14-12-04(2014年 第63号)   
◯それ、読んだよ、知ってるよ 
…って言われるだろうが、共感・同感という確認みたいな効果でもあればと…。
で、今日の新聞(12/4 毎日、朝日)から。

「ひだりてから みぎてに にもつもちかえて またあるきだすときの優しさ 村木道彦」 
この短歌から始まる投稿欄「女の気もち」。タイトルは「退職後」。とてもいい文章だった。私はこの短歌の作者さえ初耳。有名人で「現代秀歌」(岩波新書)にちゃんと載っていた。

「光年の距離を身近に冬銀河」(俳壇)。深谷雄大の選評―「…光が一年間に進む距離で…約九兆四六〇〇億`メートル…」。余計分からなくなるおかしさ。

◇「肉食べ過ぎ 実は2割」。「高リスク群に当たる毎日100c以上の肉を食べている人は、日本人の5分の1程度でしょう。…8割はリスク群に達していない…『〇〇は悪い(いい)』と決め付けたい人がどこかにいるんでしょう…」。

「その後に いつか来た道とため息」(川柳)。選評―「この道しかないのか」。その川柳欄のほぼ真上の声欄に「(安倍政権の)動きをみると、戦前の『軍国主義』を思わせる『国家主義』に偏しているように思えてならない…」。

選挙の「注目区ルポ」。「(民主党候補の)陣営の懸念は、後援会の高齢化と支持母体の労働組合の影響力の低下だ。労組幹部は『最近は若い組合員の投票行動が読めない』と言い、陣営幹部も『選挙を重ねる度に読み切れない浮動票が増えている』と嘆く」。
旧態依然というのだろう。若者と浮動票が読めなくては―間に合いそうもない―勝ち目がない。ところで、老人―大老も長老もいる―は読めているのかね。

特集ワイド「戦略的投票」のすすめ
「誰に入れるか悩んだら」「アベノミクス『判断しなくてもいい』」「党首の好き嫌いでもいい」。
記者が専門家―大学教員3人―に聞いてまとめた、ほぼ1ページの大きい記事。内容はつまらない。ま、冗談っぽく、ゲーム感覚で書いているから、読み流せばいい。ただ、憲法改正が現実味を帯びてくるとなると、穏やかではいられない。投票はむずかしいものだ。

    雪が多い

「三四郎」がだんだん佳境に
偉大なる暗闇先生の引っ越し手伝いで、役者が揃い、三四郎は美禰子としゃべるし、野々宮さんも来る。与次郎を別とすれば―いい脇役だが―男2人が女にどう振舞われ、どう対応するか…。青春小説。読み直しもいいもの。
私はいま、必要あって「思い出す事など」を読んでいるが、「草枕」も好き。

最後に番外として長崎新聞のコラム「水や空」を転載させてもらう。例の「悪さ加減の選択」!

「政治とは、悪さ加減の選択である」と明治の思想家、福沢諭吉は書いた。時代が大きく変わる中、人々の政治への期待と失望が交錯し、社会が不安に覆われていた。福沢は「悪さ加減の選択」という言葉で、政治に現実的に向き合う姿勢の必要性を説いたのだ▲政治にベストを求めても叶(かな)わない。ならば、せめてベター、よりましな政治を求めたいが、これまた実現の保証はない。ただ、…その中から最悪の道を見抜いて回避することは政治の知恵でできる。それが「悪さ加減の選択」だ▲政治は現実だ。常に何かを選択して前へ進まなければならない。そのとき、最悪の道だけは必ず回避し続けることができれば、それは未来に繋(つな)がる。「悪さ加減の選択」は決して消極的な態度ではなく、むしろ、政治に向き合う現実的で建設的な態度といえる▲衆院選が始まった。難問山積、どちらを向いても悪い方へ進みそうで不安である。…それでも有権者は政策を吟味し、「悪さ加減の選択」をして投票権を行使しなければならない。…▲「大空の片隅にある冬日かな」(高浜虚子)。雲の中に光を探す選挙となる。

                             おわり

                   美原だより14-12-03へ