14-11-28(2014年 第60号)   
◯「むかし、北海道に空襲があった」 講演会   11/22  函館YWCA
第10回「平和と憲法をめぐるトークシリーズ」 講師 山本竜也 

いまだによく分かっていない北海道の空襲について、講師山本竜也さん(函館地方気象台職員)が広範かつ綿密に調べ上げ、空襲犠牲者の数を千人台から3千人近くまで判明させ「北海道空襲犠牲者名簿」を作成、自費出版した。

函館や道南についても、海上での襲撃や船舶沈没による犠牲者まで、広く探し出した。
さまざまな苦労や、偶然にも助けられたりして調べを進め、また、空襲全体の様相も、各地の、たとえば艦砲射撃のことや天候の都合で民間人が犠牲になったことまで分かるようにした。
その努力は聴いていても大変なものだった。
氏は寿都の史実についても各種資料のほか聞き取りを重ね、本文724ページという大部の「寿都五十話」を自費出版している。

見事な調査とそのまとめ。迫力のある講演。そして、戦争は終わらないものだということを分からせてくれた。

◯焼鳥屋「わたなべ」で飲む  11/22 
昔の勉強会=サークル活動のメンバーとガ・フレと3人で飲み食い。私は豚も鶏も食べるし、堅いものも今のところ平気。軟骨・シロ・ガツ・砂肝・コブクロから、脂っこいセセリ・テール、野菜はネギ・ししとうなど、何でもこい。
サークルメンバーはみぞれ酒を飲んだ。ガ・フレは飲めず。私はジョッキ2・日本酒2。

◯レンタカーで温泉ドライヴ            11/23
ビールと水を保冷剤で冷やしながら温泉とステーキを愉しむガ・フレとのドライヴ。
湯の川温泉からトラピスチヌ修道院を経、ひろめ荘温泉へ。休憩室で持参のビールと水を飲んだ。

濃い青と白い波の海を見ながら走った。横に長い雲。大沼へ。
久しぶりにマンションにも寄り、置きっぱなしになっていた本や資料や旧式電球や作業ズボンなどを持ち帰ることにした。

沼の家で羊羹と団子を買った。社長夫妻に、元気だねと言ったら、それを言うなら、そちらこそ、と返された。

ランバーハウスへ。
サーロインの300cと200cを2人ともペロリという感じで食べた。旨かった。
餌箱に来るアカゲラやその他のゲラ?―オスとメス?―などを見ていた。店主夫妻は元気だった。私は声が若いと言われた。
温泉のハシゴで、グリーンピアへ。ジャグジー風呂は故障中。カランの湯はぬるかった。   

   
       雲のない大沼 ↑   雲のある大沼 ↓    撮影:田中真知子
   
          幻日ではないだろうが… ↓    撮影:阿部
       

◯大出先生帰国  11/24
ドイツの世界哲学学会?で講演してきた先生から、いま帰ってきましたというお電話。お元気。跳び上がりたいうれしさ。旅中、至れり尽くせりのお世話をいただきましたとのことだが、それにしてもご立派。いつになるか…お話しを聞くのが楽しみ。

出発直前のお便りに、まず、田中真知子さんのCD「ピアノが楽しくて…」のこと(2人宛になっていた)―「出発前に魂が浄化されました。真知子さんの姿勢がうらやましい。落語屋は背中が丸くなってしまいます(美原だより第58号の写真参照―阿部)。魔女がブロッケン山から花束を抱えてやってきましたね(先生が描いた下方欄外カット絵はその魔女?)。ありがとう。おいしい昆布(佃煮)、ドイツ行のトランクに入れさせていただきました。感謝。

…『アルジャーノンに花束を』の紹介。おったまげました。『愛の神秘。宇宙へ向かって―宇宙の外に向かって―踏み出した一歩。魂を再生し永遠不滅のものにするために合体』。これはまさにニコラウス・グザーヌスの神秘神学の極みです。作者の魂の深さに感動!」とあった。先生はあの長い私の紹介文を全部読んでくださったのである。

