14-11-12(2014年 第58号)  
          
            ← 東浜桟橋
     「箱館歴史散歩の会 第128回 石川啄木ゆかりの地巡り」 11/9

この日は東浜桟橋から始まり、最後は函館市文学館内で自由解散。私は2度目の文学館だったが、達筆な書簡、日記などの文字、というか、書にほれぼれ。几帳面でもあった彼の天才ぶりに圧倒された。そして、余りにも短い生涯を惜しんだ。今年は没後102年。
集会場所で「啄木の函館―実に美しき海区なり」(竹原三哉著)を買った。

五稜郭まで自転車で行き、市電で十字街まで行き、そこから歩き始めた。帰りも同じコース。とんかつ定食を食べて帰路へ。疲れ果て、しばらくは自転車を押し歩き。
            ← ママさん
     居酒屋 「ぎゅうちゃん」  11/8  右下に「peeps」の表紙が見える。

以下は送り状(美原だよりをコピーして郵送する方宛)のコピー。
「ぎゅうちゃん」という居酒屋へ行ってきた。蔦屋の広報誌「peeps」に出ていて、住まいから近いこともあって、ふらりと出かけた(peeps10月号の表紙は、岸本和子さんの大きい笑顔だった―彼女は「リブリ」のメンバー)。割烹着のママさんが1人でやっている、こじんまりしたそのお店は、私の好みにぴったり。しかも、3人会の今野さんも、田中はる枝さん夫妻もよく行っていた店だった。それらをママさんから教えてもらい、先客の常連にはお店のことなどをいろいろ教えてもらい、2時間以上があっという間。ビール中瓶2本と玉乃光を―多分3合―飲んでしまった。明9日は「歴史散歩の会」で啄木ゆかりの地を歩く予定。 2014-11-8 阿部審也

    
 「市民美術館 はこだて・冬・アート特別展」 芸術ホール ギャラリー 11/10

左 吉田喜八さんの墨象絵画 朝 (氏は米倉斉加年函館公演実行委員の1人)
右 藤枝和政さんの鉛筆画  錯綜(氏は「はこだて・冬・アート展」賞受賞の1人)  

      椅子下にPET 
    田中真知子さんのピアノ練習風景  芸術ホール リハーサル室  11/10

ベートーヴェンのピアノソナタに挑戦し、「悲愴」「熱情」「月光」「ワルトシュタイン」に続く長大な作品の5、6番目として「18番 変ホ長調」「31番 変イ長調」の練習を聴いた。仕上がり間近か。ほかにハイドン、シューベルト、ショパン、バッハなど。

練習は1時から3時間半。夕食は「常寿し」、2次会は「焼き鳥 わたなべ」。

◯蛇足―今月の予定いくつか
13日「箱館歴史散歩の会」第129回例会
14日「定検」―採血と問診
16日「朗読の会」鳥本八重子さんの朗読
18日「3人会」―飲み食い会
19日「第9回 世界に1冊だけの本」展
22日「むかし、北海道に空襲があった 平和と憲法をめぐるトークシリーズ」講演会
 
                                   おわり

                    美原だより14-11-08へ