儚儚老随筆  15-01-16(2015年 第01号 通巻109号)  
○昼酒―オペラ―古事記  1/16
このところ体調は悪くない。朝の体操も殆ど毎日やっている。1時間ほどかけるが、いやに体が堅い日があり、そのときは軽く済ます。逆に柔らかい感じがして1時間を超える朝もある。
MDでオペラ「アドリア―ナ・ルクヴルール」を聴いていた。最後に近いところは繰り返し聴いた。この悲劇のラストシーンは、ソプラノが官能的に絶叫する。何度聞いてもしびれる。

体操を終えると、普通はコーヒーかお茶を飲むことになる。その日は小ぶりの大福を食べようと、グリ茶にした。2個ペロリ。お茶をたっぷり飲んだ。

新聞を読み、切り抜きを整理し、本読みに入ると、もう2時に近い。ラジオのオペラを聴くことにして、タイマーをかけ、遅れないよう用心した。

その間に包丁を研いだ。切れ味がよくなるよう力を入れるとゾクッとした。手元が狂うと…。しかし、気分がいいと研ぎもいいみたい。

新訳「古事記」(池澤夏樹訳)がおもしろい。読み物としておもしろいのだ。読みやすいのがまたいい。岩波文庫のほうは、まるで学術書で一般向けではない。だいたい私など読む気にならない。だれを読者に想定しているのだと言いたくなる。

例えば新訳の垂仁天皇のところ。后が兄と結託して天皇を殺そうとし、后の膝で寝ているところを小刀で3度まで手を振り上げるがどうしても刺せない。
経緯を白状すると、天皇は兵を向け兄を討とうとする。后は兄を見捨てることができず兄の城に入る。后は妊娠していた。天皇は、3年間愛し続けた相手だからと、攻撃を中断する。

月満ちて子が生まれる。后はその子を城外の地面に置き、天皇に、自分の子だと思うなら連れていって育ててくださいと。天皇は兵に、子と一緒に后も引っさらってこいと命じる。天皇の性格を知っていた后は…と続く(私にも要約できる)。

少し先の脚注に「要するに天皇はいまにも死のうとしている妻に次の妻は誰がいいかと問うているのだ。愛というか、甘えと言うか」。

脚注といえば、少し先の「ヤマトタケルの冒険」の章では「ここに来て文体が一変する…この話の場面の生き生きとした描写力はほとんど映画だ」とある。こういう翻訳だからおもしろいはず。ほかにも斬新なところがいろいろ…略。

その日の新聞に、未知の古墳らしいものが見つかったと報じられた。舒明天皇陵としても34
代、垂仁天皇は11代。大分離れている。「古事記」は最初の女帝・推古天皇で終わっている。そんなことも知らなかった(忘れていた)。

FMのオペラがモーツアルトの「イドメネオ」とは珍しい、と思った。これまでちゃんと聞いたことがない。

と、なぜか急に低血糖症状が出てきた。たまにあるので、すぐ食べる支度をした。昨夜の残りの野菜炒めにベーコンを加え玉子を落とし炒め直した。も1つなぜか、飲みたくなった。もう2時だから早い晩酌としよう。500ccの缶ビールを飲んだ。その旨いこと。

去年の二期会公演のオペラは、私が言っても意味ないが、上手いものだなぁと思った。ソプラノもメゾもテノールもいい。みんな伸び伸びと歌っていた、もちろんイタリア語で。日本のオペラのレベルが上がっていた。立派。飲みながら堪能した。6時まで聴いた。もう暗い。

太陽に向けておいた万年青を元に戻し、正月からの切り花の花瓶も戻した。いい天気の1日。

ここまでパソコンを叩いてきて、時計を見ると7時40分。N響定期が始まっていた。また山田美也子のあの声と話し方―うーんうーん―言わないことにしよう。ま、聴きながら、また食べられそう。飲めそう。
                                  おわり

                    美原だより15-01-14へ