15-11-18(2015年 第10号 通巻118号)
        
          sunrise  2015-11-18  ベランダから

◯「米寿快談―俳句・短歌・いのち」金子兜太×鶴見和子
  11/15
脳出血による左片麻痺の鶴見和子のお見舞いと出張授業を兼ねた2日間に亘る長時間対談とでも言おうか(2005/2/22、23)。終わりのほうは雑談調もあり、繰り返しも多かった。しかし、それが詳しい説明・敷衍・強調ともなり、よく飲み込める効果を発揮したとも言える。一気に読んだ。
話題が広く、内容紹介に自信がないので、対談中に出てきた詩句とキーワードめいたものを摘出し、それを並べるだけとする。少しでも想像でき、見当をつけてもらえればありがたい。

第1場「俳句の触発力」 
「凍る腎臓切り裂く秋の笛師醫師」「春雪に夫という不思議な客」金子皆子
―「笛師」はジョルジュ・サンド「笛師のむれ」から。

"情動" "―エロスというのはうんと広いもの。最も原初的な意味のエロス、その発動"

「肉を焼く月ロケットを月に砕き」金子兜太

"即物的" "異端が正統に"(丸山眞男の言―鶴見俊輔、金子兜太、佐々木幸綱)
"集中力" "記憶力"―鶴見和子の集中力、記憶力には舌を巻く。

「心地よく目覚めし(あした)おくりこし金子兜太の句に初笑い」鶴見和子

"ふたりごころ" "自由" "自由人" "進行性自由人" "体のおもしろさ"

「裸木は端的に体なのだ」金子兜太(自分でも忘れているような句)

"道楽が学問の基礎" "死が近くなると命が輝いてくる" "マダム・スタールのサロン"
"感性のエッセンス"
"女は男より上、強い、だから男並みになってもしょうがない" "うーん、だと思うな"

「忍び足わが酒盗む夜寒かな」南方熊楠

"定住漂泊―自分の中で両者を出会わせている" "南方熊楠の曼荼羅と科学の最先端エコロジーの結論が一致"
"私は三重苦―女、身障者、老人"

第2場「金子兜太俳句塾」
俳句の歴史概観。見事なまとめ。
"俳諧は伝達の工夫 挨拶、季題、滑稽、即興、言葉遊び、猥雑、助平、笑い" "エピグラムとリリック"
"芭蕉の自然発見、不易流行、高悟帰俗、さび。一茶の季題。無季の言葉、自然と人間との結びつき、切れ字の重要度、間"
"主体、創る自分、イメージ―「造型論」"

「生と死のあわいに棲みていみじくもものの(すがた)のするどき気配」鶴見和子
「我が灰を我が手もて海に撒かんとす夢より醒めて膝痛む夜半」鶴見和子

「ふたりごころ」という「生き物感覚」
"ふたりごころの相手は人間でなくてよい" "そうなんです。自然存在、すべての生き物"
"植物が人間に感応する"

「形代に虱おぶせて流しけり」一茶 ―虫たちが主役に―
「細胞の一つ一つが花開く今朝の目覚めは得難き宝」鶴見和子
「銀漢にふれ山姥の舞ひいづる」黒田杏子

"いまは正統だから逆に異端"
"曼荼羅思想とエコロジー思想の一致点を実践したのが南方熊楠"

和子・兜太の養生訓
"金子さんご自身が文化財"―和子・杏子 
"尿瓶の日常化、竹踏み毎朝300回と乾布摩擦 女性のオーラ しゃべることのよさ 気をいただく 立禅で集中力 この対談には準備してきた、私は用意周到"

産土に還る
「おおかみに蛍が一つ付いていた」

"あっと思った女性は石垣りん。2人目が鶴見和子"
"命とつながっている―踊り、俳句、短歌―それが日本文化。アニミズムの文化"
"縁の糸、つぎつぎに…"


