その金脈と人脈』が彼の息の根を止めるだろう」「わるいことをした以上、彼はやがて郷里へ引き籠ることになるだろう」。
そのとおりになった。
改造論そのものは「役人の作文」だそうだから読む気にならない。経済成長論さえもう古い。

いま彼を「天才」とする本の広告が出たりして売れているらしいが、こちらを読んだらとても買う気(読む気にさえ)になれない。

☆イザヤ・ベンダサン「日本人とユダヤ人
欧米人の日本人観を概観(簡単に、いろいろ。ザビエル、オランダ人、ポルトガル人、ドイツのケンぺル、ロシアのゴロウニン、アメリカのハリス、フランスのロティ、菊と刀のベネディクト、ハーン、12才説のマッカーサーら)したあと、(そこへ)ベンダサン氏が「新工夫をたずさえて登場した」。そして「当代屈指の読み手たちが最大級の賛辞を贈ってい」たが、さて、井上ひさしは「本書の感想を率直に述べれば、冒頭の章を感動しつつ読んだものの、その次の章からあとは急速に熱がさめて行った」。

そこを説明したあと氏は「…こういう小さな疑問が次々に積み重なって、ついに筆者は、ベンダサン氏は日本人について案外知ることがないと判断し」「日本人を知らない人間の日本人論を読んでも仕方がない」と「この本を書架の奥に押しこんだ」。

終わりのほうで氏は「『自国の国民性にこだわるのが各国に共通の国民性』のようである」がと皮肉り、そこにあえて背を向け「一人ひとりの人間性に目を向けたいと考える」ときっぱり。
その後しばらく日本人論が流行ったが、やがて消えた。大雑把な断言は一時的な自慰かもしれない。浮かんでは消える水の泡のよううなものかもしれない。

☆有吉佐和子「恍惚の人」
この本は時代のさきがけということだろう。「…シルバーシートの設置、老人医療費の無料化、都営バスの老人無料パスの交付、それらの実現もこの小説が巻き起こした世論の風圧に後押しされており、まことに『恍惚の人』は現実を切り開く小説でもあった」。

私はいまその恩恵を少しはこうむっていると言えようか。都電・バスの無料パスは、有料で購入し、利用回数は少ないがときどき使っている(モトは取れそうもない)。老人医療費も無料ではない(高い)し、シルバーシートで譲られたのは―優先されたのは―この半年間で1回。有吉政策は押し戻されたようである。

いま毎日新聞連載中の小説「我らがパラダイス」(林真理子)もおもしろいが、いまある実態をなぞっている感じがしなくもない。この進んだ老人大国に有効な対策を切り開く小説になり得るだろうか。単なるエンタメに終わるか。これからの展開に期待しよう。

☆小松左京「日本沈没」
「じつに奇妙な年だった」「1973(昭和48)年の本書発売直前の2月、浅間山が爆発、5月、首都圏直下に活断層が発見され第二次関東大震災が近いと噂され、その一週間後、小笠原諸島の西之島沖で海底火山爆発、9月、新島が海面に浮かび上がり…6月、大都会の真ん中に数百万もの赤トンボの大群来襲、翌日横浜港にサンマの大群が押し寄せ…」などとある(要旨)。そして、「こう続けざまに天変地異がおこっては、だれだって『日本沈没』が気になるではないか」。

大震動の様子が生々しい。阪神大震災、東北大震災(原発災害も)、そしていまの熊本地震と、事実が小説を追っているよう。小松左京は経済雑誌の原子力問題担当記者も経験していたという。

以上、これら1962(昭和37)年から1977(昭和52)年にかけてのベストセラーは、全然古くないように見えてきた。

その他の紹介は省略し、主な書名だけ記録しておこう。私は1冊も読んでいない。
占部都美「危ない会社」、五島勉「ノストラダムスの大予言」、丸谷才一編「四畳半襖の下張裁判・全記録」、 徳大寺有恒「間違いだらけのクルマ選び」etc.
                                 おわり
            TOPへ戻る