14-11-30(2014年 第61号)   
 短観・短顧  

(野坂昭如は新聞の連載コラムで、過去の話が多いことに照れ、「お得意の過去回帰」「過去と戯れる」などと書く。たしかに思い出話しかできない人がいる…この「短顧」もそれか)

◯選挙は「悪さ加減」の選択 
私はときどき丸山眞男集を読む。拾い読みというか、なんということなくあちこち文章を読む。読むと引き込まれ、目が離れなくなるが、なんとかほどいて切り上げる。なるほどと納得するがすぐに忘れる。

選挙について、こんなことを言っている。
「政治的選択はベストの選択ではなく、せいぜいベターであり、あるいは福沢諭吉のいう『悪さ加減』の選択で」「ある党の政策が他のそれより『悪さ加減』が少ないという具体的な比較、少しでも差があればそれを見分ける目と、第2は政治悪ということは十分知りながらなお選択するという積極的態度が必要」「放っとくと悪いことばかりするから、しょっちゅう監視するんだということ」(要旨。第7巻「政治的判断」)。

◯今月のお薦め記事で論者とぴったり!
論壇時評「今月のお薦め」で、吉崎達彦が挙げた対談「社会の『正気』、メディアの『正気』」について、氏は「嫌中・嫌韓が商売になる時代に『まっとうなメディア観』とは何か。池上さんに教わる点多し」と評した(11/27 毎日)。

同じこの対談を私は「美原だより」第59号(11/21)で、「とくに池上彰の対談の発言は、具体的、実証的で読みごたえがあった。たとえば…」と例を挙げてコメントした。ぴったり。小さく、それだけ。

◯週刊誌
麻田奈美なんて知らなかった。「週刊現代」の広告に「林檎ヌードの直前に…」とかあったので検索したらすぐ出てきた。なるほど迫力のあるヌードだった。早速大きくプリントして眺めている。

その号のトップ記事は「自民『50議席減』一気に倒閣へ」「安倍総理 恍惚と不安、二つ我にあり」と太宰治の言葉を援用していた。

週刊誌のハチャメチャはまだ続いている。私の廃刊・消滅予想(とくに現代とポスト)ははずれてるいるが、いずれは…?

◯新聞俳句
前々号で朝日俳壇に選ばれた句を紹介した。同じ人の句が今度は金子兜太選でトップに掲載された。

  秋深き茶の間に人類二人かな  岐阜市 阿部恭久 11/24
     選評は「『人類二人』が極め付き。老夫婦が浮かぶ」。

  (爽やかに天文学的ひとりかな  長谷川櫂選)   

◯おかず作り
大沼に住んでいたころから「ごった煮」は作っていた。美原で作りだしたのは「すじ肉の煮込み」。どちらも大鍋で作り、3日間ほど食べ続けてから残りを冷凍保存。

既報のように「沢庵」は2年目、試作は「かぶ漬け」。冒険のような気持ちで…。

毎日は、ごく単純な、時間の要らないインスタント風が主。茹でてポン酢で食べる白菜のおひたしは簡単で旨い。古くなったネギは砂糖醤油でただ煮るだけ。ほうれん草・小松菜は茹でてから冷蔵保存し、味噌汁に放したりおひたしで。茹卵は7分で完成。

カッコよくいうと、タンパク質とカルシウムを欠かさないようにし、野菜は「意識野菜」と称して意識的に多く摂る。生野菜をムシャムシャ食う―3色サラダといって、人参・タマネギ・ピーマン(または菜っ葉類)を盛り合わせる。キャベツはベーコンと一緒に大量に炒める。豚バラのかたまりは薄く切って下味をつけておきオリーブオイルで焼く。魚は開きを焼くことが多い。いずれも料理とはとても言えないから、オカズ。

保存のきく佃煮など既成食品は小瓶に移し替え、テーブルにズラリと並べるのが趣味。例えばいつも品薄らしい辛味漬やまつのは(松葉)昆布などはとても美味。或るインドピクルスは、何にでも合う貴重品。

水も「意識水」といって意識的に飲むようにしている。
独居老は生きるのがたいへん。いろいろ…と。ハハ
                               おわり

                    美原だより14-11-28へ