稲城市の図書館で借りて読んだ。借りたもう1冊は「金子兜太の100句を読む」(酒井弘司著)。
こちらの本については、ここではひと言触れておくにとどめる。
著者は1938年生れ。金子兜太主宰「海程」の創刊同人(当初は同人誌)。実作者であるが、若いときは、理論派というか、論者というか、もう1人森田緑郎とともによく議論していた。私は俳句無縁だから遠くから見聞きしていていただけだが、どちらも鋭い意見を放っていたと記憶。
この本は2002年頃から書き始め、2004年に刊行されているから著者60数才のときのもの(1994年から「朱夏」主宰)。
見開き2ページに一句ずつ取り上げられていて、短い鑑賞だが行き届いている。関連句が多い。数えたら271句あった。

      
          sunrise  2015-11-18  ベランダから

FOUJITA  新宿武蔵野館  11/16
小栗康平が画家藤田嗣治を描いた作品。一風変わった映画と言えようか。私は特に後半の日本の地方の自然・風景の映像がよかったと思った。
巨木をたっぷりの時間写す場面には圧倒された。そのほか、森の樹々、林の街道、馬・馬車・人間、遠近の山々、その霧。田や農村風景、堂々の家屋etc. 最後の川の流れは「方丈記」冒頭の映像化にちがいない。

ネットを検索し、私の知らない評者と監督インタビュー記事を、私の責任で合成し、まとめたら次のようになった。

「乳白色の肌」と呼ばれる技法(日本画の伝統や日本社会が持っていた手仕事の感覚などを持ち込み換骨奪胎して新しい裸婦像を描いた―それまでの油画とは全然違ったもの)を使った裸婦像で注目を集め、芸術家たちが集うエコール・ド・パリの寵児となった1920年代のフランス時代画壇を代表し「アッツ島玉砕」など、積極的に戦争協力画を発表した1940年代の戦中の日本という二つの時代で、フジタの異なる画風と生き様を描いた。

―「(パリと日本のパートを分けた理由は)フジタの伝記映画にはしたくなかった。歴史を順番に積み重ねて語るのではなく、この二つの時代を並べてそこから現れてくるものを撮り続けることが大事だった」と語る。

―戦時に日本に戻ると、今度はベラスケス
などのヨーロッパ歴史画の伝統的技法で戦争を描いた。パリで日本的であり、戦時の日本ではヨーロッパを描いた。その辺のギャップ、ねじれがとても面白いと思って対照的に描いた。

―「(小栗監督にとってのフジタの生き方は)いい言葉ではないかもしれないけれど、現実に迎合し、よく言えば対応し、順応し、現実に決して負けない強さを持っていた」。

少ないセリフと、絵画と映画を融合させたような、小栗監督の真骨頂といえる静謐かつ美しい映像でフジタの感情世界をつむいでいく。

―アッツ島やサイパンなど、フジタの描いた後期の作品が戦後70年たっても話題に上るのは、それが当時どうであったということは別にして、時間を超えて語られる力があるということが事実だと思うのです。

―彼のエピソードは、あることないこと含めていっぱいあります。そんななか、藤田の絵を見ると、藤田固有の静けさがあるんです。巷間に出回っている騒がしいエピソードではなく、静かに作品に寄り添って改めて藤田像を描こうとすることは、俺もできる仕事、やりたい仕事だと思いました。だから伝記的な、エピソードを追ったつくりにはしませんでした。

(もうひと言) 藤田は藤田だ。全体を知る(整理する・まとめる)などということはそれほど意味がない。それぞれが一部を感じて自得するしかない。誰だって複雑。やはり絵だ。彼の絵を前にしてしばらく目が離せない作品はいっぱいある。その時間の愉しさ。見る側のストーリー作り。そして戻るのはやはり乳白色。素敵だ。

◯モーツアルトの歌曲  11/17
FM放送を聴いていて、あ、これはシューベルトの歌曲、と見当をつけていたら、モーツアルトだった。「すみれ」「魔法使い」「孤独に寄せて」の3曲。歌うのはバーバラ・ボニー。
私はシューベルトの「岩の上の羊飼い」にしびれ、歌曲はシューべルト、とまで惚れたのだが、なんと、モーツアルトに、このような(先をゆくような)作品があることを、いまごろになって気づいて、恥ずかしいのはもちろんとして、改めて頭を下げてしまった。モーツアルトの歌曲はもっとあるのだろうが、今回は深追い!?せず、ひと言、告白。

                             おわり
             TOPへ戻る