16-03-06(2016年 第 3号 通巻122号)
  本の紹介
◯「遺言 斃れてのち(はじ)まる」鶴見和子  藤原書店

なんという知の働きだろう。明晰で溌剌とした知。角が立たない、どころか、温かくまろやか。率直にして謙虚、そして、最期まで研究心に溢れて…。内容もさることながら、知の働きをまざまざと見せてもらった。

T 遺言
これは妹さんによる臨終間際までの日記。臨場感がある。死の直前のサマに戦慄に近い感動を覚えた。(以下任意にキーワードを羅列)

痛みがひどい 癌と知らされていなかった へこたれない ひるまない 積極的ですらある ストレートな物言い 明るい ユーモラス 
いたーい あー、いやだ―痛みがひどく、断末魔の叫びだろうが、最期は「しあわせでした。ありがとう。いやなこと終わりました」。

U 最終講演
左半身 (左片とも) 麻痺 忙しさから無理を重ねたあげく脳出血 精神・言語は冴えている 短歌が溢れ出てきた・噴出した―。

断片 「命は切実な祈りである」「改憲案は憲法九条を捨てて自滅への道を突き進む企み」「戦争公害」 
今や命は切実な憂いである―吟味すべき言葉として記銘の要。


講演は、ときどきの自作の短歌に沿って話していく。結論は「9条を守ってください」「曼荼羅の智恵を考えてください」の2つ。痛切な言葉で終わる。

自然との一体感 南方熊楠とグストーのこと 曼荼羅のこと―異なるものは異なるまま、互いに補い合い助け合って共に生きる道を探究する論理 インドに発祥し、弘法大師・伝教大師により、密教と共に伝来したもの 

V 思想
私の回生――シンポジウム「生命のリズム」から
積極的リハビリとは、歩く稽古。また萎えた足は気象台で、気圧配置を感知する。NHKの天気予報より早く分かるという。その後大腿骨骨折で歩行困難に。

内発的発展論 その原動力はアニミズム(「米寿快談 俳句・短歌・いのち」(金子兜太/著 鶴見和子/著)を思い出した)

諸文明の対話の思想、曼荼羅
真言密教の曼荼羅を科学の方法論のモデルとして読み替えた ニュートンの必然性対熊楠の必然性と偶然性の両面を捉えたこと―仏教のほうがニュートン力学を超えていると喝破―「南方曼荼羅」。
水俣の回生 石牟礼道子の新作能「不知火」の奉納初演のこと 
江戸の精神エネルギーに学ぶ 対談 田中優子
江戸時代の良さ 近代化で失われたもの 取り戻すには運動―例えば「連」。

W 時論 「言いたい放題」など、おもしろいが略

 この本は丸の内朝飯会世話役の長さんから借りた。        おわり
           
                  
TOPへ戻る