16-01-01(2016年 第 1号 通巻120号)
◯元朝
雲がない朝だった。前方に見える建築工事中のマンションのてっぺんに太陽がひっかけられて、あった。間もなくその金網を離れ、広やかな天空を悠々と昇りはじめた。

風呂に入った。やや熱めにして浸った。上がって素足で歩く板の間が心地いい。
おまじないと称する黄檗(黄肌の木の皮)を煎じたものを飲む。20年来の私の薬。肝臓や胃に効くと信じている。続けてグラス2杯の冷水を飲む。

外に出た。元日だけ5種の新聞を読むことにして買い足しに行く。駅前のコンビニは営業していてありがたい―ちょっと引っかかるが。
娘さんが、おめでとうございます、という。やぁ、おめでとう、と返す。470円。お釣りの500円玉は"もの言う"貯金箱用。

深呼吸しながら歩く。空気の美味しいこと。何度も吸う。大きく吐いて吸うようにする。
西の方に半月。静かに漂っている。薄白い月面は恥じらっているよう。

人がほとんどいない。車もときどき走る程度。
たまたま私の前を娘さんが歩いていた。初詣の帰りだろうかと想像したが、服装がみすぼらしい。働き疲れた足取りのようにみえる。そういう人もいる、と考えること―。

マンションを見上げると洗濯物を干している家が多い。ふとんもある。これが昔との違いだろうか。わが家の黒松の鉢も見えた。

帰宅し、また水を飲む。そこへ電話。蜜柑を口に放り入れて出る。友だちが、阿部さんが風邪を引いた夢を見たから…と。さりげないが、その好意・親切を思う。声が元気です、といわれた。ベランダで体操したら顔が陽に焼けたと言ったら、若い証拠だという。しかし、続けて「飲み過ぎかな?」。そうか、酒焼けか、と答えて笑い合った。

今朝は暖房しないでいい日。FMはベルリオーズの幻想協奏曲ほか。
途中からベランダに出て体操。おでこが特に熱い。両隣りから子どものらしい小さい、遠慮しているような声。

直下の小公園に子どもがやってきた。小学低学年と高学年らしい4人。父親は幼児を抱っこしている。兄弟かどうかは分からない。
なんという遊具か知らないが、鉄の棒で蛇行した形に作ったトンネルのようなものがある。そこで遊んでいた。そのうち、1人が柵の間に足を挟んだらしい。大声で泣きだした。父親が、抱っこしていた子を年かさの小学生に渡し、泣く子をゆっくり抱き上げた。少し動かせば自分で外せただろうに…。

2羽のカラスが追いかけっこし、1羽が知らん顔で舞っている。すべて世はこともなし、と言えるものか、戸惑う。

相当数の愚かな政治家に政治の中枢を握られ、変な方向に向かわせられそうなこの国の元旦に、「こともなし」は馴染まないだろう―「世」と言ってもその意味はさまざまだが。

小春日和と言っていいのだろうか。いいだろう。日は燦々と照り、かすかに風がそよぐ。ビル屋上の吹き流しは横揺れしているが、地上はほぼ無風。そして、ポカポカ、というより、少し熱い気温。セーターを脱ぎワイシャツにする。

ベランダに出たり戻ったり。2鉢の黒松はどちらも丈10センチほどで、買ったときと変わらないが、触れば痛いから、元気だと思っている。
ジュッだかジッと鳴く鳥、ピッ、ピッと鳴く鳥。

俳句の一つもできないか、考えたができなかった!