先生は1981年に「中世哲学会大会シンポジウム報告」(「中世思想研究」第23号)に寄稿している。論題は「中世におけるヒューマニズム」で、先生の提題は「ペトラルカとグザーヌスにおけるヒューマニズム」。

私は読んだが分からない。知らないことばかり。たとえば、「グザーヌスのヒューマニズムは、人間の形而上学的地位の高揚であり、『人間は人間的な神である』という命題に集約される。この命題は、たしかに斬新ではあったが、本質的には伝統的世界観の枠外に出るものではなかった。そこには、教会の束縛への挑戦をこめた個人の尊厳の強調は見られない…」。

先生の訳書の中には「人間の尊厳について」―ジョヴァンニ・ピコ・デッラ・ミランドラ―や「隠れたる神」―ニコラス・グザーヌス―がある。

◯定例回転寿司ランチ会              11/25
今月はガ・フレを加え4人で。
100円寿司屋が増えたせいで競争が激化したか、なかなかのサービス。といっても、ビールは無料で2杯から半額で2杯になったが、イクラやえんがわなど4種が1人1皿ずつにしろ100円。いいネタだったから割安感。中トロも奮発し満腹。と言いながら、すぐこぎれいなケーキ屋へ行きケーキとコーヒー。

帰宅したのが2時半。日射しが北側の寝室まで通って、家全体が明るくポカポカ。お日さまサマサマ。

お2人からいただいた丸ごとの白菜や赤カブ漬・きゅうり味噌漬など、その夜から美味しくいただいた。ポン酢で食べる白菜のおひたしなんて久しぶり。

◯秩父に日本狼の歯!?  11/26
9月に金子兜太の句碑「おおかみに蛍が一つ付いていた」を拝見し、氏にお会いしてきたところに、こんな記事が出た。

「ニホンオオカミの歯か 鍾乳洞で発見、埼玉・秩父」 
2014/11/26 共同通信
…国内の洞窟を調べている考古学の専門家らの集まり「日本洞穴探検協会」(本部・千葉市)は26日、埼玉県秩父市の鍾乳洞で、ニホンオオカミのものとみられる歯1点を発見したと発表した。
 ニホンオオカミは明治期に絶滅したとされる。骨や歯の発見は全国で十数件しかないといい、調査した長谷川善和・横浜国立大名誉教授は「発見例が少なく学術的価値が高い」と話している。
 協会は1012日、入り口から約200メートル入った泥の中で歯を発見。下顎の切歯で、形状や大きさが一般的なタイリクオオカミやエゾオオカミとは違うという。

なんとも面白い話ではないか。
そこで―関係ないが―氏の最近の句を拾い出してみた。ゆっくり味わいたいものばかり。

 金子兜太の近作(抜粋 順不同)2014/115東国抄」から(ウエブのコピー、文責在阿部) 

 生命(いのち)死なずと月下美人に呟く
 岩陰に白曼珠沙華一遍行く
 若者に集団的自衛権てふ野分

 「大いなる俗物」冨士よ霧の奥
 九条の緑陰の国台風来
 サーフィンの若者徴兵を知らぬ
 老年の奇妙な愛憎青葉騒

 津波跡鋭()き山峡の僧侶かな
 融けてゆくにこやかににこやかに斑雪
 牛蛙鳴かなくなりし無聊かな
 放射能売り歩く人夏の鳶

 峡に生きああ対岸の桃の花
 われに遠く鹿走りゆく家郷かな
 山住みの向うの尾根に春の人
 谷に猪眠むたいときは眠るのです
 青だもの白花秩父困民史
 われ歩む白木蓮散り敷きし地を
 背梁山脈狼囲む春の鳥
 雲積めど放射能消えず流離かな

 雪積めど放射能あり流離かな
 雪の吾妻山(あずま)よ女子高校生林檎剥く
 大雪なり朝の雲ども夢のまにまに
 干柿に頭ぶつけてわれは生く
 十羽ほど尾長きて春雪を航
()けり
                              おわり

          ブロッケン山の魔女とピエロ? 美原だより14-11-21へ