16-01-06(2016年 第 2号 通巻121号)
◯糖尿病薬追加とごった煮  1/4
早く寝るので起きるのが早くなった。窓から日の出を見ることが多い。
朱く染まり始める冬空にも、低いところを、よくない赤が濃く出るときと、それよりやや高いところを、いい赤、つまり茜色に広がるときがある。ときにはピンクに近い色。
神々しい朝もあれば、俗っぽい一日を予感させる朝もある。

今年は東京へ新入りの私に遠慮してか、雲が少ない。私としては、いい勘違いと思っている。じつは私は雲も好きなのだ。しかし、雲さんに伝えるチャンスがないほどの遠慮ぶり、と言っては誇張か。
雲が好きと言っても、時による。工夫して、いい形と動きで、出てきてほしい。

雲隠れとは雲に隠れることだが、雲が(天に)隠れるという言葉はあるだろうか。ない。天子ならお隠れになる。光源氏の死を描いたのかどうか、源氏物語の「雲隠れ」の巻は本文がない。見つからないだけなのだろうか。

「雲隠れ」と言えば、紫式部の和歌「めぐりあひて見しやそれともわかぬまに雲隠れにし夜半の月かな」が有名なのも皮肉なもの。関係はないだろうが。

それにしても太陽の熱と光は大きい。フローリングに落ちた髪の毛一本まで照らすので、気になる。掃除機に吸わせてあげるしかない。ハンドクリーナーまで買ったほど。

光は6畳を通り越し、テーブルの花瓶に反射し、ダイニングを通り越し、廊下の先の玄関まで届く。
明るいと気分も日に沿う。

冬でも熱い力。いい加減さがない。朝っぱらから暖かく、暖房が要らない。

熱量も光量もじつにじつにありがたい。いまさらながら…。

循環バスで病院へ行く。歩いて3分の矢野口駅前スタートのAコースは終点が病院だから便利。
小型バスは、くねくねと住宅街や梨畑、学校、公園、京王線の駅などに寄って行く。高齢者が多く、福祉センター、市役所などでも降りる。

病院から、少し歩いて少し登ると図書館。道路を隔てた向かいが温泉。源泉かけ流しを謳う。

バスは1時間に1本だから、時間を見計らって図書館に留まる。そこから歩いて5分ほどで南武線南多摩駅だから、図書館で腰を落としてもいいのだが。

借り出し延長は一度だけだが、例えば2冊の本を交互に借りれば、2週間隔で延々と借り続けられる理屈。いまは長田弘全詩集と旧約聖書関係の本を組み合わせたりして何冊も借りている。

仕事始めの4日が通院日だった。
担当のI医師はよく診てくれるほうだろう。血圧を測りながら聴診器を当て、話をしながら目にも止まらぬスピードでパソコンに打ち込んでいく。私の鼻血のことも、聞きながら打っている。その間に検査時系列情報がプリントされて出てくる(採血、心電図、エコー検査)。

不整脈があり、心房細動もあり、しかし、血栓は見当たらず、G-GTPが高レベルで持続し、Glu=血糖値も、HbAlC=グリコヘモグロビンも高い。悪玉コレステロールは低下。それらの説明を聞いたあと、で、糖尿ですね、と言われた。AlCが高いので投薬しなくてはいけないらしい。

次回の日時を決めるとき、都合の悪い日を言ったら、理由を訊かれ、N響を聴くのでと言うと、曲目まで訊かれ、それは忘れたと答えた。調べたら日にちもちがっていたが、決めた2月8日は、I先生の誕生日ということだった。夜まで仕事なんですと笑った。定年後の暮らしぶりも会話になり、いい毎日ですね、と言われた。

4種類の薬を、朝4錠、夜1錠飲むことになり、診療と薬代で16千円に近い額となった。
薬局で調剤師に、とうとう糖尿か、やっぱり酒だな、と声を出し、淋しく笑い合った。慰めようもないのだろう。

薬のパンフに、治療の基本は食事療法と運動で、それでも効果がないときに飲む薬だとある。たしかに…。副作用は低血糖。

さて、薬を飲む糖尿病者になった日、「サウジ、イランと断交」が飛び込んできた。シリア内戦とIS封じ込めが大問題になっているところへ―。
無知・無関係を決め込んでいる私だが、地球の揺らぎが大きくなって、尻の辺りが熱くなる感じ。

私の話も飛んでしまうが、今日、借出延長してきた本は「ぼくたちが、聖書について知りたかったこと」というタイトルで、第2部が「ユダヤ人とは何者か」。

それを定義しようとしても、人種でも、血統でも、言葉でもない―サルトルに至っては「他の人々が『ユダヤ人』だと思っている人間」と匙を投げたような―知らないで言っているのだが―定義。

では、アラブ人とは何者か。簡便にネットで検索すると、「民族的概念と人種的概念が一致しないという点で、アラブ人とユダヤ人は共通するといえる」とある。

そこへイスラム教(徒)を加えたりすると、話はややこしくなり拡散してしまう。イスラエルとパレスチナ紛争までが出てくると、どうなるか。―知りません。分りません。

シリア、イラク辺りは、言うまでもなくメソポタミア文明の地であり、旧約聖書の主要な舞台のうち。屈指の石油大国同士の断交は、いまは興奮状態にあろうが、一旦は早めに落ち着くのではないか。そうみている―私の予想はこれまで外ればかりです。

正月といっても何もしなかった。しかも、物忘れがひどいから、正月関連言葉も出てこなかった。
あれ、あれ、のうちの「注連縄」「注連飾り」は、電子辞書で字を思い出した。とても書けない。「門松」は憶えていたが、「松飾り」は出てこなかった。お供え(餅)も出ず、「鏡餅」と言ってしまった。広告宣伝の多い「おせち」は、新聞写真を見ただけ。関心も関係もない。自作の雑煮を食べて済ませた。

5日になって、保存食を作った。先ずは久しぶりのごった煮。このところ牛すじの煮込み作りのほうが多かったので、予め調味料を並べて忘れないようにした。ローリエを忘れるところだった。
大根は酢漬け用に厚めにいちょう切り。数日干してからデタラメがっこ漬に。白菜の残りはインチキ塩漬け。キャベツの残りは単純酢漬け。

ごった煮と言えば、40年以上前、わが家に集まる若い男女と謄写版刷の小冊子を発行していて、そのタイトルが「ごった煮」。昨秋の引っ越しのときに1冊だけ出てきた。
1976年2月発行の第12号には私のエッセイが載っている。「女をかつぐ」。題名は暗示的だが、なに、ある娘を実際に、よいしょ、とかつぎ上げたエピソード。ところが、いま読んでもおもしろいのだ。トホッ。

その号には、わが家で知り合い結婚した2人がそれぞれに書いていたり―結婚以前かもしれない―よく出入りしていたヴェトナム人留学生2人の文章や、女房のひと言にも出会えて、懐かしいやら、くすぐったいやら。

三が日はほとんど何もせず、天を見て、それだけで、なぜか、よかった!

                               おわり
              TOPへ戻る