14-12-31(2014年 第67号)    
大みそかです。今年の「美原だより」はこれで終わりです。お読みくださり、ありがとうございました。よいお年を。
この1年は、私としては、いろいろあった―少し長く感じる―年でした。


○ブータン・ネパールの旅

「丸の内朝飯会」有志11名による旅。11月3日〜13日。
メンバーの市原実さん、氷室寿美さん撮影の写真を掲載します。私など想像もつかない山容。圧倒され感動するだけです。
氷室さんの、詳しい・写真いっぱいの紀行文(連載10回)はブログで見られます。(http://nekoten152.cocolog-nifty.com/blog/)

              ネルギリ峰 標高7061m
    

                ダウラギリ 標高8167m
       

           ネルギリ峰をバックに  撮影:市原実
       
       
○忘年会前座ミニ講演  12月27日
恒例の「道南 生と死を考える会」の忘年会で今年もしゃべらせてもらった。
「漱石 療養中の俳句と勉強」と題して45分ばかりしゃべった。レジュメを下方に掲載しました。

○万年青の株分け  12月29日
2年余り前に引っ越してきたときあった2鉢の万年青が新芽を出したので株分けした。
まったく、名前も何も知らないで、ときどき水を遣るだけだったが、全員!?枯れもせず成長し、5株に増え、とうとうこの年末には8鉢になった。棚を作り揃えて飾ろうかと思うまでに私のほうも成長!?した。写真は後日。

東京からHさんが来てくれたので、暮れから正月は、楽しく旨い料理が食べられる。家の中もきれいになる。

彼女と有馬記念の予想遊びをした。名前の好みで投票したら、彼女のジェンティル・ドンナが優勝。大当り。
私の ラストインパクトは7着の大はずれ。私の人生のとおり、とひがんだ。

○大出先生からのお手紙
「あーいいなァ 乾いたオシメ 冬至ゆく」 たれ流しさっ平

動作をして圧力が膀胱に伝達されるとオシッコが圧し出される。
パスカルの原理は例外を許さない。
束の間のよろこび。

…18年間の制がん剤の副作用が、つもりつもって最大になったというわけ。全身の倦怠感、嘔吐の連続。
白身の魚、宗八がれい、豆腐だけの毎日。しかし、筋肉を、力をつけるためにはどうすればいいか。
豚ヒレの赤身だけを角切りにし、赤ワイン720mlの3分の1を注いで、ブルドックソースとシロコショウで味付けします。最もぜいたくなブタヒレの赤ワイン煮。これだと吐き気がおこりません。甘いものは、リンゴを切ってタネの部分を除きカリカリに乾燥させます。それをメープルシロップの中に漬け込みます。メープルシロップを吸い込んたリンゴは最高の味です。甘いものの王者は、何てったってヨウカン。それの丸かじり。生命がよみがえります。
免疫療法にお金をを使うより、まず、ウマイモノを食べましょか、てんで
@中華料理:ショウロンパオを主としたもの
A生ずし
B生ずし
C牛ヒレ肉
という順序で体力をつくっています。二本足で立って歩くためです。 

赤ワインの香りゆたかな部屋の中で書いています。
「1分で知る豆医学」(新聞切り抜き)、ありがとうございました。
歩けないのでポストに行けず、娘が来る25日に投函します。ごめんなさい。
「美原だより」への転載、感謝しております。


冒頭に書いた、今年が少し長く感じたわけは、毎年1回東京へ行くだけだったのに、長岡の旅―これもいい旅だった―の帰途、東京に寄ったこと、そのとき秩父の金子兜太の句碑を巡り、氏とお会いできたことが大きかったようです。「丸の内朝飯会」での「…サロン文化」についてのスピーチを函館の読書会でもしゃべったり…。12月27日には前座ミニ講演で漱石についてしゃべりました。本も少し読みました。そんなこんなで…。

○ご参考  分かりにくいと思いますが…
レジュメ
              「道南・生と死を考える会」忘年会とミニ講演(13)
              20141227日  函館中央病院    阿部審也 

  漱石 療養中の俳句と勉強  「思い出す事など」を中心に

1910(明治43)
8/24 大吐血  修善寺菊屋旅館 日記8/24〜9/7は鏡夫人記録
9/08 日記再開 3句  別るるや夢一筋の天の川 
           秋の江に打ち込む杭の響かな 
           秋風や唐紅の咽喉仏

9/12 2句 秋晴に病間あるや髭を剃る 秋の空浅黄に澄めり杉に斧
9/14 6句 衰えに夜寒逼るや雨の音  旅にやむ夜寒心や世は情 
      秋風やひびの入りたる胃の袋

9/15  2句 9/17  1  9/18  1  9/20  1  9/21  5  9/22  11首 
9/23  5  多元的宇宙(ジェームズ)読了―連載 9/24  4  9/25  4-1
9/24  4  9/25  4-1
9/26  2   クローチェ(イタリアの美学者)を読み、疲れる 
9/27  6  9/28  5  9/29  1-1

10/1 1-1  詩集3冊取寄せ 10/2  3-1  10/3  1
10/4  5-1 「現今哲学」読了  10/5  1-1
10/6  3-1  ベアリングの露文学読み出す  10/7  1-1  10/9  2  10/10  2-1

10/11
 退院 帰京 長与病院入院
10/18  鴎外から短編小説集を贈られる
10/19  リードの「ナチュラル エンド ソシアル モラルス」読み出す
10/20 「思い出す事など」書く
10/21  ウオードの「ダイナミック ソシオロジー」を読む
10/29 「思い出す事など1」発表 ウオードの「ダイナミック社会学」11/27読了       釣台に野菊も見えぬ桐油哉  思いけり既に幾夜の蟋蟀(きりぎりす)
10/30 「思い出す事など 2」 逝く人に留まる人に来る雁  
               ただ一羽来る夜ありけり月の雁

11/8  「思い出す事など 3」 菊の雨われに閑ある病哉
               菊の色縁に
(いまだ)しこの(あした)
11/13  「思い出す事など 4
11/15  楠緒子に手向けの句  棺には菊抛げ入れよ有らん程 
               有る程の菊抛げ入れよ棺の中…「思い出す事など 
7               ひたすらに石を除くれば春の水
11/18 「思い出す事など 5」  秋の江に打ち込む杭の響かな 日記9/8
               秋の空浅黄に澄めり杉に斧  日記9/12
               別るるや夢一筋の天の川   日記
9/8
               秋風や唐紅の咽喉仏
       日記9/8
11/20 「思い出す事など 6
11/27-28「思い出す事など 7 上・下」 ある程の菊抛げ入れよ棺の中  日記11/15

 
                                 以下略

                                   おわり

                    美原だより14-12-19へ