14-11-21(2014年 第59号)   
    順不同の近況報告です。なにやかやあるようでないような凡生。

◯「おきなわ 島のこえ」スライドと朗読の会
 11/16 蔦屋書店
「原爆の図」で知られる画家、故丸木位里・俊夫妻が、太平洋戦争で唯一本土決戦となった沖縄戦の悲惨さと平和の尊さを表現した絵本『おきなわ 島のこえ』の英語版が出版された。

しかし、米国の図書館や平和団体に贈呈するという当初の目標が達成されていないため、函館在住のピーター・ハウレットさんら同書「英語版プロジェクト」が、資金不足を補おうと、チャリティー版画展を企画、版画家佐藤国男さんの木版画展を開き、最終日の16日は鳥本八重子さん(函館朗読奉仕会)による、「おきなわ 島のこえ スライド朗読劇」が開催された。

プロジェクト
代表のピーター・ハウレットさんは7年ほど前、生徒を引率して沖縄を訪れた際、戦後も引き続き残る広大な米軍基地を目の当たりにし、「戦争はまだ終わっていない」と実感。自分で何かできないか考えたという。(函館新聞、沖縄タイムス、ブログetc.)

蔦屋書店は賑わっていた。2階のフリー会場には老若男女が集った。
佐藤国男さんのギター演奏のあと、氏の伴奏で朗読された。
鳥本八重子さんの重く静かな朗読。
家族が家族を殺さざるを得なくされた穴倉の悲劇。
「ぬちどぅ タカラ=命こそ宝」の言葉。

沖縄は動き出したよう。変わり始めたよう。「…今までの政治の枠を超えた『世替え』の意思が示されて当然だろう。県民多数にとって明け渡せない城の所在を示した知事選だった。政府と本土の住民の沖縄県民への無理解、身勝手を厳しく問いただすその城である」(11/18 余禄―毎日新聞)。

◯「世界に一冊だけの本・展」 11/19 通称「街セン」2階
手作りの絵本、写真集、布絵などの展示も今年で9回目。丁寧な作りの本もあったが、今年はちょっとレベルが下がった感じ。出展数も少ないか。次回に期待しよう。和子さんがいた―笑顔がpeepsの表紙を飾ったのでpeepsさんと呼んだ。来年のカレンダー(佐藤国男の版画)を2枚買った。
1階では手編みの帽子・手袋・靴下等の展示即売会があり、はる枝さん、君子さん、峰子さんがいた。

それから谷地頭温泉に入り、古西商店でビールを飲み、五稜郭のイタリア料理店「コルツ」で食事。ウエイトレスの1人は渡辺成子ちゃんの姪御さん。

◯月例飲み会 11/18
3人会は今月は一泊旅行でなく、ワインバーで飲み会。ところが3人ともワインは飲まず、ビールと焼酎と日本酒。2次会は以前の会場「実貴」のあとに開店したバー。飲めないガ・フレが臨時参加。

◯ちゃんちゃん焼と石狩鍋 11/13・14
いただいた生鮭で初めての料理つくり。漁師の料理とかいうちゃんちゃん焼をやってみた。翌日は脂身を加えて石狩鍋をやってみた。素材がいいから、まぁまぁの出来か。

沢庵を漬けた。たったの13本だが、今年で2回目。11/17

◯サイクリング 11/16・17・20      
16日の朗読会は自転車で往復した(片道20分程度)。翌17日は図書館に行き、ついでに五稜郭の外堀を2周。20日は五稜郭の芸術ホール往復と外堀1周。

しかし、自転車を漕ぐのが難儀になってきた。膝の力が弱くなり、平地でもやっとこさっとこ―サイクリングはこの秋で終わりになりそう。
「傘寿過ぎ動悸息切れ常となり」
                      ↓ 外堀の桜の投影 11/17
       

◯ピアノ練習に付き合う 11/20  芸術ホールリハーサル室
10日ぶりにまた真知子さんのピアノ練習に付き合った。1時から4時半まで、殆ど休みなし。ベートーヴェンのソナタを何曲かおさらい練習、ハイドンのソナタなども。最後はエリーゼのために。私は聴きながら体操1時間。

◯雑読の日々
上野千鶴子の読書日記は「このところ、なにやら不穏な空気が漂っている」と始まる。世の中が、辺見庸は「茫々としておぼつかない。不安でもある」、斉藤美奈子は「お先真っ暗」、本田由紀は「破滅への道」といい「戦後最悪の状況と呼ぶ人もいる」と続く(11/11 毎日)。

そこへ衆院の解散選挙。
「国民にアベノリクツを無理強いし」「沖縄の結果無視して『民意問う』」(11/20 朝日川柳)
この解散・選挙にはいろいろな名前が付けられた。大義なき選挙、念のため選挙、いきなり解散、私利私欲解散、ご都合主義解散、自己チュー解散、自爆解散etc.

