14-12-19(2014年 第66号)    
猛吹雪と予想された17、18日の函館は強い寒風が吹いたが特に被害はなかった。ただ、17日の3人会で一穂さんはJRの1本早い列車でやってきた。東京の友人から夜と翌朝の2回、お見舞いの電話をもらった。道路が滑りやすいので私は外出控えめ。ポストはローソン、買い物は生協。どちらも近い。足の踏ん張りが弱いので転びやすく、2度グラッときた。初めてインフルエンザの予防注射をした―。

〇海外クラシック音楽専門放送局  
12/19
クラシック音楽だけを1日中流しているラジオ局が、海外にはたくさんあることを知った―くだらないおしゃべりが一切ないのだ―。音楽だけ聴き放題の毎日が保障された。もう、NHKFMの悪口を言う必要がなくなった。テレビと同じで、消せばいいのだ。

東京から北海道に移住し、函館市で初のコンサートを開いたピアニスト大井和郎さんが、カナダのそういう放送局―そこはも1つ徹底していて、リストだけを聴かせる放送局―に登録されたと聞いて知った。大井さんはいよいよリスト弾きとして国際的に評価されたと言える。早速聴いてみた。やってるやってる…。
氏はレベルの低い、しがらみだらけだろう日本の音楽世界を飛び越して、海外で正当に認められた。「快挙」といってよい。 
                         裸婦 モジリアーニ 
とりあえず、上のフランツ・リスト局のほか、イタリアとフランスのクラシック音楽が聴けるようパソコンを設定した…ローマではそういう放送を聴いていたが、いまやパソコンで各国のそれらが聴けるのは、繰り返しになるが、ブラボーと叫びたいほどうれしい。音もよくなったほう。

19日はFMのオペラさえも消し、終日海外からのクラシックを聴き続けた。よほどいい。

〇中村孝史第3句集「開顔」贈らる 12/18
最初が「童顔」、2番目が「破顔」、今回は「顔の表情をのびのびさせること、にこにこする」という意味で「開顔」、とある。氏は仙台に住む「海程」同人。紹介の必要はないだろう。

すぐに通読したが、これからじっくり味わうことにした。  
冒頭に「日向ぼこ雄雌同体的気分」と出て来、85ページには「生きるとは冬の土手行く腕の振り」が出てきて、俄然嬉しく、そして讃嘆的気分。次から次へと「おもしろい」句が出てくる。だから、1919―いや、一句一句楽しみたい。      

〇12月の飲み会
14日、選挙の日、高瀬夫妻と焼鳥屋で飲んだ。1年ぶり。選挙のセも出なかった。アベのアは私のアだけ。楽しかった。

17日は恒例の3人会で、居酒屋風ワインバーと2軒目は焼鳥屋で飲んだ。楽しかった。3軒目は遠慮した。

18日は回転寿司ランチ会で3人で飲み食い。その前に特売日の市場に連れて行ってもらい、タチとタコ足を買った。寿司はたっぷり食べ、ジョッキを3杯。楽しかった。

22日は「わたなべ」で昔のサークル仲間の洋子さんと飲む予定。楽し…くなるのはまちがいない。

26日ははる枝さん一穂さん夫妻と、東京から来てくれるHさんと4人で「コルツ」でランチ会。昼から飲むつもり。

27日は毎年末のミニ講演のあと、忘年会だから、飲み食いとなるはず。

〇舌に血豆
食べ過ぎか飲み過ぎが原因だろうから、数日飲み食いを控えていたら直った。晩酌の制限は避けたいことがらだが、食べるほうは融通が利くから1日1食にした。腹が減ったらお茶をがぶがぶ飲む…。

〇読者のお便り
「…丸山眞男のお言葉、心に刻み付けて―『自由と同じように民主主義も、不断の民主化によって辛うじて民主主義でありうるような、そうした性格を本質的に持ってます』」…深く考えをめぐらせる事ができるようにしたいと思う、まさにタイミングよくお便りをいただきました」。

「民主主義社会を成熟させる時代にはいる…という言葉」「丸山真男の『…自由と同じように民主主義も不断の民主化によって辛うじて民主主義でありうるような、そうした性格をもっている』」「…『未来に向かって不断に民主化への努力をつづけてゆくことにおいてのみ、辛うじて民主主義は新鮮な生命を保ってゆける』…」という言葉に、難しいけれど共感しました。

「毎朝の風邪もどき」―たしかによく経験することですね。気が集中しているせいでしょうか、不思議と本格的な風邪になることはないですね。…御地の吹雪はそのスケールも雄大で、厳しいのでしょう。いずれにしても、くれぐれもお体だけは大切にしてください。

「むかし、北海道に空襲があった」の中に「本文724ページの自費出版…。すごいことです。その資料が土台になり、次に続く研究者の方々の大切な資料になるのでしょう。こうした形で研究は結実するものなのでしょうか。(写真の)大沼の美しさに改めて見惚れました。

〇早まったか石油ストーヴ  12/17
天気予報に脅かされ、停電に備え、電気不使用のストーヴを買ってしまった。
予報は私の予想通りに外れ、低気圧も外れたかして、停電しなかったから、無駄とも言える高価な買い物。灯油を容器と一緒に買い、吸い上げポンプ―130円―も、それに、タクシー運転手に3階までの運び賃。
しかし、食事中に停電する可能性もないではないので致し方ないと言い聞かせた―飲兵衛の家の停電は晩酌中に来るらしい!?

                                おわり

                      美原だより14-12-17へ