東京新聞1面の左上段に常設の「平和の俳句」欄がある。元日は、なおその右隣りに「戦後71年も『平和の俳句』」「3月は黛まどかさん」「琉球新報は『平和のうた』 2面に続く」という見出し。
2面の見出しは「平和の俳句 広がる輪」「琉球新報が賛同企画スタート」。

12月27日にも大きい記事があり、「丸の内朝飯会」の市原さんが2ページに亘るその記事を送ってくれた。

1面の大半を埋めた記事の見出しは「初代EU大統領が『平和の俳句』」「美の感性高めれば争いは抑えられる」。そして氏の俳句「陽を海を見る者和を愛す―ヘルマン・ファンロンパイ」があり、オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語で書かれている。英語は「Who looks at the sun At the sea, at the stars Loves peace. 翻訳・木村聡雄現代俳句協会国際部長」。それとは別に、「苦難の政治 祈りの一句 俳人黛まどかさん読み解く」として「星を()で初日を讃え(やす)らけし」という訳。

14面は、選者・金子兜太といとうせいこうの対談と選ばれた句が全部を占めた。見出しは「俳句を通じ平和は世界語になった」「戦後70年 平和の俳句 1年の歩み」。
大々的な特集だった。

昼になった。昨日M子が持ってきてくれた材料でお雑煮を作った。いい加減にダシをとり、鶏肉とかまぼこと三つ葉だけの簡単なもの。餅2枚を入れ、丼で食べた。

ヱビスビール500を1本と浦霞1合を飲んだが、少し余した。しかし、若干時間を置いてから飲み干した。

年賀状を取りにエレベーターに乗ったら香水の匂いがした。ハ・ハーンと鼻をうごめかした。
今年は喪中で、こちらからは出さないと言っていたので少なかったが、いい賀状がたくさんあり、ありがたく読んだ。

ネットで注文した「現代用語の基礎知識(大字版)」が届いた。1445ページある。1502ページの旧約聖書に近いボリュウム。重さは2キロ。

巻初の17ページに金子兜太筆「アベ政治を許さない」のプラカードで溢れるデモの写真が掲載されていた。

この分だと今年のノーベル文学賞またはノーベル平和賞の声が高まるのではなかろうか。初夢でなく、実現するかもしれない望み。

何気なくページをめくっていたら「抗凝固薬」の項に、「新しいタイプの薬として…エリキュース錠がある…ワルファリンに比べ、効果の個人差や相互作用が少なく、細かな投与調節がいらないという特徴をもつ。しかし、その一方で高齢者…などの患者では『出血』による副作用の問題も報告されている」。

私がこの新薬に変更したところ、たしかに鼻血が止まりにくくなったが、鼻血はめったに出さないので、様子を見ている段階。

2時から新聞を読み始めた。
               
     ―――――    ―――――     ―――――

◯新聞読み
金子兜太の朝日賞受賞が発表された。
朝日は当然の1面と業績の10面に、東京は2面に、毎日は30面に、読売は38面(ベタ)に掲載されたが、日経は100ページあったが、ついに見付けられなかった。

朝日の金子兜太の業績ページは「反戦と前衛掲げ 人間を詠む」という見出し。

また、パソコンで共同通信ニュースを見たら、次のようにあった。
俳人・金子兜太さんらに朝日賞 「現代俳句をけん引」
2015年度朝日賞(朝日新聞文化財団主催)は31日までに、現代俳句をけん引してきた俳人の金子兜太さんら5人(4件)に決まった。賞金は1件各500万円。贈呈式は129日、東京・内幸町の帝国ホテルで。

氏は2010年には毎日芸術賞特別賞を受賞している。

白から黒へと異次元から落下傘降下した日銀黒田総裁の政策「異次元緩和」は、日経で「正念場」と評された。金子兜太の出身銀行!

金子兜太の新春詠から1句。「福島病む吾妻山(あ ず ま )白雪夜の声」

5紙の付録? はそれぞれ相当な量。しかし、切り抜いた記事はゼロ。興味なし。
本紙の社説は5社とも特にいいとは言えなかった。

天皇の年頭所感と去年詠まれた両陛下の短歌8首は切り抜いた。
「昨年は…多くの人々が先の戦争に思いを致した一年でした…」

総理大臣所感はなかったよう。なくていい。

陽が陰った後もしばらくは余熱で暖かく、6時になってから書斎の床暖を点けた。
緑茶を飲み、煎餅をかじり、干柿と大福を食べた。山形の「梅しづく」にも手が伸びた。

以下略。夜は曇り空。
                 TOPへ戻る