私は近く財政危機が現実化し、大または超インフレに向かうと予想する。数年ともたないのではないか。
今回選挙については、希望が持てない若者のうち、保守化して政権党に投票する人の数が増えるおそれがあり、私にはそれが一番の心配事。

「世界」11月号の特集は「ヘイトスピーチを許さない社会へ」。表紙にはその他のタイトルも出ている。「メディア・バッシングの陥穽」「『アベノミクス』化する社会」「原発事故 賠償問題の行方」。

中でも「朝日バッシング」の異常さについての記事4本が考えさせる。
誤報・謝罪に悪乗りした「常軌を逸した」批判、「じつに嘆かわしい表現が…踊る」週刊誌や出版広告などから、論者らは「日本社会が歪んだ変質を遂げつつある」「現代の世界は人心安定からはほど遠いカタストロフィー後の世界であ」り、「ますますオールタナティブの見えない、希望のない社会へと進んでいる…」「現政権の気分の政治、情動の政治は、じつは相当にしたたかなメディア・コントロールのための手段を手に入れつつある」などと解説する。

そして、同誌12月号の特集は「報道崩壊」。
特集の前文は、「朝日新聞バッシングの嵐が吹き荒れた」「安倍政権に1部メディアが加担し、およそ戦後メディアが自ら使うことのなかったであろう異様な文言で他紙を叩く『報道崩壊』ともいえる深刻な状況が現出し」「戦後ジャーナリズム最大の危機」「そんななか…『正気』を取り戻そう、メディアを立て直そうという声が上がり始めている…」とした。

とくに池上彰の対談の発言は、具体的、実証的で読みごたえがあった。
たとえば、大学生の質問に「日本のメディアはみんな在日に支配されているというのは本当ですか」とあり、「かなりの部分の若者たちがそうしたネット言説を信じているんですね。それに対して日本社会の在日の人たちに対する差別、職業差別の歴史についてこんこんと説明すると『えっ、初めて知った』と驚くわけです。私たちの気づかないうちに、驚くべき誤解が広がっていることは確かですね。」

また、「ニュースについては、最初にネットで無料配信を始めたのは産経新聞です。いまは他紙も公開するようになりましたが、産経の流通量は多いから、若者たちが得る基本ニュースは産経新聞のものです。紙では産経新聞は部数が少なく影響力は極めて低いけれど、ネットでは圧倒的なのです」―これは知らなかった。

新聞切り抜きが多く机の上が乱雑に。こんがらかってしまい、探す時間がバカにならない! 役に立つか―はなはだ心細い。遊び心で切り貼りしているとしよう。

◯読みたいが読まないだろう本!? 3冊を挙げる。
ジョン・ウィリアムズ著「 ストーナー」 書評によると「…何を書いた小説かといえば、二つの大戦を経て退官間際に亡くなった無名の助教授の一生、というしかない。静謐にして詩情がにじむ文章の運びがすばらしい。零細な農家に生まれ…文学に目覚め、結婚と家庭生活に失望し、仕事に打ち込むも大して報われないまま死んでいく。だが、これでよし…」

渡辺京二著「無名の人生」 書評によると「自己顕示を否定する著者らしく、抑制のきいた語り口で、波乱万丈だった自らの生の軌跡を踏まえつつ、来し方行く末を語るその言葉は、鋭くも含蓄に富む」

ギッシング著「ヘンリー・ライクロフトの私記」 「最後まで私は本を読みつづけることだろう。そして忘れつづけることだろう…もう忘れるのも苦にならなくなった。刻々にすぎてゆく瞬間瞬間の幸福を私はしみじみと感じる。人間としてこれ以上求めるものはなにもないと思う」。見出しは「理想のリタイア生活」

こんな俳句が目に止まった。「爽やかに天文学的ひとりかな 阿部恭久」朝日俳壇

読んだ本はそのうち「儚儚老随筆」で紹介したい。

◯読者のお便り
◯先日新聞広告で金子兜太の「私はどうも死ぬ気がしない」を見ましたが、HPを読ませて頂いている限り阿部さんも同じような気がします。いよいよ本物の仙人ですね。

◯相変わらず盛り沢山の内容に圧倒されました。きれいな写真にはとても好感を持ちます。文句なし、すばらしいと思いました。金子兜太さんの文。ゆったり感からもお人柄がよく分かるような気がします。心がいやされました。その他いろいろ、圧倒される文で敬服しきりでした。
                                 おわり

                  美原だより14-11-12へ