14-12-17(2014年 第65号)    
〇選挙のあとのこと
選挙はマスメディアの予想が当たった。反自公の私としては惨敗という結果。私からすると「悪さ加減の選択」において「悪さ加減の中でも最も悪い選択」となった。憲法改正(改悪)のおそれが出て来たから。次はそれをどうするかだろう。

「悪さ加減の選択」といえば、その後、山口二郎(法政大)は「世界」1月号で丸山眞男の言として挙げ(誤解されそう)、一方、「卓上四季」(道新)は、福沢諭吉の論説として(それを丸山眞男が取り上げたとして) 出典を挙げて紹介していた(12/14)。

ここで、また丸山眞男になってしまうが、 氏の「民主主義は永久革命」というフレーズが思い起こされる。1強多弱の政治情勢のもとで、本当の民主主義がどこまで機能するかどうかがこれからのテーマになろう。いよいよ民主主義社会を成熟させる時代に入ると私は考える。

氏のこの言説について少しばかり引っ張ってこよう。 
○丸山真男の民主主義永久革命論
「もし主義について永久革命というものがあるとすれば、民主主義だけが永久革命の名に値する。なぜかというと、民主主義、つまり人民の支配ということは、これは永遠のパラドックスなんです。ルソーの言いぐさじゃないけれど、どんな時代になっても『支配』は少数の多数にたいする関係であって、『人民の支配』ということは、それ自体が逆説的なものだ。だからこそ、それはプロセスとして、運動としてだけ存在する」(『丸山眞男集』第16巻、34頁)

「民主主義というものは、人民が本来、制度の自己目的化―物神化―を不断に警戒し、制度の現実の働き方を絶えず監視し批判する姿勢によって、はじめて生きたものとなり得るのです。…自由と同じように民主主義も、不断の民主化によって辛うじて民主主義でありうるような、そうした性格を本質的にもっています」(『丸山眞男集』第8巻、25頁。傍点は省略、以下同じ)


「民主主義の理念は、本来、政治の現実と反するパラドックスを含んでいるのであり」「未来に向って不断に民主化への努力をつづけてゆくことにおいてのみ、辛うじて民主主義は新鮮な生命を保ってゆける」(同、8995頁)

「…さきほどもいいましたように、民主主義というのは理念と運動と制度との三位一体で、制度はそのうちの一つにすぎない。理念と運動としての民主主義は、…『永久革命』なんですね」(『丸山眞男集』第15巻、69頁)

     +++++    +++++   +++++    +++++    ++++++

さて、ところで、選挙前後から識者の紙上言説に「民主主義」があれこれ出ていた。出過ぎかもしれない。そして、その使い方に軽重・深浅があって、意味内容もさまざま。よく判断しなくてはいけない。

たとえば、大新聞の社説。
民主主義の土台たる『知る権利』を守れ」。本文に「…『知る権利』は民主主義のいわば土台である」(12/10 日経)。

「1票で強い民主主義を」本文に「衆院選は代議制民主主義の頂点に位置する。私たちの1票の積み重ねが、やがては新たな政府を生み出す原動力になる。そのプロセスに、より多くの有権者が参加することで、民主主義は強くなる」(毎日 12/14)。

「…憲法に基づく民主主義は、選挙の勝利によって生まれた政権に全権を委任するものではない」(12/15 朝日)

次は朝日の「天声人語」。
「かつて英首相を務めたアトリーは、民主主義の基礎を『他の人が自分より賢いかも知れないと考える心の準備です』と語っていた…」(12/15)

「…一昨年の前回選挙から今回へと、投票所離れは深刻化する。このままでは民主主義の危機を招きかねない…」(12/16)

次は識者の発言など
鼎談の1人原彬久東京国際大教授の発言(朝日 12/16)
「…選挙制度がどうあれ、日本人は議会制民主主義を機能させられないのではないか。(選挙結果に)若干の失望感がある」「投票所に足を向けない有権者は、実は自民党に1票入れているのと同じことで、有権者が自民党に議席を献上したという印象だ。…こういう構図は議会制民主主義としては健全ではない」。

◇映画監督想田和弘さんの話(朝日 12/15)
民主主義の今後を左右する選挙だったはずなのに、投票率も低かった。有権者が民主主義を『政治家が何かをしてくれるもの』と誤解していることも要因だろう。民主主義とは本来、主権者が自分たちにかかわる問題を…」。

いつものことだが、引用が長くなった。それにしても、安っぽい言葉になっちゃって、バナナの叩き売りみたい、とまでは言わないが、安易に使用している感じ!!

今号はここまで…紹介ということにして終え、機会を作って考えることとしたい。

                                 おわり

                    美原だより14-12-17へ