16-03-14(2016年 第 4号 通巻123号)
 
●「ロマンス」(井上ひさし)
芝居を見ることはできなかったが、チェーホフの伝記劇ということは知っていた(初演2007年。主演大竹しのぶ、松たか子)。
今回初めて台本を読んだわけだから、音楽劇としては楽しめなかった。しかし、充分に面白く読めた。なにしろ、繰り返し(読み)が利くのだから。

おまけ!?もあってうれしかった。巻末の「原稿ができるまで …1、…2」の詳細を極める資料には呆れるほどびっくり。チェーホフの動向メモ(400字詰原稿用紙127枚)も、おどろき呆れ、そして頭が下がった。命を削って書いていたことが分かる。

この芝居のアイデアの一つは、はじめ、チェーホフは老人に変装して現われる。大人しか入れない芝居―ボードビルを見るために変装し、怪しまれ、捕えられ、家に連れられてくるという次第。
次は少年チェーホフと青年チェーホフが同時に現われ、そこで、バトンタッチだけでチェーホフは青年になる。
似たようなやり方で青年から壮年にバトンタッチ、最後に晩年チェーホフが登場。

チェーホフはボードビルにこだわる。辛味のきいた…。しかし、演出家とも観客とも食いちがう。これはチェーホフ解釈、チェーホフ論のテーマか。

キーワードの一つは笑いについての意見。
「…笑いというものは、ひとの内側に備わってはいない。だから外から…つまりひとが自分の手で自分の外側でつくり出して、たがいに分け合い、持ち合うしかありません。もともとないものをつくるんですから、たいへんです。」
舞台で唄われる歌の中に、
「人にしか作れぬもの 笑いの謎を突き詰めた」
「暮らしの中に 笑いを活かして行こうとした」
があり、かもめ、三人姉妹、桜の園のことが出てくるが、それぞれに解釈がちがう。

要せば、上等なボードビルと主張するチェーホフに対し、演出のスタニスラフスキーらは美しい抒情詩ととらえるなど。

三人姉妹はスタニスラフスキー演出で大成功するが、チェーホフは不満。「感傷劇になってしまい、笑いがなかった。あれはボードビルです」と抗弁する。

最後のほうではトルストイが出てくる。大作家を使って! チェーホフ演劇の本質に切り込む。
トルストイ「ドラマというものはね、主人公が出発点に立つところから始まることになっておるのじゃ。…ところが、きみの芝居はすべて、主要人物が到着するところから始まって、出発するところで幕になる。まったく逆立ちしておる。そんなものがドラマであるはずがない。」
チェーホフ「舞台の上に人間の運命を再現する。それがドラマだとおもっています。…人間はなにもない『無』というところから、この世に到着して、やがてまた、なにもない『無』へ出発します。だからわたしの戯曲は、到着から始まって、出発で終わらなければならないのです。」
トルストイ「…むむ、まいった。」P171

私は読んで「観たかったなぁ」と嘆息。しかし、別の芝居だが、7月に観ることができそう。

図書館から台本を3冊借りてきた。
「紙屋町さくらホテル」は読み始めたが、直ぐ読むのを止めた。なぜなら、これも読まないで観るべき芝居と思ったから。観るなら読むな、と直感した。
あの発想、アイデア―奇想(それを天才という)―の見事さ。これ以上は読んではいけない、もったいないと思って本を閉じた。これが7月に再演の運び。

「太鼓たたいて笛ふいて」はテレビで見たような気がする。ほとんど覚えていないが、記憶ゼロでもないというヘンなところ(初演2002年。地デジとかへ切り替え前)。パラパラ読んだら少し思い出した。で、読むのを止めてしまった。これも再演の機会を待とう(私の寿命との関係は無視)。

●戦後70年 私の"7人の侍"
影響を受け、尊敬し、読み続けたいと思っている7人を考えている。
文学者として、大岡昇平、堀田善衛、井上ひさしの3人、評論・批評家として丸山眞男、加藤周一の2人、俳句の金子兜太と映画の黒澤明。合わせて7人。

ぎりぎりの境い目にいるのが大江健三郎、引っかかるのが詩人たち(田村隆一、塚本邦雄、茨木のり子、長田弘)。決めかねているのが村上春樹。絵画、音楽は言葉にできないから省いた。

「遊びをせんとや生れけむ…戯れせんとや生れけん…」。これからも勝手を言わせてもらう。
                             おわり 
            TOPへ戻る