14-12-17(2014年 第64号)   
〇大出哲先生からのお手紙2通
落語家さっ平さんでもある大出さんが、高齢かつ前立腺癌治療中にもめげず、ドイツへ行き、講演と研究論文発表と落語公演を済ませて無事に帰られた。
その旅行について、田中真知子さんと私宛のお手紙をご披露する形で紹介することとした。

@真知子さま
2013年5月9日。私にとって生涯忘れることのできない日です。このコピー機がなかったならば、今回の大事業は達成されませんでした。(B4版の図表などを約9千枚プリントしたとのこと。先生は家庭用? のやや大き目プリンターの存在をご存知なかった―阿部注)

TRIERでは、新設介護専門学校(日本の単科大学に当たる)の開校記念講演で、「自発的自己介護及び前立腺がんの予後」という論文を、グザーヌス学会の特別講演では、130枚の図版を使って、定説をくつがえす論文を、トリア大学日本学科では「禁酒番屋」を演じさせていただきました。どれも大成功でした。真知子さん阿部さんのご厚情に深く感謝いたします。

「心が心を呼ぶ」―それに引きずられて行ったという感じ。これは魂の実体験。トリア市長、トリア大学学長、親友たち、「よくきてくれた」と抱きしめてくれました。心の温かさがいまもそのまま残っています。永久に私を抱きしめてくれるでしょう。真知子さん阿部さんとのめぐり会いも不思議と言えば不思議。

付き添いの学友(早稲田大学教授と立教大学教授)もよくやってくれました。ANAの対応もすばらしかった。「新札幌」空港の「らくのりカウンター」14番から始まり、ANAさんの献身的な対応には頭が下がりっぱなし。出国は職員用の出入口、入国のときも同じ。一番先に搭乗し、トイレを済ませて最後に機を離れます。ANAの職員さんが車椅子で待っていてくれました。

このようなわけで、いわば「たれ流し老人」が、男の花道を飛び六法で思いを遂げることができました。すべては2013年5月9日のおかげでした。

帰宅してみると、疲れと、Berukastel-kues(有名ホテル―阿部注) に着いた晩の塩辛いピアッツァのおかげで生じた胃炎のおかげで、それに抗がん剤の副作用のおかげで、連日の吐き気、むかつき、食欲が全くなく…板つきかまぼこ、ひらめの刺身、とうふ、玉子の白身、真だら、干し宗八、アボガド、りんご、それに何てったって白米のおかゆに梅干し、大根の味噌漬け、奈良漬けです。味が分かるようになってきました。OO日には生ずしを予約してあります。

前置きが長くなりました。お礼のために、白花豆2キロとそのカンヅメ…以下省略。

◇真知子さんから阿部宛のメール
コピー機のことでお役に立てたことはとても嬉しく思っていますが、でも私は感謝される立場ではないので恥ずかしいです。あのプレゼントを思い付いたのは審也さんであり、私はあとからそれに少しのせていただいたわけです。今回の講演や論文の成功にコピー機の支えがあったとすれば、それは阿部審也のおかげ、力です…」と大出先生にお便りしました。

A阿部審也さま
さっ平の帰国をよろこんでくださってありがとうございます。
パソコンはおそろしいですね。何も分からないくせに中世哲学会でしゃべったことがまだ残っているんですものね。本屋がやったんでしょうかね。
でも「人間の尊厳について」は自信作。大学入試センター試験に出て以来、倫哲の教科書会社から引用の許可が毎年来てますよ。

 「ブロッケン山の魔女の花かご 春の鳥」 さっ平
真知子さんと審也さんとさっ平だけの句? これでいいんですよね。…中略

 (大出先生は1981年の中世哲学会大会シンポジウムで「ペトラルカとグザーノスにおけるヒューマニズム」と題して報告。そのことを「美原だより」で紹介した。また、魔女の挿絵・カットは今号にも使わせていただいている。11/28付「美原だより」 第60号参照、カットは末尾参照)

毎日新聞の最新情報「前立腺がん 新薬に期待」、ありがとうございました(記事の切抜きを郵送)。涙が出るほどありがたい、ではなく、涙が出て止まりません。
主治医は「PSA測定値を見て新薬に切りかえましょう」と言っておりますので、当然このことは念頭にあることでしょう。…中略

この期に及んでジタバタするのは武士らしくない。遠野藩の下級武士の孫として、武士としての誇りをもって死にたいと思っております。

故郷で共に育った猫たちは、ニワトリ小屋に侵入したイタチの首にかじりついて果てた。野良猫ちゃん以外、みな死体を私たちに見せなかった。或る晩、行方知らずになってしまい、死体を家族に見せることはなかった。猫には猫道があり、さっ平には武士道が生きている。

武士の誇りをもって死にたい。…残る年月を濃密に生きて、その中に50年分の仕事と情熱を打ち込む、これしかないでしよう。
『人間の寿命というものはねぇ―』こんなセリフは聞きあきています。私は医学的統計を根拠にして医学的に推論しているのです、なんて、悟りきったエラソウな口を利いていますが、最後は、死んでもいいからモルヒネをもっと増やしてくれ、と看護師さんに駄々をこねるかもしれません。そのときは『なんだ、さっ平も月並み以下の落語屋だった』とお笑いください。さっ平人生の『落ち』であります」。

     +++++   +++++   +++++   +++++    +++++

〇このホームページの更新が、「美原だより」と「儚儚老随筆」とを合わせてだが、そろそろ100回に近づいた。なんというか…。
                                 おわり

      「ブロッケン山の魔女の花かご 春の鳥」 さっ平  美原だより前号へ