14-12-03(2014年 第62号)  
「居久根もしっかり残っていて、地震の被害ももう目立たない。…日差しの中で、取り残された柿が真っ赤に熟れていた。」 中屋雅義  (居久根とは屋敷林のこと―阿部注)

    柿が残っている(名取市 下余田) 中屋雅義  「りらく」12月号から転載
    
     
◯読者のお便り
お便り拝見。思わず笑ってしまいました。「首相が映るとテレビを消す友人が…」ここにもいます。もしかすると、私のほうが筋金入りかも…。仙台にも雪虫が飛んで久しくなりました。峠は雪の季節になります。

東浜桟橋の写真(11/9号)見事でした。大空の迫力でしょうか。絵画とピアノ演奏と、芸術的に恵まれた環境と言えるのでしょうね。いい日々がよく分かります。向寒の折、お体大切になさってください。

「美原だより」の読者は阿部審也氏の興味、関心、考え方などきっとわかっていらっしゃる方が多いでしょう。思想、政治、芸術、生活、若い女のヌードまで…多岐にわたっていて。そしてそれを面白がり、楽しみ、刺激を受け、そして学ぶことあり…と思っていると思います。金子兜太さんにしても大出さっ平さんにしてもそうお思いでしょうよ。


朝日俳壇の岐阜の阿部さんの句はいいですね。私も「天文学的ひとり」がすごく印象に残っていたけれど、今度は「人類二人」ときましたね。スケールが大きい。悠々としている。気持ちがいい句。

◯朝日の社説に「悪さ加減の選択」  12/2
なにやらスピーカーの音。ゴミ収取車が「今日は生ゴミの…」といっているのかと思ったら、候補者のあいさつだった。初めから連呼。そうか、あの声は生ゴミか。

福沢諭吉が言った、(選挙は)「悪さ加減の選択」という言葉が、朝日の社説に使われていた。
丸山眞男集から引用してそう書いたばかりだったので、これがそれほど人口に膾炙しているとは知らなかった。

「政治は『悪さ加減の選択』ともいわれてきた。確かに、選びにくい。それでも、選択しなければ声は届かない…」。
社説では「政治は…」となっていた。そのほうが正しいようだ。
(美原だより 第61号 11/30 参照)

も一つ、上記引用は、丸山眞男の論文「政治的判断」からと断っておいたが、その「政治的判断」というタイトル=言葉が、「沖縄タイムス」のコラムに使われていることがたまたま目に入った。

沖縄県知事選挙で「辺野古容認を訴えて敗れた仲井真氏の前にはっきりと示されたのは『新基地建設を認めない』という民意だったのではないか。「(埋め立て工事)変更申請の承認は、県知事として県民を裏切る行為である。政治家が何より重んじるべきは選挙結果で示される住民の意思だろう。…仲井真氏に最後の政治的判断を望む」。
(大弦小弦 11/30)。
(この場合は確かにそうであって、「民意」と「住民の意思」はほぼイコールだろうが、一般的には、選挙結果すなわち民意とは、簡単には言えないのである。委細省略―阿部注)

話しは変わるが、別のコラムにその選挙応援の故菅原文太が出ていた。
現職の県知事「打倒を呼びかけ、『仁義なき戦い』の名セリフを放った。『弾はまだ残っとるがよ』。会場は拍手と指笛で沸き立った…」(天声人語 12/3)。

◯毎朝の風邪もどき
起きて別室で着替えるまでの短時間に風邪もどきになる。毎朝のように数回はくしゃみが出る。自然のあらわれだと思っている。体操すると収まる。風邪は引かない。予防注射を勧められているが受けたことがない。しかし、暖房をケチっていると背中などが寒くなる。「安物買いの銭失い」もどき。

今日3日の天気予報(はずれが多い)は終日吹雪。解凍しカレーかすじの煮込みかごった煮で体を温めようか。モーツアルトのピアノコンチェルトは、身体を動きやすくするのと動きにくくするのとがある(内田光子はうたい過ぎでとくに動きにくい)!? ―おっくうになることがあるのです。
                                  おわり

                    美原だより14-11-30へ